機械的血栓除去装置市場分析レポート | 2031 年の規模、シェア、将来の見通し

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00031450
  • Category : Medical Device
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 機械式血栓除去装置の市場規模は、2022 年の 6 億 9,624 万米ドルから 2030 年までに 11 億 5,724 万米ドルに成長すると予測されています。市場は 2022 ~ 2030 年に 6.5% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:



機械的血栓除去装置は、急性虚血性脳卒中患者の神経血管系から血栓を除去するための幅広い血管内ツールで構成されています。血栓をより早くより完全に除去して脳への血流を回復できれば、患者にとってはより良いことになります。患者にとって最も大きな利点は、機械的血栓除去術が初回の通過または試行で脳卒中を引き起こす血栓を完全に回収(または捕捉)できることです。最初のパスが成功すると、血栓回収の繰り返しの試行が回避されるため、合併症のリスクと処置時間が短縮されます。

機械式血栓除去装置市場で事業を展開する企業は、戦略的開発に焦点を当てています。これには、コラボレーション、拡張、契約、パートナーシップ、新製品の発売などが含まれ、これにより、売上の向上、地理的範囲の拡大、既存よりも大きな顧客ベースに対応する能力の強化に役立っています。たとえば、2023 年 1 月に、Penumbra, Inc. は、米国 FDA) の機械的血栓除去システムであるライトニング フラッシュの認可と発売を発表しました。 Lightning Flash は、Penumbra の新しい Lightning Intelligent Amission テクノロジーを備えており、デュアル血栓検出アルゴリズムが搭載されています。ライトニング フラッシュは、革新的なカテーテル工学と連携して、静脈血栓や肺塞栓 (PE) などの体内の大きな血栓を迅速に除去するために開発されました。

戦略的洞察

成長の原動力: 



CVD および神経疾患の発生率の上昇



神経疾患は、脳、脊椎、および脊椎の疾患です。脳と脊椎を繋ぐ神経で、酸素を含んだ血液を供給します。神経血管系は、動脈と静脈から供給される継続的な酸素と栄養素に大きく依存しています。したがって、システムの欠陥により機能が妨げられ、急速に深刻な問題になる可能性があります。血栓症は、末梢血管疾患、神経血管疾患、その他の疾患で増加しています。血栓症は、脳動脈瘤と密接に関連する生物学的反応であり、脳動脈瘤は壁層の脆弱化によって引き起こされる血管壁の風船状の拡張です。

脳動脈瘤の有病率は世界中で非常に増加しています。脳動脈瘤財団によると、米国では推定 670 万人が未破裂脳動脈瘤を患っており、これは 50 人に 1 人に相当します。世界中で脳動脈瘤が原因で毎年ほぼ 500,000 人が死亡しており、死亡者の半数は 50 歳未満です。

米国心臓協会によると、世界的に脳卒中は 2 番目に多いです。虚血性脳卒中は最も再発するタイプであり、2019 年には世界中の全脳卒中症例の 62.4% を占めています。このタイプの脳卒中は、神経学的死亡と長期にわたる成人障害を引き起こします。したがって、多大な健康と経済的負担を課すことになります。 2019年には世界中で7,719万人が虚血性脳卒中を経験し、6,348万人の障害調整生存年(DALY)と329万人が虚血性脳卒中により死亡した。虚血性脳卒中関連の年齢標準化罹患率、死亡率、DALY率は、1990年から2019年にかけて男女とも減少しました。したがって、上記の疾患の発生率の増加とこれらの症状の重症度により、血栓除去装置市場の成長が促進されると予想されます

レポートのセグメント化と範囲:



「機械的血栓除去装置市場」タイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいてセグメント化されています。タイプに基づいて、市場は吸引カテーテル、ステント リトリーバーなどです。アプリケーションに基づいて、市場は心臓血管、末梢血管、神経血管などに分類されます。エンドユーザーに基づいて、市場は学術分野と学術分野に分類されます。研究機関、病院、クリニック、外来手術センターなど。

セグメント分析:



製品に基づいて、機械式血栓除去装置市場は吸引カテーテルに分類されます。 、ステントレトリーバーなど。吸引カテーテルは柔軟性があり、遠位内径が大きくなっています。ガイド ワイヤーが患者に挿入され、続いて小さなアクセス カテーテルが挿入されます。次に、アクセス カテーテルを使用して、吸引カテーテルを適切な場所に導きます。血栓に到達すると、血栓は小さな破片に砕かれ、ポンプまたは手動吸引を使用してカテーテルを通して吸引できます。

ステント リトリーバーは拡張するワイヤー メッシュ チューブを備えており、血栓を 1 つの部品として除去することを目的としています。レトリーバーはデリバリーカテーテルを使用して配置され、配置されるとメッシュが拡張します。血栓は拡張するメッシュに捕捉され、カテーテル内に引き出されます。

機械的血栓除去装置市場は、アプリケーションに基づいて、生物医薬品製造、細胞および遺伝子治療、組織に分類されます。工学、再生医療など。 2022 年には、心臓血管分野が市場で最大のシェアを獲得しました。しかし、末梢血管セグメントは来年最も速い速度で成長すると予想されています。末梢血管疾患 (PVD) は、脳の閉塞、狭窄、またはけいれんを引き起こす血流障害です。この手順は、静脈系および末梢動脈の血管から塞栓や血栓を除去するために使用されます。これらの低侵襲デバイスは、急性四肢虚血や深部静脈血栓症などの場合に血流を迅速に回復できるようにするために使用されます。

さらに、急性塞栓症と血栓症が最も一般的な原因です。末梢血管閉塞のこと。この疾患は、カテーテル、ステント、ガイドワイヤーなどの末梢血管器具を含む手術によって治療できます。これらのデバイスは、急速な流量を達成するための流体送達方法が異なります。

機械式血栓除去デバイス市場、アプリケーション別 - 2022 年および 2030 年

機械式血栓除去装置市場はエンドユーザーに基づいて製薬とバイオテクノロジーに分類されます企業、受託研究機関および受託製造機関、学術研究機関。病院部門は 2022 年に市場で最大のシェアを占めました。さらに、同じ部門が予測期間中に市場で最高の CAGR を記録すると予想されます。製薬会社は医薬品総生産の大部分を占めています。医療施設の発展により、病院では最新の設備が導入され、デジタル病理学と人工知能が導入されています。これらのテクノロジーは、部門間の通信を支援し、ドメイン全体でのデータの共有も可能にします。クリニックでは、脳血管疾患や脳卒中、多発性硬化症、神経腫瘍学などの神経疾患の診断と治療を提供しています。さらに、脳卒中や脳動脈瘤などの神経性心血管障害の有病率の増加が病院の成長を促しています。

地域分析:



地理に基づいて、世界の機械式血栓除去装置市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南および南西の 5 つの主要地域に分類されます。中央アメリカ、中東、およびアフリカ。 2022 年には、北米が世界の機械式血栓除去装置市場規模で最大のシェアを獲得しました。アジア太平洋地域は、2022 ~ 2030 年に最も高い CAGR を記録すると予想されています。

機械式血栓除去装置市場では北米が最大のシェアを占めています。この地域の市場は米国、カナダ、メキシコに分かれています。この地域の市場の成長は、血栓除去装置の進歩の進展や同地域の心血管疾患の増加などによるものと考えられています。

米国は、北米および世界の機械式血栓除去装置市場に最大の貢献国です。米国における市場の成長は主に心血管疾患の有病率の上昇によるものです。米国心臓協会によると、米国における死亡の 3 人に 1 人は心血管疾患が原因です。さらに、毎年、約 2,300 人のアメリカ人が心血管疾患で死亡しており、平均して 38 秒に 1 人の死亡が記録されています。 CDC によると、2021 年に米国では約 695,000 人が心臓病で死亡しました。これは死亡者の5人に1人に相当します。同情報源によると、2020年には世界中で脳血管疾患に起因する708万人が死亡した(虚血性脳卒中による死亡が348万人、脳内出血(ICH)による死亡が325万人、くも膜下出血による死亡が35万人)。脳血管疾患の増加により、神経血管血栓除去装置市場が推進されるでしょう。

さらに、2020 年にロイヤル フィリップスは、革新的な QuickClear 機械式血栓除去システムを発売しました。コンパクトな使い捨てシステムは、末梢動脈および静脈血管から血栓を除去するための吸引ポンプとカテーテルを一体化させたものです。システムの革新的なオールインワン設計は、資本設備や高価な付属品の必要性を排除しながらも使いやすく、簡単に配置できるため、より迅速な処置時間をサポートします。この QuickClear 機械式血栓除去システムは米国 FDA 510(k) の承認を取得しており、米国で販売可能です

したがって、血栓除去装置の進歩が進み、米国では心血管疾患や脳血管疾患が増加しています。この地域は機械的血栓除去術市場を牽引すると予想されています。

業界の発展と将来の機会:



さまざまな機械式血栓除去装置市場で活動する大手企業による取り組みは以下のとおりです。

  1. 2022 年 2 月、Imperative Care, Inc. は、同社の Zoom POD 吸引チューブを発売しました。脳卒中ケアを向上させる最新のイノベーション。同社の Zoom Stroke Solution へのこの最新の追加により、虚血性脳卒中に対する機械的血栓除去術中に血栓回収の成功を迅速に確認できるようになります。
  2. 2021 年 10 月、フェノックスは、治療のための機械的血栓除去術 pRESET 6-50 デバイスを導入しました。急性大血管閉塞(LVO)脳卒中。
  3. 2021 年 9 月、ボストン サイエンティフィック コーポレーションは、末梢介入に機械的血栓除去プラットフォームを追加するために、WOLF 血栓除去プラットフォームの開発者である Devoro Medical, Inc. を買収しました。ポートフォリオ。革新的な非コンソールおよび溶解剤フリーの WOLF テクノロジーは、動脈系および静脈系の血栓を回収および除去する指のような突起を使用して血栓をターゲットにして捕捉します。
  4. 2019 年 12 月、Vascular Medcure 、Inc. は、末梢血管深部静脈血栓症 (DVT) を治療するための機械装置である最新の CAPERE 血栓切除術システムに関して FDA の認可を取得しました。
  5. 2019 年 4 月、メドトロニックは、患者向け血行再建装置 Solitaire X を発売しました。米国における急性虚血性脳卒中の治療ソリティア ステント リトリーバーは、極小サイズのカテーテルを使用して脳の動脈にアクセスし、血流を回復し、急性虚血性脳卒中を引き起こす血栓を除去します。

競争環境と主要企業:



Stryker、Boston Scientific、Medtronic、Terumo、Johnson & Ltd. Johnson、Penumbra、Spectranetics、Teleflex、Argon Medical Devices、および Edwards Lifesciences は、機械式血栓除去装置の著名な市場企業です。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Stryker
  • Boston Scientific
  • Medtronic
  • Terumo
  • Johnson & Johnson
  • Penumbra
  • Spectranetics
  • Teleflex
  • Argon Medical Devices
  • Edwards Lifesciences

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports