モバイル脅威防御市場規模とシェア| 2031年

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00038945
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[研究レポート] モバイル脅威防御市場規模は、2022 年の 25 億米ドルから 2030 年までに 144 億米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 24.2% の CAGR を記録すると推定されています。

モバイル脅威防御市場: アナリストの視点

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) パンデミックの真っ只中の今日のビジネス環境では、デジタル化が重要です。企業は、デジタル化を導入しながら組織の情報を安全に保つために、さまざまな戦略とソリューションを採用しています。モバイル脅威防御 (MTD) は、モバイル アプリケーションに対するマルウェア攻撃やサイバー脅威に対処する戦略です。デスクトップ ブラウジングと比較してモバイル サーフィンへの依存が高まるにつれ、モバイルでのデータ盗難、ハッキング、ランサムウェア攻撃が増加しており、MTD ソリューションの必要性がさらに高まっています。 MTD は、モバイル ソフトウェアの保護に加えて、保存データ、アプリ、ネットワーク トラフィック、ユーザーのモバイル デバイスに接続されているその他の個人データなど、モバイル デバイスの他の部分も保護します。

多くの企業では、従業員にガジェットの使用を許可しています。コストを削減し、生産量を増やすための取り組み。これは、「Bring Your Own Device」ポリシー、または単に BYOD と呼ばれることもあります。 BYOD の概念の高まりは、モバイル脅威防御ソリューションの必要性を生み出す主要な要因です。

モバイル脅威防御市場の概要:

モバイル脅威防御 (MTD) は、モバイル デバイス向けの高度な保護ソリューションです。サイバー脅威に対して。 MTD ソリューションは、デバイス、ネットワーク、アプリケーションに適用されます。多くの組織では従業員が仕事にモバイル デバイスを使用することを許可していますが、これにより組織の重要な情報がリスクにさらされます。したがって、組織はビジネスのモバイル セキュリティを確保するためにセキュリティ ソリューションを採用しています。 MTD アプリケーションは、オペレーティング システム (OS) のバージョン、ファームウェア、システム パラメーター、デバイス構成をチェックして、異常やその他の脆弱性を特定することにより、モバイル デバイス上の脅威を監視します。これらのソリューションは、ユーザーが権限昇格を通じてネットワークに不正にアクセスするなど、不審なアクティビティを継続的にスキャンします。モバイル ユーザーは、フィッシング、悪意のあるアプリ、中間者攻撃など、あらゆる種類の攻撃にさらされています。モバイル脅威防御ソリューションは、ネットワーク トラフィックを監視して不審なアクティビティを検出します。また、コードを分析し、アプリケーションをリバース エンジニアリングして、グレーウェアやマルウェアを特定します。

MTD ソリューションの採用により、組織は BYOD ポリシーを採用する自信が高まり、深刻な問題になる前に攻撃を阻止し、モバイル ワーカーのリスク レベルを可視化できます。 、企業の機密データがどこにあっても保護されます。したがって、これらのセキュリティ ソリューションのこうした利点により、その需要が増加し、モバイル脅威防御市場規模が拡大します。

モバイル脅威防御市場の推進力:

デジタル決済の増加により、モバイル脅威防御市場の成長が加速します。予測期間

近年、デジタル決済エコシステムが注目を集めています。インターネットの普及とスマートフォンの使用量の増加は、デジタル決済の成長を促進する顕著な要因のいくつかです。新型コロナウイルス感染症危機の発生後、オンライン ショッピングと電子商取引の分野は大きな牽引力を獲得し、オンライン金融取引の成長につながりました。世界銀行の「Global Findex Database 2021」の情報によると、中国を除く発展途上国の成人の約 40% が電話、カード、インターネットでデジタル商取引で支払いを行っており、成人の 3 分の 1 以上がデジタル商取引での支払いを行っています。発展途上国では、公共料金を口座から直接支払いました。これらの取引はパンデミック発生後初めて行われた。これに伴い、デジタル取引の数は年々増加しています。 Razorpay によると、オンライン決済は 2021 年に 2 倍以上に増加し、2020 年と比較して 104% 増加しました。

同様に、ACI Worldwide は、2020 年に世界中で 703 億件を超えるリアルタイム決済トランザクションが処理されたと発表しました。 % (2019 年と比較)。オンライン取引の採用と優先度の増加により、モバイル デバイスはサイバー脅威の高いリスクにさらされています。したがって、MTD ソリューションは、モバイル バンキングと支払いの安全性を確保するのに役立ちます。個人/組織のモバイル デバイスを高度なフィッシング、デバイス、ネットワーク、アプリケーションのサイバー攻撃からリアルタイムで保護するのに役立ちます。デジタル決済システムの台頭により、セキュリティ ソリューションのニーズが急増し、モバイル脅威防御市場の成長を推進しています。

戦略的洞察

モバイル脅威防御市場レポートのセグメント化と範囲:< br>
モバイル脅威防御市場は、オペレーティング システム、企業規模、業種、地理に基づいて分割されています。モバイル脅威防御市場は、オペレーティング システムに基づいて Android と iOS に二分されます。企業規模に基づいて、モバイル脅威防御市場は大企業と中小企業に分類されます。モバイル脅威防御市場は、エンドユーザーに基づいて、IT および通信、BFSI、製造、小売および電子商取引、政府などに分類されます。モバイル脅威防御市場は、地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南米に分割されています。

モバイル脅威防御市場地域分析:

モバイル脅威防御市場は、地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南米に分割されています。北米は、2022 年のモバイル脅威防御市場で最大のシェアを保持します。北米のモバイル脅威防御市場は、米国、カナダ、メキシコで構成されます。

北米は、技術面でも最も急速に成長している地域の 1 つです。 AI、ブロックチェーン、その他の先進テクノロジーの導入が主要な業界全体で行われています。さまざまな業界でデジタル化の浸透が進むにつれて、MTD はビジネス エコシステムの基本的なコンポーネントとなり、特にモバイル デバイスにセキュリティをもたらします。これらのソリューションにより、潜在的なサイバー脅威にさらされているモバイル デバイスにエンドポイント セキュリティを提供できるため、企業におけるモバイル脅威防御ソリューションに対する需要が急速に増加しています。北米のモバイル脅威防御市場シェアは、主にBFSI、ITおよび電気通信、製造、政府、その他の部門からの需要の増加によって牽引されており、モバイル脅威防御はモバイル ソフトウェアを保護するだけでなく、モバイル デバイスの他のコンポーネントにもセキュリティを提供します。ネットワーク トラフィック、アプリケーション、保存されたデータ、その他の個人情報。

モバイル脅威防御市場の主要企業分析:

Cisco Systems, Inc.。イヴァンティ; SAP SE;ブロードコム; AO カスペルスキー研究所;ジンペリウム;センチネルワン;マイクロフォーカス。プラデオ。このレポートでは、モバイル脅威防御市場の主要企業として、Check Point Software Technologies Ltd と Check Point Software Technologies Ltd が挙げられます。

最近の動向:

合併や買収などの無機的戦略と有機的戦略が、次のような企業で高度に採用されています。市場。最近の主な市場動向を以下に示します。

2023 年 11 月、Zimperium は、オーストラリアの主権データセンターでモバイル脅威防御 (MTD) ソリューションの IRAP 評価を開始し、オーストラリア政府への支援を発表しました。これにより、政府機関や重要インフラ組織は、モバイル脅威防御機能を完璧に導入して、モバイル侵害を検出および監視し、データを保護できるようになります。2022 年 6 月、Broadcom は、モバイル脅威防御ソリューションである Workspace ONE ファミリの発売を発表しました。このソリューションは、Workspace ONE Intelligent Hub との新たな統合です。名前が示すように、Android、iOS、Chrome OS モバイル デバイスに対する脅威に対する高度な保護を提供します。このソリューションは、マルウェア、フィッシング、悪意のあるコンテンツ、中間マシン攻撃、不正ネットワークなどから来る脅威に対して使用されます。2018 年 2 月、Orange Cyberdefense は Check Point Software Technologies と提携して、Mobile と呼ばれる新しい Orange サービスを提供しました。脅威からの保護。これにより両社は、多国籍企業が現在および新たな脅威からモバイル デバイス フリートを保護できるよう支援することを目指しています。2023 年 6 月、Pradeo は最新のモバイル脅威防御リリースで MSSP に比類のないメリットを提供しました。 Pradeo のモバイル脅威防御ソリューションの最新バージョンは、MSSP の既存のサービスとスムーズに融合し、管理時間を大幅に短縮するように設計されたターンキー機能を提供します。2022 年 5 月、受賞歴のあるモバイル セキュリティ ソリューション プロバイダーである Corrata は Three UK と提携して、Corrata のモバイル脅威を実現しました。英国 3 社の企業顧客に防衛ソリューションを提供します。 Corrata のモバイル脅威防御ソリューションは、導入と管理が簡単なソリューションで、SMS フィッシング、マルウェア、Wi-Fi ハッキングを含むあらゆるモバイル サイバー攻撃から組織を保護します。この立ち上げはパートナーの CWSI によってサポートされました。2023 年 1 月、Ivanti と Lookout, Inc. は戦略的パートナーシップを延長し、Ivanti Neurons 自動化プラットフォームの一部として Lookout Mobile Endpoint Security を含めることを発表しました。 Ivanti Go と Ivanti Neurons for Modern Device Management を含むこの統合ソリューションは、クラス最高のセキュリティおよび管理ソリューションであり、Ivanti の顧客がモバイル戦略を展開して、組織への全体的なリスクを軽減しながらハイブリッド ワークフォースを保護できるようにします。統合エンドポイント管理とモバイル脅威防御を組み合わせることで、組織はモバイル デバイスを積極的に管理して幅広い攻撃から保護し、Web ベースの高度な攻撃から防御できるようになります。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which are the key players holding the major market share of mobile threat defense market?

The key players, holding majority shares, in mobile threat defense market includes Cisco Systems, Inc.; Ivanti; SAP SE; Broadcom; AO Kaspersky Lab; Zimperium; SentinelOne; Micro Focus; Pradeo; and Check Point Software Technologies Ltd among others.

Which region is holding the major market share of global mobile threat defense market?

The North America held the largest market share in 2022, followed by Europe and Asia Pacific.

What is the estimated global market size for the mobile threat defense market in 2022?

The mobile threat defense market was valued at US$ 2.5 billion in 2022 and is projected to reach US$ 14.4 billion by 2030; it is expected to grow at a CAGR of 24.2% during 2022–2030.

What are the driving factors impacting the Mobile threat defense market?

Rise in digital payments, digitalization, and rising concerns over cyberattacks are the driving factors impacting the mobile threat defense market.

Which is the fastest growing regional market?

Asia Pacific is anticipated to grow with the highest CAGR over the forecast period 2022-2030.

What are the future trends of the mobile threat defense market?

Integration of advanced technologies such as artificial intellegence is the future trends of the mobile threat defense market.

The List of Companies - Mobile Threat Defense Market

  • Cisco Systems, Inc.
  • Ivanti
  • SAP SE
  • Broadcom
  • AO Kaspersky Lab
  • Zimperium
  • SentinelOne
  • Micro Focus
  • Pradeo
  • Check Point Software Technologies Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports