緊急通報システム市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00037817
  • Category : Healthcare IT
  • Status : Published
  • No. of Pages : 146
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

【調査レポート】緊急通報システムの市場規模は、2022年の30億5,205万米ドルから2030年までに70億4,360万米ドルに成長すると予測されています。この市場は、2022 ~ 2030 年に 11.0% の CAGR を記録すると推定されています。
市場洞察とアナリストの見解:
世界的な医療の成長により、さまざまな病気の治療を受ける患者の数が増加しています。ここ数十年のヘルスケア分野。最近の医療機関は、患者に可能な限り最高のケアを提供するためのデジタルコンピテンシーの達成に重点を置いています。患者ケアの向上には、正確な薬剤の配布、長期にわたる病気の正確な診断、効率的な看護施設がすべて必要です。こうした迅速なデジタル化の取り組みは、緊急通報システム市場に恩恵をもたらしています。この市場の多くのメーカーは、自社のナース コール システム デバイスにセキュリティ システム、無線周波数識別 (RFID)、およびリアルタイム位置検出コンポーネントを組み込もうとしています。たとえば、シーメンスは、ワイヤレスで持ち運びが可能で、手首に装着するナースコール患者バンドを製造しています。緊急事態が発生した場合や支援が必要な場合、患者はこのバンドのボタンを使用して看護師に電話をかけることができます。
緊急通報システム市場予測では、製品の承認数と発売数の増加により、大幅な成長が予測されています。
成長ドライバー:
米国では、生活支援センターの約 42% が独立して運営されており、残りは別の組織によって管理されています。国立生活支援センターが収集したデータによると、そこに住んでいる人のほぼ 71% が女性で、29% が男性です。また、国民のほぼ11%が65~74歳であるのに対し、7%は65歳未満であるとも述べた。総居住者の約 52% を占めるため、大多数が 85 歳以上であり、そのうち 30% は 75 ~ 84 歳の範囲に属します。経済協力開発機構 (OECD) によると、ドイツでは 2025 年までに 425 万人が 65 歳以上になると予想されています。NCBI が発行した「ドイツの認知症」というタイトルの記事によると、国民の約 3 分の 2 が何らかの形で認知症と診断されたドイツ人 180 万人は、最も頻度の高いタイプのアルツハイマー病を患っています。さらに、アルツハイマー病協会によると、2023年には65歳以上のアメリカ人670万人がアルツハイマー型認知症を患うと推定されている。さらに、高齢者人口の増加がアルツハイマー病の発生率増加につながっており、この緊急事態がさらに加速している。コールシステムの市場規模。
アルツハイマー病の発生率の増加により、介護付き生活施設の需要が増加しています。中国の人々は依然としてアルツハイマー病に対して古い認識を持っており、この状態は老化の避けられない自然な部分であると考えています。サウスチャイナ・モーニング・ポスト発行者号に掲載されたデータによると、中国では毎年約100万人がアルツハイマー病と診断されており、患者数は2050年までに4,500万人に達すると予測されており、これは全土の患者数のほぼ50%に相当する。
ナース コール システムは、精神科病院、介護施設、その他の施設で使用されています。システムの完全性の維持と人命の保護が、これらのシステムを使用する主な目的です。合同委員会およびその他の基準は、認定を申請する施設に対してナースコールシステムの使用を義務付けています。病院は、連邦、州、地方の法律を遵守するために、これらのシステムを導入する必要があります。他のセキュリティベースのシステムと同様に、VDE 0834 などのこれらの実施規定および標準に準拠した最新のナース コール システムには、高い安全基準が備わっています。緊急通報システムは、使用目的に応じて評価され、その安全性が製品規格の技術要件と一致しているかどうかが確認されます。したがって、緊急通報システムに関連する規制の枠組みは、緊急通報システムの開発と発売を妨げ、その結果、緊急通報システム市場の成長を妨げます。
戦略的洞察
レポートの細分化と範囲:
「緊急通報システム」 「市場」は、製品タイプ、製品、テクノロジー、アプリケーション、エンドユーザーに基づいてセグメント化されています。緊急通報システム市場は、製品タイプごとに、コールボックスシステム、インターホンシステム、緊急支柱などにサブセグメント化されています。緊急通報システム市場は、提供内容に基づいてハードウェア、ソフトウェア、サービスに分割されます。テクノロジーの観点から見ると、緊急通報システム市場は有線と無線に二分されます。緊急通報システム市場は、アプリケーション別に、アラームと通信管理、ワークフローの最適化、徘徊管理、転倒防止と検出、患者ケアのリマインダー、レポートと分析、リアルタイムのスタッフの位置特定などに分類されます。緊急通報システム市場は、エンドユーザーに基づいて、病院と診療所、介護施設と自立生活施設、外来手術センターなどに分類されます。
セグメント分析:
緊急通報システム市場は、製品タイプごとに、ナースコールシステム、コールボックスシステム、インターホンシステム、緊急支柱などに分割されています。 2022 年には、ナース コール システム部門が市場で最大のシェアを獲得しました。同セグメントは、2022 ~ 2030 年に最高の CAGR を記録すると予想されています。
ナース コール システムは、長期介護施設、老人ホーム、病院など、多くの医療現場で不可欠です。現代のナース コール システムは、看護スタッフの進化する要求に応えるためにはるかに進歩しています。患者が助けを求めることができるように、システムには多くの場合、病室や洗面所の引き紐、壁の呼び出しボタン、枕スピーカーが必要です。したがって、患者は必要なときにすぐに支援を受けることができます。
感染症治療薬市場、製品タイプ別 – 2022年および2030年
緊急通報システム市場はテクノロジーによって有線と無線に二分されます。緊急通報システム市場分析では、2022 年には有線セグメントが市場で最大のシェアを占めると推定されました。ワイヤレスセグメントは、2022 年から 2030 年にかけて緊急通報システム市場で最も高い CAGR を記録する可能性があります。ワイヤレスセグメントは、2022 年から 2030 年にかけてさらに高い CAGR を記録すると予想されます。さまざまな有線緊急通報システムが市場で入手可能です。これらのシステムは、高度なテクノロジーを使用して、設定された業界標準に従って作られています。有線緊急通報システムは、その頑丈さ、軽量さ、最小限のメンテナンス要件、および高い機能性で高く評価されています。有線デバイスは、地下または壁内のケーブルを使用してナース システムに接続します。
提供によって、緊急通報システム市場はハードウェア、ソフトウェア、サービスに分割されます。 2021 年には、ハードウェア部門が市場で最大のシェアを占めました。ソフトウェアセグメントは、2022年から2030年にかけて最高のCAGRを記録すると予想されています。
緊急通報システム市場はアプリケーション別に、警報と通信管理、ワークフローの最適化、徘徊管理、転倒防止と検知、患者ケアリマインダー、レポートに分けられます。分析、リアルタイムのスタッフ検索など。緊急通報システム市場分析では、2022 年には警報および通信管理セグメントが市場で最大のシェアを占めると推定されました。ワークフロー最適化セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて緊急通報システム市場で最高の CAGR を記録する可能性があります。病院、診療所、老人ホームなどでは、重度、準重度、軽度の健康合併症のために数人の患者が入院しています。すべての患者の中でも、重度の健康状態にある患者は継続的なモニタリングが必要です。これらの患者は高度に管理された条件下で保管されており、これは看護師、医師、その他の医療専門家の間で効果的なコミュニケーションが必要であることを意味しています。緊急治療室では、より高いレベルの注意力と異常事態への迅速な対応が必要です。ナース コール システムは、ボタンを 1 つ押すだけでアラームを発し、患者やその家族が看護スタッフから迅速な援助を受けることができるようにします。救急治療室には、電気を利用したさまざまな医療機器や設備が備えられています。したがって、これらの部屋ではデバイスや設備が正しく機能しない可能性が高くなります。アラームは、このような事故に対処するために迅速な救助活動を行うのに役立ちます。
緊急通報システム市場は、エンドユーザーごとに、病院と診療所、介護付き生活施設と自立生活施設、外来手術センターなどに分かれています。 2022 年には、病院と診療所が緊急通報システム市場シェアを独占しました。介護付き住宅および自立生活施設セグメントの市場は、2022 年から 2030 年にかけて最速の CAGR で成長すると予想されます。緊急通報システムは、病院の一般病棟、緊急治療室、救命救急病棟、診察室、屋外病室、個室、および住宅型介護施設で利用されています。これらのシステムはコスト削減を可能にし、介護者の効率と患者の満足度を高めるため、病院は緊急通報システムを導入する傾向にあります。
地域分析:
地理に基づいた緊急通報システム市場レポートは主に次のように分類されています。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、中央アメリカ、中東、アフリカ。 2022 年、収益の点では、北米が緊急通報システム市場シェアを独占しました。
アジア太平洋地域は、2022 ~ 2030 年に最も高い CAGR を記録すると予想されます。北米における緊急通報システム市場の成長は、アルツハイマー病と認知症の発生率の増加、さまざまな市場プレーヤーの存在、全国の介護付き生活センターの数の増加によるものです。この市場は、カナダやメキシコなどの国々での意識向上プログラムや取り組みによっても推進されています。さらに、メキシコでの医療観光の急増は、予測期間中に北米の緊急通報システム市場に利益をもたらす可能性があります。
業界の発展と将来の機会:
過去数年間、WHO欧州地域は、デジタルヘルスソリューションの使用が増加し、病院、プライマリケアセンター、自宅での患者の治療方法が変化しました。デジタル ソリューションは、医療従事者ががん、糖尿病、精神的健康問題などの病気を特定して治療する方法を変革しています。デジタルヘルスへのすべての人のアクセスを増やすために、各国はデジタルヘルスのプラットフォームとテクノロジーに投資する必要があります。デジタル医療アプリケーション (アプリ) を使用すると、患者に力を与え、医療従事者との関係を強化することができます。これにより、特に患者の自己管理が向上し、共同意思決定時の懸念が軽減されます。最良のシナリオでは、共同ケアへの全体的な文化的変化に貢献するデジタル化により、従来のケア間で共有される意思決定が新しい標準になる可能性があります。その結果、患者は簡単かつ快適にそれらを使用して、迅速な医療支援を受けることができます。大手プロバイダーは、ナース コール システムの機動性に対するニーズの高まりから、より統合されたナース コール システムの提供に重点を置いています。 2021年1月、Austcoは、ベッド400床のジュロンコミュニティ病院(JCH)とベッド数700床のンテンフォン総合病院(NTFGH)に導入されているTaceraナースコールプラットフォームを更新するため、99万米ドル(130万オーストラリアドル)相当の契約を獲得しました。 )。 JurongHealth の Code Blue プラットフォームとのインターフェースを備えたすべてのベッドには Tacera テクノロジーが搭載され、シンガポールのどの病院よりも早い Code Blue の迅速な対応が可能になります。したがって、デジタルヘルスケアの採用と特殊な治療に対する嗜好の高まりは、緊急セルシステム市場にいくつかの成長機会をもたらします。
競争環境と主要企業:
緊急通報システム市場レポートは、次のような市場の著名な企業で構成されています。 Hill-Rom Holdings Inc、GE HealthCare Technologies Inc、RF Technologies Inc、BEC Integration Solutions LLC、Mircom Technologies Ltd、Systems Technologies Inc、Carecaller Emergency Call Systems Inc、Talius Group Ltd、Ascom Holding AG、Cornell Communication、Hoyles Electronic Developments としてこれらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるため、新技術、既存製品のアップグレード、地理的拡大に重点を置いています。
2023 年 8 月、アスコム ホールディング AG は Myco 4 スマートフォンを発売しました。このスマートフォンは、動作効率を高め、総所有コストを削減しながら、要求の高い医療環境やビジネス環境に耐えられるように作られています。新しいガジェットは、複数のデバイスの機能を 1 台のスマートフォンに統合することで、いくつかの新機能と強化された機能を提供します。
2023 年 6 月、RF Technologies Inc はコード アラート クイック レスポンス転倒管理ソリューション ポートフォリオを拡大しました。拡張されたポートフォリオでは、高精度のセンサーベースのテクノロジー、ウェアラブルペンダント、コスト効率の高いセンサーパッドを含む、転倒検出のための 3 つのオプションが提供されます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which end user segment is dominating the emergency call systems market?

The emergency call systems market by end user is divided into hospitals and clinics, assisted living and independent living facilities, ambulatory surgical centers, and others. In 2022, the hospitals and clinics segment held the largest share of the market. The market for the assisted living and independent living facilities segment is expected to grow at the fastest CAGR during 2022–2030.

Which application segment is dominating the emergency call systems market?

The emergency call systems market by application is divided into divided into alarms and communication management, workflow optimization, wander management, fall prevention and detection, patient care reminders, reporting and analytics, real-time staff locating, and others. In 2022, the alarms and communication management segment held the largest share of the market. The market for the workflow optimization segment is expected to grow at the fastest CAGR during 2022–2030.

Which offering segment is dominating the emergency call systems market?

The emergency call systems market is divided into hardware, software, and services. In 2021, the hardware segment held the largest share of the market. The software segment is expected to register the highest CAGR during 2022–2030.

Which technology segment is dominating the emergency call systems market?

The emergency call systems market, based on route of administration, bifurcated into wired and wireless. In 2022, the wired segment held a larger share of the market. The wireless segment is expected to record a higher CAGR during 2022–2030.

Which product type segment is dominating the emergency call systems market?

The emergency call systems market, based on product type, is segmented into nurse call systems, call box systems, intercom systems, emergency stanchions, and others. In 2022, the nurse call systems segment held the largest share of the market. The same segment is expected to record the highest CAGR during 2022–2030.

Which drug class segment is dominating the emergency call systems market?

The emergency call systems market, based on drug class, is segmented into anti-viral, anti-bacterial, anti-fungal, and others. In 2022, the anti-viral segment held the largest share of the market. However, the anti-bacterial segment is expected to record the highest CAGR during 2022-2030.

Which country is dominated the emergency call systems market?

US holds the largest market share in emergency call systems market. Currently, the life expectancy in the US is higher than ever before. A lot of people live in a nuclear family setup where it is not always possible to give older people the high quality of care they require. These factors have led to an increase in the number of assisted living facilities and skilled nursing facilities in the country.

What are the driving factors for the emergency call systems market across the globe?

The factors that are driving growth of the market are the rising cases of Alzheimer’s dementia among the geriatric population and need for assisted living centers, and recent developments in nurse call systems are the key driving the market development.

Who are the major players in the emergency call systems market?

The emergency call systems market majorly consists of the players such as Hill-Rom Holdings Inc, GE HealthCare Technologies Inc, RF Technologies Inc, BEC Integration Solutions LLC, Mircom Technologies Ltd, Systems Technologies Inc, Carecaller Emergency Call Systems Inc, Talius Group Ltd, Ascom Holding AG, Cornell Communication, and Hoyles Electronic Developments Ltd among others.

What is emergency call systems?

Healthcare organizations these days are emphasizing on achieving digital competency to give patients the best care possible. Accurate drug distribution, correct diagnosis of long-term illnesses, and efficient nursing facilities are all necessary for improved patient care. These prompt digitalization efforts are benefiting the emergency call system market. Many manufacturers in this market are attempting to include security systems, radio frequency identification (RFID), and real-time position detection components in their nurse call system devices.

The List of Companies - Emergency Call Systems Market

  1. Hill-Rom Holdings Inc       
  2. GE HealthCare Technologies Inc   
  3. RF Technologies Inc           
  4. BEC Integration Solutions LLC
  5. Mircom Technologies Ltd                
  6. Systems Technologies Inc               
  7. Carecaller Emergency Call Systems Inc  
  8. Talius Group Ltd
  9. Ascom Holding AG             
  10. Cornell Communication
  11. Hoyles Electronic Developments Ltd       

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports