建設設計ソフトウェア市場レポートの成長と予測-2031年

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00035753
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 建設設計ソフトウェア市場規模は、2022 年に 96 億 2,000 万米ドルから 17.94 米ドルに成長すると予想されます。 2030年までに10億人。 2022 年から 2030 年にかけて 8.1% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

建設設計ソフトウェア市場は、インド、ドイツ、日本、フランス、シンガポール、ノルウェーなどの国々でのスマートシティプロジェクトへの投資の増加に牽引され、近年大幅な成長を遂げています。 、オランダなど。詳細な設計や設計などの建設設計ソフトウェアによってもたらされる大きな利点迅速な設計、精度の維持、スケッチ作成の精度と効率が間もなく市場を刺激します。このソフトウェアを使用すると、紙や鉛筆を使わずにデザインの一部を変更したり、間違いを簡単に修正したりできます。手動の設計方法よりも消費者の間で建設設計ソフトウェアの採用が増えており、ユーザーにより効率性が提供され、市場を牽引しています。このソフトウェアは、専門家が精度と精度を維持することで、より詳細な図面をより迅速に作成するのにも役立ちます。手描きの青写真や図よりも建設設計ソフトウェアを使用することの大きな利点が、市場の成長を推進しています。不動産業界の継続的な拡大と高層ビルの急速な建設により、市場にチャンスが生まれています。既存のインフラストラクチャの開発が世界の建設設計ソフトウェア市場を刺激しています。

市場概要:

建設設計ソフトウェアは、建設図面ソフトウェアとしても知られ、建設プロジェクトの設計に使用される一連のプログラムまたはプログラム システムです。建設業界の専門家は、建物、住宅、リフォームなどの新築建設の設計または計画にこのソフトウェアを使用します。建設設計ソフトウェアは、エンジニア、建築家、その他の建築専門家がプロジェクトのあらゆる側面を計画できるように設計されています。

建設設計ソフトウェアには、3D、建築 CAD ツール、および描画ツールが含まれます。建設計画の準備。このソフトウェアには、ユーザーがプロレベルのデザインを簡単に作成できるようにサポートするさまざまな機能が組み込まれています。ほとんどのプログラムでは、壁、ドア、屋根、窓、梁、階段、その他のコンポーネントを描画できます。このソフトウェアには、平面図上の点間の距離を測定したり、正確な角度を描画したりするツールも含まれています。一部の建設設計ソフトウェアには 3D レンダリング機能が備わっており、ユーザーは作業中のプロジェクトの現実的なイメージを確認して取得できます。建設設計ソフトウェアによってもたらされる大きな利点が、予測期間中に市場を牽引しています。このソフトウェアは、ユーザーが構造物、建物、その他の建設プロジェクトの詳細な建設計画を作成するのに役立ちます。

さらに、建設設計ソフトウェアは、DIY 愛好家が建設計画を作成するためにも使用されます。 。このソフトウェアには、電気または配管システムの設置に使用される図や構造自体の青写真も含まれています。このソフトウェアは、建設プロジェクトの景観やその他の美的側面を計画するのにも役立ち、建設業界の専門家の間でその需要が高まっています。したがって、予測期間中に市場を後押しします。

戦略的洞察

市場の推進力:

メガプロジェクトの建設の増加が市場を牽引している

巨大プロジェクトの建設の増加が市場を押し上げている。例えば、コッホ・リアル・エステート・インベストメンツとフォンテーヌブロー・デベロップメントは、米国ラスベガスにフォンテーヌブロー・ラスベガス高級リゾートとカジノを建設するために22億米ドルを投資することを計画している。この巨大プロジェクトには、67 階建てのホテル、会議、ゲーム、エンターテイメント複合施設の建設が含まれており、すでに 2007 年に着工され、2023 年末までに完成する予定です。インフラストラクチャの建設では、さまざまな要素を組み合わせて、そのため、インフラストラクチャを建設する前に詳細な設計や計画を作成するための建設設計ソフトウェアの需要が増加しています。建設会社は、プロジェクトの効率を向上させるために、3D モデリング、設計コラボレーション、スケジュール管理、コスト見積もりに設計ソフトウェアを活用しています。たとえば、2021 年 6 月、ニュージーランドに本拠を置く政府データ機関である Stats NZ タウランガ アオテアロアによると、2021 年 3 月の建築活動は 3.7% 増加しました。さらに、2021 年の住宅活動は 2020 年と比較して 4.3% 増加しました。米国勢調査局によると、建設活動の価値は2021年の1兆6,264億ドルから2022年には1兆7,929億ドルに増加し、成長率は10.2%でした。したがって、建設活動の需要の増加が建設設計ソフトウェア市場の成長を推進しています。

世界中で建設活動の需要が増加し、建設設計ソフトウェア市場の成長を推進しています。予測期間。世界的なシナリオでは、建設業界の成長が最も大きいのは米国、英国、カナダ、中国、インドです。建設の大部分はテクノロジー部門とヘルスケア部門に向けられています。米国は最前線に立ち、建設エコシステムを支配しています。しかし、ヨーロッパとアジアの成長シナリオは驚異的な成長を反映しています。容易な資金調達と高度な技術への需要により、これらの地域では建設プロジェクトの数が増加しています。アジアの観点から見ると、中国とインドが建設分野で大部分のシェアを占めています。中国では最近、都市部と道路の成長により建設プロジェクトの数が大幅に増加しています。国内の建設プロジェクトの数の増加により、建設設計ソフトウェアに対する大きな需要が生じています。これらの要因は、予測期間中の建設設計ソフトウェア市場の発展を推進しています。

セグメント分析:

展開に基づいて、世界の建設設計ソフトウェア市場はオンプレミスとクラウドに分類されます。建設業界の専門家の間でクラウドベースのソフトウェアの採用が増えているため、クラウドセグメントは近い将来拡大すると予想されています。クラウド テクノロジーは、インフラストラクチャのスケッチを設計する建設業界の専門家に大きな利点をもたらします。クラウドベースのソフトウェアは、データ共有、リアルタイム コラボレーションなどの大きなメリットをユーザーに提供し、インターネット接続を介してどこからでも任意のデバイスでプロジェクト情報にアクセスできるようにします。柔軟性、拡張性、およびリモート作業機能の強化の必要性が、この傾向を推進しています。クラウド ソリューションにより、オンプレミスのインフラストラクチャの必要性がなくなり、初期費用が削減され、シームレスなソフトウェア更新とセキュリティが提供されます。メンテナンス。

地域分析:

アジア太平洋地域の市場は、建設プロジェクトの増加により、近い将来支配されると予想されています。例えば、フィリピン統計局によると、フィリピンは第1四半期に住宅(28,421)、非住宅(8,818)、追加の建物(1,356)、建物の修繕・改築(2,963)を含む合計41,558の建物を建設した。さらに、フィリピン政府は、市場を牽引するために国内の建設活動を増やすために15億7,000万米ドルを投資しました。中国とインドの人口増加により、商業および住宅インフラの需要が高まっています。現在、中国ではさまざまな建設プロジェクトが進行している。たとえば、2022 年の第 1 四半期に、広東省仏山市で 56 キロメートルの地下鉄鉄道建設プロジェクトが開始され、2026 年に完成する予定です。同様に、東京路間の 28 キロメートルの地下鉄鉄道建設プロジェクトも同様です。上海の駅と川沙路駅は、2022 年第 1 四半期に着工され、2027 年末までに完成する予定です。したがって、成長する建設プロジェクトがこの地域の建設設計ソフトウェア市場の成長を促進しています。

中国、インド、マレーシアなどの国々は、商業部門への投資を増やしています。例えば、コタック・マヒンドラ銀行リミテッドによると、2022年3月時点で大都市圏のオフィス占有面積は543万平方フィートから1155万平方フィートへと倍増しており、インドにおける驚異的な成長ペースを示している。この国は、2025 年までに賃貸不動産としてグレード A のオフィススペースに 10 億ドルの国際投資を受ける見込みです。商業スペースの成長は、予測期間中に市場にチャンスを生み出しています。

主要企業分析:

建設設計ソフトウェア市場分析は、Autodesk, Inc などの企業で構成されています。 、Bentley Systems, Incorporated、Oracle Corp、SAP SE、Trimble Inc.、Dassault Systèmes、Computer Methods International Corp.、Microsoft、Constellation HomeBuilder Systems、および Sage Group plc など、この記事で紹介されている建築設計ソフトウェア市場の主要企業は次のとおりです。

最近の展開: 

合併や合併などの無機的戦略と有機的戦略買収は建設設計ソフトウェア市場の企業に広く採用されています。最近の主な市場動向を以下に示します。 

  • 2023 年 11 月、Autodesk, Inc. は Autodesk AI テクノロジーを発表しました。それは、建設設計に携わる業界全体で問題を解決し、創造性を解き放ち、非生産的な作業を排除するのに役立ちます。 Autodesk AI は、インテリジェントな支援と生成機能を提供する設計および作成プラットフォームであり、顧客が自由に設計を探索および想像しながら、正確で正確かつ革新的な結果を生み出すことができます。
  • 2023 年 11 月、Autodesk, Inc. は Phoenix Ironworks Steel Factory と協力して、AI を活用した気候に優しいソリューションを展開しました。オートデスクの AI ベースの Design and Make Platform は、チームとそのプロジェクト データを設計から建設まで結び付けるのに役立ちます。
  • 2023 年 3 月、PKPM は Arup Group Limited と提携して PKPM-AID (Arup) を開始しました。インテリジェントデザイン)、中国北京にある。 PKPM-AID は、AI で強化された強力なソフトウェアで、「適者」を識別します。効率的に設計します。これは、中国の建設業界向けの初の商用インテリジェント構造設計ソフトウェアです。
  • 2023 年 1 月、Hexagon AB は Projectmates を買収し、市場を強化することで建設プロジェクト管理のための包括的なソリューションを提供する Hexagon の能力を拡大しました。
  • 2022 年 7 月、オラクル社は、所有者と請負業者に運用パフォーマンスの包括的な理解を提供するために Oracle Construction Intelligence Cloud Analytics を導入しました。 Oracle Construction Intelligence Cloud Analytics は、Oracle Smart Construction Platform からのデータを組み合わせて、プロジェクト計画、資産運用、建設全体にわたる継続的な改善を推進しました。
  • 2022 年 2 月、Trimble Inc. は次世代道路工事 3D を発売しました。アスファルトコンパクター用舗装制御プラットフォーム。このプラットフォームは、正確な自動 3D スクリーン制御システムであり、表面上のデザインを直接参照し、アスファルトの使用量を最小限に抑え、予定通りにプロジェクトを完了し、プロジェクトを完了するために使用されます。予算内で無駄を削減し、舗装の生産性と走行性を向上させることでオーバーランを防止します。このプラットフォームは、ユーザーがハードウェアの移植性を高めるのに役立ちます。
  • 2021 年 2 月、Bentley Systems, Incorporated は E7 Pty Ltd を買収し、建設モデリング、プロジェクト、レポート管理などの多数のソリューションを強化しました。 、音声ベースの現場情報キャプチャ、タスク監視、自動化機能を備え、包括的な 4D 建設デジタル ツイン ソリューションを生み出します。さらに、この買収は、土木建設会社がスケジュールとコストの制約を維持しながら現場リソースの使用を最適化するのにも役立ちます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Autodesk, Inc.
  • Bentley Systems
  • Incorporated
  • Oracle Corp
  • SAP SE
  • Trimble Inc.
  • Dassault Systèmes
  • Computer Methods International Corp.
  • Microsoft
  • Constellation HomeBuilder Systems
  • Sage Group plc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports