運用およびビジネスサポートシステム市場シェアレポート、成長および予測-2031年

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00031435
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 運用およびビジネスサポートシステム市場は、2022 年の 547 億 2000 万米ドルから 2030 年までに 1,313 億 5000 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 11.6% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

< /h3>

運用およびビジネス サポート システム市場は、技術の進歩、5G サービスの展開、ビジネスの成長を促進するソリューションへの需要の高まりにより、近年大幅な成長を遂げています。

今日の通信業界は、通信インフラストラクチャ、IT サービス、デジタル化の進展におけるエコシステムの変化によって急速な変化を経験しています。先進的なテクノロジーを既存のエコシステムに統合し、顧客に新しいソリューションを導入するために、通信事業者は、請求、フルフィルメント、および保証機能をサポートし、新製品を開発し、規制要件に対処し、競争力を高めるための運用およびビジネスサポートシステムを広く導入しています。今日のマーケットプレイス。運用およびビジネス サポート システムは、通信プロバイダーが分析、クラウド コンピューティング、自動化されたビジネス プロセスを使用してビジネス オペレーションを実行できるように支援します。

ニーズの高まりにより、クラウドベースの運用およびビジネス サポート システムに対する需要が高まっています。請求プロセスの合理化、顧客エクスペリエンスの強化、ビジネスの機敏性の促進などを実現します。したがって、クラウド デジタル運用およびビジネス サポート システム ソリューションの開始が市場の成長を促進します。

市場概要:

通信プロバイダーは業務効率の向上に重点を置くようになり、運用支援システムやビジネス支援システムの導入が進んでいます。

運用支援システム(OSS): OSS ソリューションは、通信事業者が通信ネットワークの健全性を評価および維持するのに役立つ特殊なソフトウェア ツールで構成されます。これらのソリューションは、通信サイト管理にリンクされたすべての運用面の展開、監視、分析、構成に使用されます。

ビジネス サポート システム (BSS): BSS ソリューションにより、通信インフラストラクチャ プロバイダは、通信サイト管理のすべてのビジネスおよび顧客対応特性を処理できるようになります。このソリューションは、請求パラメータ、収益管理、サービス履行、顧客管理、製品カタログ、注文管理、請求などの定義に役立ちます。これは、請求や顧客関係などに対処するのに役立ちます。

OSS は通常、いくつかのサービス注文とサービス保証情報を BSS に渡し、通信に関連するビジネス特性を管理します。収益を保護し、品質を維持するためのサイト管理。運用およびビジネス サポート システムは、マーケティング、契約、製品提供、販売、サービスの提供など、多くのビジネス機能もサポートします。したがって、OSS と BSS のこのような機能が一緒になってこのソリューションの採用を促進し、市場成長の触媒として機能します。

戦略的洞察

市場の推進力:

運用およびビジネス サポートの成長を促進する 5G の導入システム市場

デジタル決済エコシステムは近年注目を集めています。インターネットの普及とスマートフォンの使用量の増加は、デジタル決済を促進する顕著な要因の一部です。パンデミック下ではオンラインショッピングや電子商取引分野の隆盛も進み、オンライン金融取引の成長につながった。世界銀行の「Global Index Database 2021」の情報によると、中国を除く発展途上国の成人の約 40% が電話、カード、またはインターネットでデジタル マーチャントの支払いを行っており、3 分の 1 以上がデジタル マーチャントでの支払いを行っています。発展途上国の成人のうち、公共料金を口座から直接支払った人の割合。これらの取引はパンデミックの開始後初めて行われました。

したがって、オンライン取引の増加により、認証と安全な支払い処理の必要性が生じています。オンライン トランザクションの増加により、収集、処理、分析が必要な加入者の複雑なデータベースが大量に作成されます。これにより、音声とデータの課金と請求が複雑になり、顧客が発生します。請求書、支払い処理、債権回収。したがって、効率的な請求および取引プロセスを実行するために、通信サービスプロバイダーの間で運用およびビジネスサポートシステムの需要と採用が高まっています。たとえば、2020 年 5 月、CSG Systems International Inc. は、ナミビアの大手携帯電話会社である Mobile Telecommunications Ltd (MTC) によって、ビジネス変革の取り組みを主導する人物に選ばれました。 CSG は、リアルタイム充電、コンバージェントビリング、製品カタログ、顧客および収益管理を含む包括的なソリューションを MTC に提供します。したがって、オンライン取引の増加が市場の成長を促進します。

セグメント分析:

運用およびビジネス サポート システム市場は、コンポーネントに基づいてソリューションとサービスに分類されます。ソリューションセグメントは、2022年の運用およびビジネスサポートシステム市場で最大のシェアを占め、予測期間中に運用およびビジネスサポートシステム市場で最高のCAGRを記録すると予想されています。運用およびビジネス サポート システム市場ソリューションは、通信顧客が自動化によって新たなネットワーク収益を加速できるよう支援します。テクノロジー、ドメイン、ベンダー、サービス全体でプロセスとリソースのプロビジョニングをコスト効率よく自動化します。したがって、このようなソリューションの利点は、他の通信プロバイダーに対する競争上の優位性を得るために通信プロバイダーによる導入につながり、それによって運用およびビジネス サポート システム市場の成長を促進します。

さらに、運用およびビジネス サポート システムの市場プレーヤーが提供するマイクロサービスは、通信サービス プロバイダー (CSP) のデジタル トランスフォーメーションを加速します。マイクロサービスは、アプリケーション アーキテクチャで提供される小規模で独立したサービスです。これらのマイクロサービスを提供することで、運用・業務支援システムの市場参加者は、複数の独立したコンポーネントを柔軟に作成・管理できるようになります。これらのマイクロサービスは、システム全体をシャットダウンする必要がなく、システム内の機能を柔軟に追加および拡張できるため、通信プロバイダーの間で人気が高まっています。このタイプの柔軟性により、開発とアップデートの迅速な展開が可能になり、顧客による OSS や BSS などの高度なデジタル ソリューションの採用につながり、運用およびビジネス サポート システム市場の成長を促進します。

地域分析:

北米の運用およびビジネス サポート システム市場は、予測期間中に 10.7% の CAGR で成長すると予測されています期間。高速インターネットとデバイスの接続性の向上に対する消費者からの需要が高まっています。中小企業は、生産量を増やし、プロセスとワークフローを簡素化するためにビジネスをデジタル化しています。接続性の向上に対する需要の高まりにより、いくつかの国の政府は通信部門の強化に投資を行っています。たとえば、2021年12月に米国大統領はインフラ政策に基づく1兆2000億米ドルの投資を発表した。このパッケージの大部分は、ブロードバンド インフラストラクチャと手頃な価格の取り組みを強化するために使用されました。このパッケージは、老朽化したインフラの改修にも焦点を当てていました。さらに、発展途上国では通信産業が台頭しています。したがって、通信業界のこのような隆盛により、効率的な事業運営のためのデジタル ソリューションの使用が求められており、この地域での運用およびビジネス サポート システムの導入につながっています。たとえば、2021 年 11 月に、Amdocs はアメリカの多国籍電気通信持株会社である AT&T によって、Amdocs の活用先として選ばれました。 CES のクラウドネイティブ プラットフォームは、ビジネス サポート システム エボリューション (BSSe) プログラムをサポートします。 Amdocs はまた、長期契約に基づいて AT&T に BSSe 向けの次世代クラウド運用を提供しました。したがって、成長する通信業界におけるこのようなデジタル ソリューションの利用は、北米における運用およびビジネス サポート システム市場の成長を促進します。

世界中の通信プロバイダーによる技術革新は、主要な技術革新の 1 つです。世界の運用およびビジネスサポートシステム市場を促進する原動力。通信プロバイダーが効率的なインフラストラクチャを確立し、顧客に強化されたサービスと満足度を提供し、ITサービスを向上させることに重点を置くようになったことで、運用およびビジネスサポートシステムのソリューションとサービスに対する需要が生じ、それによって運用およびビジネスサポートシステム市場が育成されました。成長。クラウドベースの運用・業務支援システムソリューションは、システム運用の自動化を実現する合理的かつ高効率なシステムを提供します。ライセンス コストを削減し、サーバー構成の自動化、運用の監視、生産性の向上によりクラウドベースのソリューションの導入を推進し、運用およびビジネス サポート システム市場の成長の促進剤として機能します。

主要企業の分析:

運用およびビジネス サポート システム市場は、次のような企業で構成されています。 Amdocs Management Limited、Cisco Systems Inc、CSG Systems International Inc、Hewlett Packard Enterprise Development LP、Huawei Technologies Co Ltd、Netcracker Technology、Nokia Corporation、Optiva Inc、Oracle Corporation、Telefonaktiebolaget LM Ericsson、ZTE Corporation。

最近の動向:

 

合併や買収などの無機的戦略と有機的戦略が、世界の企業で高度に採用されています。 ;業務およびビジネスサポートシステム市場。最近の主要な運用およびビジネス サポート システム市場の動向をいくつか以下に示します。

  • 2021 年 9 月、Amdocs は、Orange がビジネス サポートを提供するために同社を選択したと発表しました。フランスのラニオンで 7 月に導入されたヨーロッパ初の 5G スタンドアロン (SA) 実験クラウド ネットワーク用システム。アムドックス5G の専門知識とクラウドネイティブのデジタル注文、カタログ、収益管理、課金機能により、Orange は 5G 実験ネットワークを展開することができました。
  • 2023 年 3 月、Nokia は Orange and the Administrative Capital によって選ばれました。革新的な運用およびビジネス サポート システム (OSS/BSS) ソフトウェア ソリューションで、エジプト政府所有の都市開発 (ACUD) 会社に選ばれました。これらのソリューションは、エジプトのスマート首都開発における Orange と ACUD をサポートします。このソフトウェアは、スマートシティの居住者がインターネットを使用して公共料金の注文、アクティベーション、支払いを行うのに役立ちます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Amdocs Management Limited
  • Cisco Systems Inc
  • CSG Systems International Inc
  • Hewlett Packard Enterprise Development LP
  • Huawei Technologies Co Ltd
  • Netcracker Technology
  • Nokia Corporation
  • Optiva Inc
  • Oracle Corporation
  • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
  • ZTE Corporation

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports