デジタル薬局市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00031438
  • Category : Healthcare IT
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

【調査レポート】デジタル薬局市場規模は、2022年の964億2,880万米ドルから2030年までに3兆638億7,826万米ドルに成長すると予想されています。市場は、2022 年から 2030 年にかけて 18.1% の CAGR を記録すると推定されています。
アナリストの視点
デジタル薬局市場分析では、インターネット利用の増加、ウェブベースおよびオンライン サービスへのアクセス、急増などの市場推進要因が説明されています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック下での処方薬のオンライン購入。さらに、革新的な電子薬局モデルは、予測期間中に新しい市場トレンドを導入すると予想されます。デジタル薬局市場は、医薬品の種類に基づいて、処方薬とOTC医薬品に二分されます。処方薬セグメントは、2022 年にはより大きな市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。デジタル薬局市場は、製品に基づいて、パーソナルケア、ビタミンとサプリメント、医薬品と治療法などに分類されます。医薬品および治療薬セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。デジタル薬局市場はプラットフォームごとに、アプリベースと Web サイトベースに分類されます。 2022 年には、アプリベースのセグメントが市場でより大きなシェアを占めました。
デジタル薬局は、サービスに個人的なタッチを与えることで、ハイテクと効率的なソリューションを組み合わせた認可された薬局であり、新しい治療法、既存の治療法、デジタル治療法の商業化に役立ちます。 。最先端のソリューションは、処方箋記入のプロセスを簡素化し、関係者のエクスペリエンスを向上させ、バイオ医薬品メーカーにとって実用的な洞察によって処方プロセスを明確にします。デジタル薬局は、バイオ製薬企業が障壁を取り除くのに役立ち、調剤薬局が清潔ですぐに調剤できる処方箋を受け取ることができるようにします。
戦略的洞察
市場洞察
インターネットの使用量と Web ベースのサービスとオンライン サービスへのアクセスの増加が推進デジタル薬局市場の成長
医療情報技術(HIT)には、コンピューターのハードウェアとソフトウェアを介した情報処理が含まれ、ストレージが可能になります。検索;共有すること。コミュニケーションと意思決定のための医療情報、データ、知識の使用。たとえば、疾病管理予防センター (CDC) の HIT に関する報告書で発表された調査によると、米国の成人の 74% がインターネットを使用しており、そのうち 61% がヘルスケアまたは医療情報の検索にインターネットを使用しています。また、18 ~ 49 歳の成人は高齢者よりも HIT を利用する可能性が高くなります。
国立衛生研究所の報告書は、製品やサービスの購入におけるインターネットの使用が過去 20 年間で増加していることを明らかにしています。また、オンラインで医薬品を購入する傾向が世界的に高まっています。医薬品のオンライン購入は、規制、経済、文化の多様な環境により、世界中でさまざまなモデルが導入され、さまざまな形で進化してきました。たとえば、米国ではインターネット薬局は主に処方箋ベースのモデルとして運営されていますが、ヨーロッパでは非処方箋ベースのモデルで運営されています。
市場動向
革新的な電子薬局モデル
によると2019年12月に発表された民間部門を通じた健康成果の持続(SHOPS)Plusレポートに合わせて、インドのプロジェクトチームは、マディヤ・プラデーシュ州政府およびメッドライフ・インターナショナル(製薬会社)とのパートナーシップを発表し、革新的な医薬品を発売することを発表した。結核 (TB) との戦いの一環としての玄関先電子薬局モデル。 SHOPS Plus Prohect チームは、電子薬局モデル/プラットフォームを通じて結核サービスを強化するサービス提供モデルを設計しました。インドでは結核の流行が緩和されているにもかかわらず、同国は依然として最も多くの結核患者を抱えており、年間50万人が診断されずに搬送されている。そこでSHOP Plusでは、テクノロジーを活用し、電子薬局モデルによる患者の身近なところで診断・治療支援サービスを提供することに取り組んでいる。 SHOP Plus プロジェクトによって設計された電子薬局プラットフォームの進歩により、医師は結核患者向けに自宅での喀痰検査材料を処方でき、検査を遠隔で実行できるようになりました。電子薬局のエージェントがこれらの材料を受け取り、検査施設に配送します。喀痰物質を処理した後、研究室は患者のレポートを電子薬局プラットフォームにアップロードします。結核患者はレポートを閲覧でき、医師はそれに応じて患者の治療を処方できます。 e-薬局プラットフォームには、患者の治療遵守と今後の注文をフォローアップするための通信テクノロジーも搭載されています。このような革新的な電子薬局モデルは、予測期間中にデジタル薬局市場の成長に有利な機会を提供する可能性があります。
レポートのセグメント化と範囲
薬剤の種類に基づく洞察
薬剤の種類に基づいて、デジタル薬局市場は処方薬とOTC医薬品に分かれています。処方薬セグメントは2022年に最大の市場シェアを保持し、2022年から2030年の予測期間で最高のCAGRを記録すると予想されています。医師はオンラインでデジタル処方箋を記入し、それをインターネット経由で処方センターに直接送信します。処方センターは、医薬品、離乳食、医療機器を発行および処理する電子データベースです。処方箋はデフォルトで公開されていますが、変更できるのは関係する医師のみです。私的処方では、患者のみが処方薬を購入できますが、認可処方では、患者またはオンラインポータルで患者が許可した人が薬局で処方薬を購入できます。処方薬を購入する個人は、写真と識別番号を含む身分証明書を薬剤師に提示する必要があります。医薬品を別の人のために購入する場合、購入者は自分の個人識別番号も知っておく必要があります。購入者の確認後、薬剤師は購入者の識別コード (処方箋に記載されている) に基づいて処方センターで正しい処方箋を見つけます。
製品ベースの洞察
製品に基づいて、デジタル薬局市場は個人用と個人用に分類されます。ケア、ビタミンとサプリメント、薬と治療など。 2022年には医薬品・治療部門が最大の市場シェアを獲得した。Cignaが提供する「Express Scripts」は医薬品の宅配サービスを提供する。 Express Scripts Pharmacy は、店舗での待ち時間を短縮することで、消費者が処方箋を注文したり更新したりすることを容易にしました。このプラットフォームを使用すると、処方箋の転送、注文の簡単な追跡、薬剤師とのやり取りが可能になります。また、無料の標準配送のほか、手間のかからない自動補充プログラム、薬剤の追跡を容易にする便利なデジタル ツール、薬剤師への 24 時間 365 日のアクセスも提供しています。
プラットフォーム ベースの洞察
プラットフォームに応じて、デジタル薬局市場はアプリベースとウェブサイトベースに分類されます。アプリベースのセグメントは 2022 年に市場でより大きなシェアを占め、2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。モバイル デバイス テクノロジーは、ヘルスケア分野で目覚ましい進歩をもたらしました。たとえば、インターネット接続を備えたスマートフォン ユーザーが増加し、顧客は価格の割引、宅配、オンライン薬局への簡単なアクセスなどを享受できるようになりました。主要な医薬品配達アプリである「Closeloop」は、消費者に医薬品 [処方箋ベースまたは店頭販売 (OTC)] の検索またはフィルタリング、処方箋のアップロード、オンライン取引と支払い、リマインダーの設定、および受け取りを行う機能を提供します。補充と再注文が完了しました。したがって、電子薬局向けの革新的なアプリを設計する企業は、消費者がオンライン チャネルを通じて医薬品を注文できるようにするための簡単なアクセスを提供します。
外科用ナビゲーション システム市場、医薬品タイプ別 – 2022 年および 2030 年
地域分析
北米デジタル薬局市場で最大のシェアを占めています。北米市場は、米国、カナダ、メキシコに細分化されています。米国は、この地域のデジタル薬局市場で最大のシェアを占めています。米国のいくつかの新興企業は、ベンチャーキャピタルから多額の資金提供を受けてオンライン薬局分野に参入した。たとえば、電子商取引大手のアマゾンは、さまざまなオンライン薬局と提携して電子薬局分野に参入しており、多くの実店舗がオンライン サービスを開始しています。米国の小規模な薬局や流通業者はオンライン ショップを開設しており、小規模なオンライン販売が報告されています。オンライン プラットフォームと電子商取引の人気の高まりにより、米国では薬局 [処方薬と店頭 (OTC) 薬] のデジタル化が始まりました。
以前は従来の物理的な薬局として運営されていた Nimble は、現在はオンラインでの存在に適応しています。同社は、Y Combinator、Sequoia Capital、DAG Ventures、First Round Capital、Khosla Ventures から約 6,000 万米ドルの資金を調達しました。さらに、実店舗の薬局と提携して配達サービスを提供することも目指している。 2020年、ウォルマートはスタートアップのケアゾーンを買収し、ウォルマートのオンラインチャネルの競争力を高めるために同社の処方箋管理技術を買収した。 CareZone モバイル アプリは、個人や家族がさまざまな慢性疾患や薬を管理するのに役立ちます。家族は保険情報にアクセスしてラベルをスキャンできるため、迅速で便利な操作が可能になります。この買収を通じて、ウォルマートはデジタルヘルスおよびウェルネスツールを強化する予定です。
米国の大多数の人々は地域の薬局から8マイル以内に住んでいますが、地方や都市部の患者は薬局サービスにアクセスすることが困難です。さらに、米国農務省が述べているように、店舗の閉鎖、交通機関の問題、障害関連の問題、経済的困難により医薬品へのアクセスがさらに妨げられ、薬局砂漠が生じています。 2023年にJournal of the American Medical Associationに掲載された研究では、電話薬局政策を採用した州では薬局砂漠が減少し、電話薬局は従来の薬局よりも実質的に医療ニーズの高い人々に近いと報告されています。現在、米国では 28 の州が電話薬局の実施を許可していますが、ステータスや規制は異なります。
人工知能 (AI) と機械学習の統合により、服薬モニタリング、スマート リマインダー、パーソナライズされたサービスなどのプロセスの自動化が可能になります。治療の推奨事項。さらに、高度な通信プラットフォームの出現と、拡張現実 (AR) および仮想現実 (VR) とテレ薬局の統合は、調剤、診察、患者ケアに革命をもたらし、便利な医療サービスに対する急増する需要に対応する可能性があります。
このレポートは、世界のデジタル薬局市場で活動する主要企業を紹介します。これらには、Amazon.com Inc、Goodrx Holdings Inc、Cigna Group、CVS Health Corp、Walmart Inc、Hims & Hers Health Inc、Roman Health Pharmacy LLC、Apex Pharmacy Inc、LloydsPharmacy Ltd、Pharmacy2U Ltd、Docmorris NV、および Truepill が含まれます。 2023 年 9 月、GoodRx は MedImpact との提携を発表し、MedImpact 会員に薬局カウンターでのシームレスなエクスペリエンスを提供しました。さらに、提携する企業は、シームレスなデータ統合のためのプログラムを提供する予定です。 MedImpact の厳格な医薬品安全性審査に基づいて、このプログラムはマイナスの薬物相互作用についても患者に通知します。
会社概要
Amazon.com Inc Goodrx Holdings Inc The Cigna Group CVS Health Corp Walmart Inc Hims & Hers Health Inc Roman Health Pharmacy LLC Apex Pharmacy Inc LloydsPharmacy Ltd Pharmacy2U Ltd Docmorris NV Truepill
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The List of Companies - Digital Pharmacy Market

  1. Amazon.com Inc.
  2. Good Rx Holdings
  3. The Cigna Group
  4. CVS Health Corp
  5. Walmart Inc.
  6. Hims & Hers Health Inc.
  7. Roman Health Pharmacy LLC
  8. Apex Pharmacy Inc.
  9. LloydsPharmacy Ltd.
  10. Pharmacy2U Ltd.
  11. Docmorris NV
  12. Truepill

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports