遺伝子編集市場規模レポート | 2031 年までの成長とシェアの予測

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00032626
  • Category : Biotechnology
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

【調査レポート】遺伝子編集市場規模は2022年の65億4,295万米ドルから2030年までに239億234万米ドルに成長すると予測されている。 2022 ~ 2030 年には 17.6% の CAGR を記録すると推定されています。

市場インサイトとアナリストの見解:

ゲノム編集とも呼ばれる遺伝子編集は、以下を使用して生物の DNA を改変する技術です。さまざまな方法。嚢胞性線維症、鎌状赤血球症、がんなどの症状は、遺伝子編集によって治療および予防できます。遺伝子編集市場の成長は、政府資金の増加、ゲノミクスプロジェクトの数の増加、ゲノム編集技術の導入の増加によって促進されると予想されます。

成長ドライバー:

がんの罹患率の増加により、世界中の医療システムに負担が生じています。世界保健機関 (WHO) によると、がんは世界中で最大の死因の 1 つであり、2020 年には約 1,000 万人が死亡しています。米国癌協会によると、米国では 2020 年に最大 1,898,160 人の新たながん患者と 608,570 人のがんによる死亡が発生しました。 2021. すべてのがんのほぼ 10% ~ 20% は、遺伝または家族を通じて受け継がれる遺伝子変異に関連しています。米国で診断されるがんの約 5 ~ 10% は、遺伝性がん症候群に関連しています。米国では、2023 年に新たながん患者数が約 1,958,310 人、がんによる死亡者数が 609,820 人に達すると予想されています。さらに、国際がん研究機関によれば、新たながん罹患数は 2040 年までに 3,020 万人に達すると予測されています。 2020 年 7 月に出版された「中国における遺伝子治療のスポットライト」によれば、この国では 5,700 万人以上が遺伝性疾患に苦しんでおり、年間約 400 万人の新たながん症例が記録されています。

遺伝性疾患の有病率は上昇しています。世界中で深刻なレベルで人々の健康に影響を与えています。ほとんどの遺伝病はまれで、人々の遺伝子構造の突然変異によって発症します。シェフィールド大学の調査によると、世界中で約 3 億人が遺伝性疾患を抱えて暮らしています。 MJH Life Sciences (米国) の報告書は、2022 年に世界中で毎年 30 万人の新生児が鎌状赤血球症 (SCD) を持って生まれており、これは世界人口の約 5% を占めると推定しています。国立医学図書館で発表された鎌状赤血球症に関する研究によると、2050 年までに 40 万人の新生児が鎌状赤血球症に罹患すると予想されています。

2023 年 8 月に発表された「鎌状赤血球症」と題された研究によると、アフリカ系アメリカ人の 500 人に 1 人が SCD に罹患しています。 2020年6月のNovartis AG(スイス)の報告によれば、英国では約15,000人がSCDに罹患しており、毎年270人の新生児がSCDと診断されている。さらに、この病気はインドなどの新興国で最も蔓延しています。インドの部族コミュニティでは、約 1,800 万人が鎌状赤血球形質 (SCT) に罹患しており、140 万人が SCD に苦しんでいます。

多くのがん生物学研究では現在、クラスター化された規則的に間隔をあけられた短い回文反復配列 (CRISPR) が使用されています。標準的なアプローチとして。この技術は、CAR-T 細胞療法などのがん免疫療法の有効性と安全性プロファイルを強化するためにも利用されています。

CRISPR/Cas9 システムは、転移性腫瘍の治療に効果的であることが実証されています。がんの治療法発見に向けた大きな一歩となる。 CRISPR-LNP システムには、細胞の DNA を切断する分子ハサミである Cas9 CRISPR 酵素をコードするメッセンジャー RNA が含まれています。

最先端の遺伝子編集技術は、次のような恐ろしい病気に取り組む上で大きな期待を抱いています。 SCD。 CRISPR-Cas9 などの技術の進歩により、正確かつ効率的な遺伝子編集への道が開かれ、遺伝子変異を修正したり、病気の原因となる遺伝子を改変したりする可能性が可能になりました。したがって、がんやその他の遺伝性疾患の有病率の増加により、予測期間中に遺伝子編集市場の成長が促進されると予想されます。

戦略的洞察

レポートの細分化と範囲:

遺伝子編集市場は、コンポーネント、技術、アプリケーション、エンドユーザー、および地理に基づいて分割されています。遺伝子編集市場は、コンポーネントに基づいて、試薬と消耗品、ソフトウェアとシステム、サービスに分類されます。技術に基づいて、遺伝子編集市場は、規則的に間隔をあけてクラスター化された短い回文リピート、転写活性化因子様エフェクターヌクレアーゼ、ジンクフィンガーヌクレアーゼ、およびその他の技術に分類されます。遺伝子編集市場は、用途によって遺伝子工学と臨床応用に分かれています。遺伝子編集市場は、エンドユーザーに基づいて、製薬会社とバイオテクノロジー企業、学術機関と政府研究機関、臨床研究機関に分類されます。遺伝子編集市場は、地理に基づいて、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(フランス、ドイツ、英国、スペイン、イタリア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド)に分割されています。 、日本、オーストラリア、韓国、およびその他のアジア太平洋、中東およびアフリカ (サウジアラビア、UAE、南アフリカ、およびその他の中東およびアフリカ)、中南米 (ブラジル、アルゼンチン、

セグメント分析:

遺伝子編集市場は、コンポーネントごとに、試薬と消耗品、ソフトウェアとシステム、およびサービスに分類されます。は、2022 年に市場で最大のシェアを占めました。ただし、試薬および消耗品セグメントは、2022 ~ 2030 年に市場で最も高い CAGR を記録すると予想されています。

コンポーネント別の遺伝子編集市場 – 2022 年と 2030 年
>
遺伝子編集市場は、テクノロジーに基づいて、規則的に間隔をあけてクラスター化された短い回文リピート、転写活性化因子様エフェクターヌクレアーゼ、ジンクフィンガーヌクレアーゼ、およびその他のテクノロジーに分類されます。 2022 年には、クラスター化された規則的な間隔の短い回文リピート セグメントが市場で最大のシェアを占め、2022 ~ 2030 年に最速の CAGR を記録すると予想されています。

用途に基づいて、遺伝子編集市場は次のように分かれています。遺伝子工学と臨床応用。 2022 年には、臨床アプリケーション分野がより大きな市場シェアを占め、2022 ~ 2030 年にかけてより高い CAGR で成長すると予想されています。

遺伝子編集市場は、エンドユーザーに基づいて製薬会社とバイオテクノロジーに分類されます。企業、学術機関、政府研究機関、臨床研究機関。製薬会社とバイオテクノロジー企業セグメントは、2022 年に市場で最大のシェアを占め、2022 ~ 2030 年に最高の CAGR を記録すると予想されています。

地域分析:

遺伝子編集市場は主に北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米および中央アメリカ、中東およびアフリカに分かれています。 2022 年には、北米が市場の大きなシェアを獲得しました。 2022 年には、米国がこの地域で最大の市場シェアを獲得しました。北米市場の成長は、遺伝子編集技術の研究開発への投資の増加、ゲノム編集技術の開発に取り組むバイオテクノロジー企業や製薬会社の存在、製品承認の増加によるものです。さらに、遺伝性疾患の有病率の増加と慢性疾患の治療のための高度な遺伝子治療の導入が、この国の市場の成長を促進すると推定されています。たとえば、2022 年 7 月に発表された嚢胞性線維症財団の推定によると、米国では 40,000 人が嚢胞性線維症を抱えて暮らしています。さらに、疾病管理予防センター (CDC) によると、米国では 2020 年に約 1,603,844 人が新たにがんと診断され、602,347 人ががんにより死亡しました。個人 100,000 人当たり、403 人の新たながん症例が報告されました。

2020 年 10 月、メルクはタカラ バイオ USA, Inc. とライセンス契約を締結しました。メルクは、タカラが自社の CRISPR テクノロジーを使用してベクターやその他の革新的な製品を開発することを認可しました。 CRISPR を使用した研究とエンジニアリング サービス、特に幹細胞をサポートします。したがって、そのような要因は、予測期間中のこの地域の市場の成長をサポートします。

業界の発展と将来の機会:

世界の遺伝子編集市場で活動している主要企業がとったさまざまな取り組みは次のとおりです。以下にリストします:

2022 年 4 月、サーモフィッシャーサイエンティフィックは、研究者がゲノム編集ツールを使用しながら厳しい品質要件を満たすのに役立つ、GMP 製造の Gibco CTS TrueCut Cas9 タンパク質を導入しました。 CRISPR-Cas9 ゲノム編集を使用した CAR T 細胞療法研究にとって、ヒト初代 T 細胞で 90% 以上の有効性と、検査したすべての細胞株で高い編集有効性を一貫して提供するため、これは有望な選択肢です。競争状況と主要企業:< br>
サーモフィッシャーサイエンティフィック;ジェンスクリプト。ロンザ。メルクKGaA; CRISPR セラピューティクス。パーキンエルマー株式会社;アジレント・テクノロジー株式会社;精密バイオサイエンス。サンガモ・セラピューティクス社;ニューイングランドバイオラブズ;およびノバルティスは、遺伝子編集市場における著名なプレーヤーの 1 つです。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるため、新しいハイテク製品の導入、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is gene editing?

Gene editing is a scientific method that is used to modify or alter the DNA of living organisms, including plants, bacteria, humans, animals, and others. Gene editing is done for research purposes, the treatment of diseases, and the biotechnological purpose. CRISPR is a genome-editing technology for diagnosing diseases. Gene editing technology has emerged as an effective technique to examine gene function, examine the pathophysiology of hereditary disorders, produce new gene therapeutic targets, breed varieties of crops, and others. Advances in technologies like CRISPR-Cas9 have paved the way for precise and efficient gene editing, enabling the potential to correct genetic mutations and modify disease-causing genes.

What was the estimated gene editing market size in 2022?

The gene editing market was valued at US$ 6,542.95 million in 2022.

What are the growth estimates for the gene editing market till 2030?

The gene editing market is expected to be valued at US$ 23,902.34 million in 2030.

Which segment is dominating the gene editing market?

The global gene editing market is segmented on the basis of components, technology, application, and end users. Based on application, the market is segmented into genetic engineering and clinical applications. The clinical applications segment held a larger share of the market in 2022 and is anticipated to register a higher CAGR during the forecast period.

Who are the major players in the gene editing market?

The gene editing market majorly consists of the players, including Thermo Fisher Scientific; GenScript; Lonza; Merck KGaA; CRISPR Therapeutics; PerkinElmer Inc.; Agilent Technologies, Inc.; Precision Biosciences; Sangamo Therapeutics, Inc.; New England Biolabs; and Novartis.

What are the driving and restraining factors for the gene editing market?

The factors driving the growth of the gene editing market include the increase in cancer and other genetic disorders and growing investment in genetic research. However, the high cost of genomic equipment’s hampers the growth of the gene editing market.

The List of Companies - Gene Editing Market

  1. Thermo Fisher Scientific
  2. GenScript
  3. Lonza
  4. Merck KGaA
  5. CRISPR Therapeutics
  6. PerkinElmer Inc.
  7. Agilent Technologies Inc.
  8. Precision Biosciences
  9. Sangamo Therapeutics Inc.
  10. New England Biolabs
  11. Novartis

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports