インドの人材派遣および人材紹介市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030063
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Published
  • No. of Pages : 140
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

人材派遣および採用市場は、2022 年に 180 億 6000 万米ドルと評価され、2030 年までに 485 億 3000 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 13.2% の CAGR で成長すると予想されています。
アナリストの視点:
石油・ガス、不動産、銀行、IT、製薬など、さまざまな業界のデジタル化に向けた政府の取り組みの高まり、予測期間中に雇用機会が創出されると予想されます。全インド技術教育評議会によると、80万人の卒業エンジニアのうち約60%が失業したままで、採用担当者の39%が熟練した従業員の確保に苦労しているという。このギャップを克服するために、インドでは人材派遣および採用ソリューションの採用が大幅に増加しており、それによって人材派遣および人材採用市場の成長がさらに拡大しています。
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、厳格な規制のため、組織間でのリモートワークの導入が加速しています。その国の政府の規制。インドの多くの企業は、その利点により依然としてリモート勤務モデルで運営されています。このようなリモートワークのブームにより、雇用主と求職者の間でオンラインでの人材派遣や採用プロセスが加速しています。たとえば、SutraHR によると、インドの企業は 2023 年にリモートワークにより 68% の成長を遂げています。
インドの人材派遣および採用市場の概要:
インドは失業問題、競争の激化と雇用コストの上昇に直面しています。生活の悪化により、失業者が適切な給与パッケージを備えた優れた仕事を見つけることが困難になっています。しかし、ここ数十年のインドの急速な経済発展により、あらゆる業界で先進技術の導入が増加しており、熟練した労働力が必要となっています。インドでは求人数が増加しており、雇用も急速に増加している。たとえば、2023 年 8 月、人材派遣会社は、インドの大手携帯電話機メーカーの労働力需要を満たすために、今後 6 ~ 12 か月でインドで約 60,000 人の雇用が創出される可能性があると推定しました。
ムンバイ、コルカタ、アーメダバードでは、不動産および銀行部門からの雇用が大幅に増加したことが観察されました。ムンバイでは、初心者から最上位のポジションに至るまで、さまざまな業界で雇用の機会が豊富にあります。 2021 年、ムンバイは国の GDP の 6% 以上を占め、これはムンバイでの雇用機会が膨大であることを示しています。雇用動向調査 (MSETS) によると、2020 年に市内の官民トップ銀行、製薬会社、IT 企業、繊維産業、生産会社、その他の部門によって約 70 万件の新たな雇用機会が創出されました。 2020 年、IT 部門の IT 専門家数は合計 3,000 万人に達し、通信部門の顧客ベースは 8 億 5,000 万人に達し、ヘルスケア部門では同年に 4,000 万人を超える新たな雇用機会が創出されました。 IT、電気通信、ヘルスケア分野での新しい仕事の機会には、熟練した人材派遣および人材採用の専門家が、職務要件に応じて適切な候補者を雇用する必要があります。これらすべての要因により、予測期間中に人材派遣および採用市場が押し上げられると予想されます。
さらに、AI、機械学習、ブロックチェーンなどの新テクノロジーの出現により、熟練したITプロフェッショナルの需要は今後大幅に増加すると予想されます。年。たとえば、Quess IT Staffing のレポートによると、2022 年 4 月から 6 月にかけて、バンガロール、ハイデラバード、プネー、チェンナイなどの大都市のさまざまな業界で、熟練した人材の需要が増加しました。これは、企業にとって大きな成長機会を生み出す可能性があります。インドのIT業界で活動する人材派遣および採用市場のプレーヤー。同報告書によると、同国のIT産業は22会計年度に45万人の雇用を追加した。ハイデラバードは、インドのすべての大都市の中で、IT プロフェッショナルの求人数がトップでした。ハイデラバードは IT プロフェッショナルの 23% を雇用し、次いでベンガルール (33%)、ムンバイ (12%)、プネ (9%)、チェンナイ (5%) となっています。クラウドベースのテクノロジーが全国的に急速に普及していることと、あらゆる業界で高度なソリューションの導入を促進する政府の取り組みが相まって、今後数年間で人材派遣および人材紹介サービスの導入に影響を与え、企業の成長を促進すると予想されます。人材派遣および採用市場。
インドでは、小売業界は、新規参入企業の参入により、最もダイナミックで急成長している業界の 1 つとして浮上しています。世界銀行のDoing Business 2020によると、インドは小売分野において米国、カナダ、ドイツ、英国、中国、日本、フランス、オーストラリア、スイス、イタリアに次いで世界第5位の目的地となっている。インド政府は、FDI 政策の自由化により、複数の国際企業を誘致し、インドに拠点を設立しています。インドでのデジタル化の進展により、小売業界に新たな雇用機会が生まれており、適切な候補者を募集し採用するための人材派遣および人材紹介サービスが必要となっています。したがって、上記の要因は人材派遣および人材紹介市場の成長に貢献します。
インド商工省商務省によると、2021年に同国の1日あたりの電子商取引件数は120万件に達した。オンライン買い物客は 2030 年までに約 5 億人に達すると予想されています。また、電子商取引市場は 2030 年までに 3,500 億米ドルの流通総額 (GMV) を生み出すと予想されています。小売業界では、在庫を管理するためにメーカーに高品質の商品を生産することが求められます。人材派遣および採用サービスとソリューションは、雇用主が熟練した候補者を雇用するのに役立ちます。雇用主は人材派遣会社や人材紹介会社のメリットを活用して、コスト効率の高い方法で採用プロセスを加速することもできます。このような要因により、今後数年間で製造業者の間で人員配置および採用ソリューションの必要性が高まると推定されています。したがって、このような事例は人材派遣および人材採用市場の成長を推進します。
戦略的洞察
インドの人材派遣および人材採用市場の推進力:
BFSI およびテクノロジー部門における膨大な雇用機会がインドの人材派遣および人材採用市場の成長を促進
インドでは IT 人材派遣および人材紹介市場が急速に成長しています。オンライン雇用プラットフォームMonsterのデータによると、インドの銀行・金融サービス・保険(BFSI)部門は2023年2月に大きな成長を遂げ、求人数は前年比27%増加した。 Monster データによると、2023 年の時点で、Monster の全求人の約 8% を財務関連の職種が占めており、BFSI 専門家の需要が高まっています。さらに、インドの BFSI および通信部門では雇用機会が大幅に増加しています。これは、デジタル化、決済の革新、金融サービスの普及の増加、そして今後の 5G の展開によって推進されています。モンスター雇用指数によると、2022 年 8 月の時点で、BFSI 部門の雇用数は 25% の増加を記録し、インドの保険部門は 2022 年 7 月に 21% の成長を記録しました。このように、保険部門の成長がインドの成長を推進しています。人材派遣および採用市場。
BFSI 業界では、IT 管理職および IT アナリスト職の開発需要が高まっているため、IT 職が新規求人全体の約 3 分の 1 を占めています。 Project Management Institute, Inc. によると、今後数年間でプロジェクト管理職に大量の欠員が生じることが見込まれており、プロジェクト管理指向のすべての職を埋めるには毎年約 230 万人の従業員が必要となります。企業は、市場での競争力を維持することで戦略的価値を提供するために、問題解決者や関係構築者の採用に注力しており、人材派遣や採用の専門家がこれらのポジションを担うことが求められています。タイムズ・オブ・インディアによると、2023 年 7 月の時点で、IT セクターにおける技術者の雇用は需要の青芽を経験しており、全体的な雇用要件は 2023 年 6 月と比較して 10% 増加しています。このため、BFSI セクターにおける膨大な雇用機会が、IT セクターの雇用機会の増加を促進しています。インドの人材派遣および採用市場。
インドの人材派遣および採用市場分析:
インドの人材派遣および採用市場は、人材派遣のタイプ、採用チャネル、およびエンドユーザーに基づいて分割されています。インドの人材派遣および採用市場は、人材派遣の種類に基づいて、臨時と常勤に分けられます。採用チャネルに関しては、インドの人材派遣および採用市場はオンライン、ハイブリッド、オフラインに分類されます。エンドユーザーに基づいて、人材派遣および人材紹介市場は、ITおよび通信、BFSI、ヘルスケア、不動産などに分類されます。
インドの人材派遣および人材採用市場セグメント分析:
人材派遣のタイプに基づいて、インドの人材派遣および採用市場は、人材採用市場は次のように分類されます。
人材派遣セグメントは、2022 年に人材派遣および人材採用市場でより大きなシェアを占めました。人材派遣とは、フリーランサーとしてまたは契約ベースで働く従業員を雇用することを指します。組織の短期的なニーズは通常、人材を派遣したり、特定の期間に特別なスキルを持つ候補者を雇用したりすることで満たされます。一時的な雇用により、組織は候補者に恒久的なポジションを提供する前に、候補者をテストし、さまざまな役割を果たすスキルと潜在力を評価することができます。派遣労働者はインド経済において重要な役割を果たしています。企業はビジネスニーズを満たすために期間限定で臨時従業員を直接雇用しています。インド人材派遣連盟 (ISF) のレポートによると、人材派遣業界は 2025 年までに 60 億 1,600 万米ドルに達すると予想されています。
主要企業の分析:
インドの人材派遣および採用市場の分析は、年間実績に基づいています。 Quess Corp Limited、TeamLease Services Limited、BigLeap Technologies & Solutions Private Limited、GlobalHunt India Private Limited、Careernet Technologies Pvt. などの主要企業のLtd、ABC Consultants、Innovasource Services Pvt. Ltd、PeopleStrong Technologies Pvt Ltd.、Uplers Solutions Private Limited、および Focuse Management Consultants。市場とそのエコシステムの全体像を把握するために、インドの人材派遣および人材採用市場の他の重要なプレーヤー数社が分析されました。
インドの人材派遣および人材採用市場の最近の動向:
インドの人材派遣および人材採用市場の企業は、無機質な人材派遣および人材採用市場の両方に焦点を当てています。ビジネスの成長のための有機的な戦略。上記の人材派遣および採用市場のプレーヤーによる最近の主な市場動向を以下に示します。
2023 年、ホスピタリティ業界の人材派遣プラットフォーム Shiftz がデリーで立ち上げられ、ホスピタリティ業界の人材派遣プロセスに革命をもたらしました。 Shiftz は、インテリジェントなプロファイル マッチングを使用して、企業が最も適切なオンデマンド労働者を見つけるのに役立つ完全に統合されたシステムです。2022 年、Quess は、迅速かつ透明性のある方法で仕事を見つけるのに役立つ社内デジタル プラットフォーム QJobs を開発しました。このプラットフォームには求職者から 350 万件の登録があり、求人情報には 200 万件の登録がありました。このプラットフォームは、ブルーカラーの求職者の間で高まる雇用機会への需要に応えるために開発されました。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is the incremental growth of the India staffing and recruitment market during the forecast period?

The incremental growth expected to be recorded for the India staffing and recruitment market during the forecast period is US$ 30,469.52 million.

What will be the market size for the India staffing and recruitment market by 2030?

The India staffing and recruitment market is expected to reach US$ 48530.94 million by 2030.

Which are the key players holding the major market share of the India staffing and recruitment market?

The key players holding majority shares in the India staffing and recruitment market are Adecco Group., Randstad N.V.; ManpowerGroup; Recruit Holdings Co., Ltd.; NES Fircroft

What are the future trends of the India staffing and recruitment market?

Automation and AI-driven recruitment is anticipated to play a significant role in the India staffing and recruitment market in the coming years.

What are the driving factors impacting the India staffing and recruitment market?

Huge job opportunities in the BFSI sector, workforce localization in India, rise in demand for contract and temporary staffing are the major factors that propel the India staffing and recruitment market.

What is the estimated market size for the India staffing and recruitment market in 2022?

The India staffing and recruitment market was estimated to be US$ 18061.42 million in 2022 and is expected to grow at a CAGR of 13.2 % during the forecast period 2022 - 2030.

The List of Companies - India Staffing and Recruitment Market

  1. Quess Corp Limited               
  2. TeamLease Services Limited   
  3. BigLeap Technologies & Solutions Private Limited
  4. GlobalHunt India Private Limited   
  5. Careernet Technologies Pvt. Ltd        
  6. ABC Consultants    
  7. Innovsource Services Pvt. Ltd.
  8. PeopleStrong Technologies Pvt Ltd.
  9. Uplers Solutions Private Limited
  10. Focuse Management Consultants

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports