拡張検出および対応市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00038950
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 拡張検出および対応市場規模は、2022 年の 16 億 2,000 万米ドルから 2030 年までに 82 億 1,000 万米ドルに成長すると予測されています。拡張検出および対応市場は、2022 年から 2030 年にかけて 22.4% の CAGR を記録すると推定されています。
拡張検出および対応市場アナリストの視点:
拡張検出および対応市場規模は、ビジネス プロセスの複雑化、サイバー攻撃の数の増加、XDR ソリューションによって提供されるセキュリティ脅威の可視性と認識の強化により急速に成長しています。 。拡張された検出および対応ソリューションに対する需要は、クラウド ソリューションとサービスの使用量の増加、デジタル変革プロジェクトの数の増加、サイバーセキュリティ環境を改善するニーズの高まりによっても促進されています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、多くの企業がオンプレミスからクラウド コンピューティングに切り替え、拡張された検出と対応ソリューションの需要が高まりました。
脅威検出とセキュリティ監視におけるデジタル化と自動化は、拡張された検出に有利な機会を提供します。予測期間中の市場の成長に対応します。拡張された検出および対応市場のトレンドには、ML や AI などの先進テクノロジーとの統合が含まれます。さらに、拡張検出および対応市場のトレンドとして、マネージド XDR の採用の増加も現れています。
拡張検出および対応市場の概要:
拡張検出および対応 (XDR) は、脅威の検出および対応に対する比較的新しいアプローチです。サイバー攻撃、違法アクセス、悪用に対する包括的な保護を提供します。拡張検出および対応ソリューションは、電子メール、エンドポイント、サーバー、クラウド ワークロード、ネットワークなどのさまざまなセキュリティ層からデータを収集し、自動的に関連付けます。これにより、脅威をより迅速に特定し、調査と対応時間を短縮できます。前世代のエンドポイント検出および対応 (EDR) から進化した XDR は、脅威の検出、対応、軽減に対する包括的かつ統合されたアプローチです。 XDR ソリューションは、幅広い可視性とコンテキストの理解、データ保持、内部および外部のトラフィック分析、統合された脅威インテリジェンス、カスタマイズ可能な検出、ML ベースの検出など、さまざまな利点を提供します。
戦略的洞察
拡張された検出と対応 市場ドライバー:
予測期間中の拡張検出および対応市場の成長を促進するビジネスプロセスの複雑さの増加
ビジネスの複雑さとは、組織内のテクノロジー、製品またはサービス、データ、および人材の大規模な相互接続ネットワークの形成を指します。会社が大きくなればなるほど、ビジネスはより複雑になります。現在、企業が管理しなければならないツールとデータの数は増加しており、ますます複雑になっています。同時に、市場状況や労働環境はこれまで以上に速く変化しており、企業は迅速に対応し、意思決定を行う必要があります。変化に効果的に対応するために、企業は自社のプロセス、ツール、データを明確に理解する必要があります。
組織は、この加速する変化と一層の複雑さの組み合わせに適応するという多大なプレッシャーにさらされています。市場で競争力を維持するには、組織はビジネスの複雑さを明確にする方法が必要です。多くの企業は現在、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、数年前よりも高いレベルの複雑さに直面しています。パンデミックによりビジネス プロセスの変化が加速し、企業は新しい市場に迅速に適応し、リモート ワーカーをサポートする新しいツールを提供し、デジタル変革への取り組みを強化する必要がありました。デジタル化への焦点は、今日でも組織にとっての優先事項です。これらすべての要因により、組織内のビジネス プロセスが複雑になります。組織内のシステムの使用量が増加し、複雑化するにつれて、悪意のある攻撃者がデータにアクセスしたり、事業運営、評判、財務に重大な損害を与える破壊的な攻撃を引き起こしたりする可能性があります。このため、組織はサイバーセキュリティ ソリューションの導入にますます注力しています。
拡張検出および対応 (XDR) は、複数のソースと防御層にわたってサイバー セキュリティの脅威を監視し、軽減する有用なサイバーセキュリティ テクノロジであることが証明されています。したがって、ビジネスプロセスの複雑さの増加により、拡張検出および応答市場の成長が促進されます。
拡張検出および応答市場レポートのセグメント化と範囲:
拡張検出および応答市場は、コンポーネント、展開、エンタープライズに基づいて分割されています。規模、業種、地理。コンポーネントに基づいて、拡張検出および対応市場はソフトウェアとサービスに二分されます。導入により、市場はクラウドとオンプレミスに二分されます。企業規模に基づいて、市場は大企業と中小企業に分類されます。業界の垂直性に基づいて、市場は IT および通信、BFSI、製造、小売および e コマース、ヘルスケアなどに分類されます。市場は、地域に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南米に分割されています。
拡張検出および対応市場セグメント分析:
企業規模、大企業、および中小企業は、拡張検出および対応市場予測調査で考慮されています。大企業セグメントは、エンタープライズ規模セグメントの中で最も高い拡張検出および対応市場シェアを保持しています。包括的なサイバーセキュリティ ソリューションを提供することで、大企業を保護する上で、拡張された検出と対応が大きな役割を果たします。 XDR ソリューションは、脅威の検出、対応、防止のさまざまなコンポーネントを統合システムに組み込みます。ネットワーク、エンドポイント、クラウド環境などの企業インフラストラクチャのさまざまな部分からデータを収集して分析することで、一元的な可視性を提供します。これにより、大企業のセキュリティ チームは、エンタープライズ セキュリティ環境の複数の領域を横断する可能性のある複雑な脅威を特定して対応できるようになります。
拡張検出および対応市場の主要プレーヤー分析:
拡張検出および対応市場分析は、プレーヤーで構成されます。ブロードコム社など。ビットディフェンダー。サイバーリーズン;サイネットセキュリティ株式会社;マイクロソフト;パロアルトネットワークス;センチネルワン;ソフォス株式会社;シスコシステムズ株式会社;およびトレンドマイクロ株式会社。これらは、拡張検出および対応市場レポートで紹介されている主要なプレーヤーの1つです。
拡張検出および対応市場の最近の展開:
合併や買収などの無機的および有機的な戦略は、市場での地位をマークするために企業によって高度に採用されています。検出と対応の市場シェアを拡大します。拡張された検出と対応の市場予測は、この市場の利害関係者が成長戦略を計画するのに役立ちます。拡張検出および対応市場分析における最近の主な展開を以下に示します。
2023 年 11 月、カスペルスキーは、新しい包括的なセキュリティ XDR ソリューションである Open XDR の発売を発表しました。新しいソリューションは、ログの収集と関連付け、ケースと資産の管理、対応プレイブック、調査機能など、複数のセキュリティ オプションを統合プラットフォームに組み合わせています。この新製品は、テスト環境でその機能と既存のインフラストラクチャとの互換性を評価できる早期導入者が利用できます。
2023年8月、EYは、組織がサイバー脅威と戦うのを支援するために、Secureworksのサポートを受けるIntelligent Extended Detection Response(IXDR)ソリューションの開始を発表しました。 IXDR は、オープン XDR プラットフォーム上で 24 時間 365 日の脅威の監視、検出、対応を提供するサービスです。このサービスは、脅威インテリジェンスの研究、人工知能 (AI)、機械学習 (ML) アルゴリズム、最新のデータ パイプラインを活用して、組織が攻撃への応答時間を大幅に短縮できるようにします。サイバー脅威。
2023 年 4 月、シスコは拡張検出および対応 SaaS パッケージの発売を発表しました。 Cisco XDR により、インシデントの調査が簡素化され、セキュリティ オペレーション センター(SOC)が脅威を即座に修復できるようになります。
2023 年 7 月、BlueVoyant は、Splunk 向けのマネージド拡張検出 & 応答 (MXDR) の開始を発表しました。この新しいサービスは、Splunk SIEM (セキュリティ情報およびイベント管理) 機能とサポートされている EDR (エンドポイント検出および応答) パートナーの専門知識を統合し、リスクの特定、複数のソースによるアラートの検証、および複数のソースにわたる修復を可能にするクラウドネイティブの完全に統合されたセキュリティ ソリューションを提供します。エンドポイント、IoT、クラウド ワークロード、ネットワークなどのプラットフォーム。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which region is holding the major market share of global extended detection and response market market?

The North America held the largest market share in 2022, followed by Europe and Asia Pacific.

What is the estimated global market size for the extended detection and response market in 2022?

The extended detection and response market was valued at US$ 1.62 billion in 2022 and is projected to reach US$ 8.21 billion by 2030; it is expected to grow at a CAGR of 22.4% during 2022–2030.

Which are the key players holding the major market share of extended detection and response market ?

The key players, holding majority shares, in extended detection and response market includes Microsoft; Cisco Systems, Inc.; Palo Alto Networks; SentinelOne; and Broadcom Inc. among others.

What are the driving factors impacting the extended detection and response market market?

Increasing complexity of business processes, increasing number of cyberattacks, and enhanced visibility and awareness of security threats offered by XDR solutions are the driving factors impacting the extended detection and response market market grrowth.

Which is the fastest growing regional market?

Asia Pacific is anticipated to grow with the highest CAGR over the forecast period.

What are the future trends of the extended detection and response market market?

Increased adoption managed XDR is the future trend of the extended detection and response market market.

The List of Companies - Extended Detection and Response Market

  • Broadcom Inc.
  • Bitdefender
  • Cybereason
  • Cynet Security, LTD.
  • Microsoft
  • Palo Alto Networks
  • SentinelOne
  • Sophos Ltd
  • Cisco Systems, Inc.
  • Trend Micro Incorporated

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports