コンテンツ配信ネットワーク市場の成長分析レポートと2031年までのシェア

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00031444
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場は、2022 年の 209 億 8000 万米ドルから 2030 年までに 731 億 7000 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 16.9% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) は、Web コンテンツをできるだけ早くエンド ユーザーに提供するように設計されたコンピューターの分散システムです。コンテンツ配信ネットワークの主な目標は、訪問者が世界のどこにいるか、使用しているデバイスの種類に関係なく、あらゆる形式のデジタル コンテンツを訪問者に効率的かつ安全に提供することです。コンテンツ配信ネットワーク (CDN) は、Web マテリアルのコピーを消費者の近くに配置したり、動的コンテンツ (ライブ ビデオ フィードなど) の配信を容易にしたりすることで、Web パフォーマンスの高速化を可能にする、地理的に分散したコンピュータのネットワークです。各 CDN サーバーは、Web サイトの発信元であるホスト サーバーよりもユーザーに近い「ネットワーク エッジ」に配置されます。そのため、CDN サーバーは「エッジ サーバー」と呼ばれることがよくあります。各サーバーは、ホスト サーバーからの Web コンテンツのサブセット (HTML ファイル、画像、オーディオ、ビデオ、アプリケーション) のコピーを保存またはキャッシュします。コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場のソリューションにより、Web サイト発行者は、コンテンツとユーザーの間の距離を縮めることで、より高速なパフォーマンスを提供し、ユーザーの読み込み時間を最小限に抑え、独自の帯域幅の消費と経費を制御できるようになります。< /p>

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場のソリューションにより、サイト訪問者はより迅速にコンテンツを閲覧できるようになります。オンライン パブリッシャーにとって、これはページ ビューの増加、トラフィックの増加、顧客エンゲージメントの向上、サイト放棄の減少を意味します。 Web ホストは、オリジン サーバーから送信されたデータに対して企業に請求します。 CDN は、素材のコピーをユーザーの近くに保存することで、オリジン サーバーからのデータ転送を減らし、組織の帯域幅の使用量と支出を削減します。 CDN を使用する組織は、地理的に分散した独自のサーバー ネットワークを作成して運用する必要がないため、時間、人的資本、および費用を節約できます。たとえば、ThriveMyWay の 2023 年のレポートによると、世界中の上位 100,000 の Web サイトのうち、インターネット上の 4,148 の Web サイト (これは約 41%) が CDN を使用しています。 CDN はコンテンツをより速く提供するだけでなく、提供されるコンテンツの品質も向上します。伝送速度が遅いとジッターが発生する可能性があり、ビデオ再生、ビデオ通話、ライブビデオストリーミングが妨げられる可能性があります。バッファリング、画質と音質の低下、不完全な送信はすべて、ビデオとオーディオのコンテンツ配信に影響を与えます。マテリアル デリバリー ネットワークは、マテリアルとユーザーの間の距離を縮め、ルーターやサーバーの過負荷を避けるためにトラフィックのバランスを取ることで役立ちます。

コンテンツ デリバリ ネットワーク (CDN) 市場の概要:

現在の軌道では、オンライン ビデオ消費の増加が CDN ビデオ配信の成長の主要な市場原動力となっています。放送テレビと比較すると、オンライン消費者は同等かそれ以上の品質を求めています。このため、コンテンツプロバイダーには、需要に応えるために魅力的なコンテンツを公開し、高品質で配信するというプレッシャーがかかっています。現在、いくつかの大規模なインターネット ビデオ プロバイダーが 4K コンテンツをストリーミングしていますが、これは通常の HD ストリーミングよりも多くの帯域幅を消費します。より多くの 4K コンテンツが利用可能になるにつれて (4K デバイスの販売増加と相まって)、視聴者はより高品質のコンテンツを要求し、インターネット インフラストラクチャに余分な負担をかけることになります。この 2 年間でテレビ視聴環境は明らかに変化しました。ストリーミングは現在、リニア伝送を補完するものであるだけでなく、多くの場所でリニア伝送に取って代わられ始めています。視聴者は従来の放送テレビから、個人用デバイスやリンクされたデバイス経由でアクセスできるオンライン動画に移行しています。一部の地域では在宅制限が解除され、顧客はパンデミック前の活動に戻りつつありますが、改善は期間中に行われました。パンデミックによりストリーミングが可能になったことと、多くの新しい OTT サービスの開始は、トラクションが継続することを示しています。たとえば、Conviva State of Streaming 2021 レポートによると、ライブ プログラミングは世界の視聴時間の 23% を占め、オンデマンド素材が残りの 77% を占めています。これは、ライブ ビデオがまだオンデマンド ビデオほど普及していない (そしておそらく今後も普及しない) ことを示していますが、それでもかなり驚くべきことであり、ライブ ストリーミング業界がどれほど進歩したかを示しています。また、オンデマンド ビデオは世界中の視聴時間の大部分を占める可能性がありますが、この統計が示すように、エンゲージメントの点ではライブ ビデオに匹敵することはできません。平均的な視聴者は、各視聴セッションでライブビデオの視聴に約 25.4 分を費やしますが、ビデオオンデマンドの視聴には約 19 分かかります。

戦略的洞察

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の推進力:

ドライブへのライブ ストリーミングの増加コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の成長

スマートフォン、スマート TV、タブレットなどのスマート デバイスの導入増加により、ユーザー間でのライブストリーミング。過去 2 年間でテレビ視聴環境は間違いなく変化しました。ストリーミングは現在、リニア放送を補完するだけでなく、多くの場所でリニア放送に取って代わられ始めています。視聴者は、従来のテレビ放送から、個人用または接続されたデバイスを介したオンライン ビデオに移行しつつあります。一部の地域では在宅制限が終了し、消費者はパンデミック前の活動に戻りつつあるが、さまざまな新しいOTTサービスの開始と並行してストリーミングを可能にするためにパンデミック中に行われた変更は、牽引力が続くことを意味する。 2022 年までに、スマート TV 世帯の 86% が、テレビの内蔵機能を介して定期的なテレビ ストリーミング サービスを利用できるようになります。スマート TV 家庭のかなりの部分 (14%、または 7 人に 1 人) はまだテレビや映画のストリーミングにそれらのセットを使用していませんが、それでも 2020 年 (75%) に比べて大幅に増加しています。 2023 年の Unscreen 調査レポートによると、米国の WiFi 世帯の 89% がモバイル デバイスにアクセスできるのに対し、TV アプリのリーチ率は 54% にすぎません。モバイル デバイスは、最も広く使用されているビデオ ストリーミング デバイスです。オムディアテレビ&テレビ局によると、オンライン ビデオ インテリジェンス サービス。2025 年末までに、テレビとオンライン ビデオの加入者数は世界全体で合計 28 億となり、オンライン ビデオが成長のほぼすべてを占めるようになります。 2020 年から 2025 年の間に、有料テレビの加入者数は 0.1% 増加すると予想されます(10 億 7 億 5,100 万人から 10 億 7 5,800 万人)。一方、オンラインビデオの加入者数は 8 億 2,900 万人から 16 億 8,600 万人へと 3 倍以上に増加します。

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場セグメント分析:

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場は、提供内容に基づいて、モバイル コンテンツ配信、ソフトウェア配信、ビデオ ストリーミングなどに分割されます。ビデオ ストリーミング業界が成長するにつれて、それを支えるサーバーに対する要求も高まります。ビデオ コンテンツ配信ネットワーク (CDN) は、ストリーミング需要を満たし、ストリーマーがより多くの視聴者にリーチできるよう支援するために強化されています。実際、シスコは現在、インターネット トラフィック全体の 72 パーセントが CDN を通過していると推定しており、2017 年の 56 パーセントから増加しています。CDN は、メディア ファイルのコピーを視聴者の近くに配布することで、ビデオ コンテンツ配信時のバッファリングやストリーム クラッシュを回避しています。このキャッシュ機能はライブブロードキャストに非常に役立ちます。ライブ ブロードキャストのセグメントをキャッシュすると、起動時間を 5 秒未満に短縮できます。さらに、オリジンサーバーの負荷が大幅に最小限に抑えられ、より安定した視聴体験が提供されます。

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の地域分析:

北米の主要市場は、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の主要地域の 1 つです。 CDN の大部分は、北米やヨーロッパなどの成熟したビデオ市場にすでに広範なネットワークを展開していますが、CDN には、ターゲットを絞った投資で戦略的に地位を確立し、より高い成長の可能性を持つ発展途上地域でのこの拡大を活用する機会があります。北米地域には、Netflix、Amazon Prime、Hulu、Apple TV+ などの主要な OTT コンテンツ プロバイダーが存在します。 DataAI の 2023 年のレポートによると、顧客はより多くのアプリをダウンロードしています。米国では、ストリーマーが 2021 年に 85% 多くのビデオ ストリーミング アプリをダウンロードすると予測されていますが、これは韓国の 80% です。 Deloitte Insights によると、2021 年に有料テレビに加入しているアメリカ人の 67% とは対照的に、米国の顧客の 82% がビデオ ストリーミングに加入しており、平均 4 件の加入がありました。

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の主要企業分析:

コンテンツ配信ネットワーク (CDN)市場分析は、Akamai Technologies などのプレーヤーで構成されます。アマゾン ウェブ サービス;アルファベット株式会社;白山雲。シトリックス システム;ドイツテレコム;ドイツテレコム; NTTコミュニケーションズ;タタ・コミュニケーションズ; Tencent Cloud は、レポートで紹介されているコンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の主要プレーヤーの 1 つです。

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の最近の動向:

 

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の企業では、合併や買収などの無機的および有機的な戦略が高度に採用されています。最近の主な市場動向を以下に示します。

  • 2023 年 8 月、オンライン生活を実現し保護するクラウド企業である Akamai Technologies, Inc. は、本日、 StackPath がコンテンツ配信ネットワーク (CDN) 市場の運営を停止する決定を行ったことを受け、同社は StackPath から特定のエンタープライズ顧客契約を含む資産を取得したと発表した。 Akamai は、世界で最も分散されたエッジおよびクラウド プラットフォームへのアクセスを可能にすることで、コンテンツ配信、サイバーセキュリティ、クラウド コンピューティングのニーズを満たすエンタープライズ ソリューションを探している顧客への定期的なサービスとサポートを拡大します。
  • 2022 年 4 月、Google は YouTube と同じインフラストラクチャを使用してコンテンツを配信するプラットフォームである Media CDN を一般公開しました。 200 か国の 1,300 以上に拠点を置く Google Media CDN は、「ユーザーに近いコンテンツの提供」の「あらゆる側面を自動化」すると主張しています。
  • 2021 年 3 月、BaishanCloud (白山)世界的に著名なクラウド データ サービス プロバイダーである は本日、自社の SaaS ベースのマルチ CDN プラットフォーム エコシステムに mlytics を追加したことを発表しました。 mlytics の顧客は、中国と東南アジア全域にわたる Baishan の広範なグローバル コンテンツ配信ネットワークによって実現されるプレミアム コンテンツ配信サービスを利用できるようになりました。この提携により、共通の顧客は、Baishan によって実現される高いパフォーマンスと、mlytics インテリジェント プラットフォームの柔軟性とコスト効率を提供できるようになります。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Akamai Technologies
  • Amazon Web Services
  • Alphabet Inc
  • Baishan Cloud
  • Citrix Systems
  • Deutsche Telecom
  • Deutsche Telecom
  • NTT Communications
  • Tata Communications
  • Tencent Cloud

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports