プライベート 5G ネットワーク市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030292
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Published
  • No. of Pages : 177
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

[調査レポート] プライベート 5G ネットワークの市場規模は、2022 年に 19 億 2,000 万米ドルと評価され、2030 年までに 278 億 7,000 万米ドルに達すると予測されています。プライベート 5G ネットワーク市場は、2022 年から 2030 年にかけて 39.7% の CAGR を記録すると予想されています。
アナリストの視点:
プライベート 5G ネットワークは、パブリック 5G ネットワークと同じように動作するモバイル ネットワークですが、所有者に制限付きアクセスを提供し、ライセンスのあるまたはライセンスのない無線スペクトルを使用する権限を与えます。基本的に、プライベート 5G は、製造工場、港、空港、大学、ビジネスパークなどの閉鎖された施設の環境で従来の 5G の利点を活用します。これは、Wi-Fi やその他のネットワーク テクノロジが提供できる機能を超える特定の機能が必要な場合に、これらのサイトでプライベート ワイヤレス ネットワークを作成するのに役立ちます。カバレッジ、低遅延アクセス、パフォーマンス、プライバシー、セキュリティなどはその例です。
プライベート 5G ネットワーク市場の概要:
プライベート 5G ネットワークは、エンタープライズ、産業、ネットワークを提供する専用のローカル エリア ネットワーク (LAN) です。インターネット アクセスが増加している企業やその他の顧客。次世代ネットワーク サービスは、進化するにつれて、公共の安全、産業運営、重要なインフラストラクチャの接続のための重要な無線通信の要件を満たすと予測されています。さらに、世界市場は主に、ロボット、協調型産業用カメラ、産業用カメラ、産業用センサーなどの産業用モノのインターネット (IIoT) アプリケーション向けの超高信頼性、低遅延接続のニーズの高まりによって押し上げられています。
さまざまなABB Ltd.、Siemens AG、Mercedes-Benz AG などの著名な既存企業は、インダストリー 4.0 の進化に伴い、より高い運用生産性と効率を達成するために、センサーベースのテクノロジーと産業用ロボットを大幅に活用してきました。プライベート 5G ネットワークは、上記の IIoT デバイスに継続的かつ安全なインターネット接続を提供するために重要です。企業のデジタル化も市場の成長を促進します。ビジネスのデジタル化が進むにつれ、業務をサポートするために、より高速で、より信頼性が高く、より安全な接続が必要になります。さらに、Time-Sensitive Networking (TSN) とリアルタイムベースのネットワーキングの需要は、運輸、製造、石油・ガス、航空宇宙など、多くの業界にわたって急速に拡大しています。
プライベート 5G は鉱山分野で大きなチャンスをもたらします。業界も同様に。屋内 5G (スモールセル) の出現は、潜在的なトレンドとして機能しています。したがって、プライベート 5G ネットワークの需要は、TSN 中の高速帯域幅接続とセクター全体のリアルタイム ネットワーキングを提供するために、予測期間中に大幅に発展すると予想されます。
プライベート 5G ネットワーク市場はコンポーネントに基づいて分割されています。 、頻度、エンドユーザー、および地理。コンポーネントごとに、市場はソフトウェア、ハードウェア、サービスに分割されます。周波数に基づいて、プライベート 5G ネットワーク市場はサブ 6 GHz とミリ波に分類されます。プライベート 5G ネットワーク市場は、エンド ユーザーに基づいて、製造、エネルギーと公益事業、自動車、軍事と防衛、政府と公安などに分類されます。地理に基づいて、プライベート 5G ネットワーク市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋 (APAC)、中東およびアフリカ (MEA)、南米 (SAM) の 5 つの主要地域に分類されます。
戦略的洞察
プライベート 5G ネットワーク市場の推進力:
企業ネットワーク市場全体のデジタル化の進展
企業のデジタル化は、デジタル テクノロジーを使用してビジネスを変革するプロセスです。企業のデジタル化により、プライベート 5G ネットワーク市場におけるソリューションの需要が急増しています。ビジネスのデジタル化が進むにつれ、業務をサポートするために、より高速で、より信頼性が高く、より安全な接続が必要になります。プライベート 5G ネットワークは、専用帯域幅、低遅延、高 QoS を提供することで、これらのニーズを満たすことができます。さらに、企業のデジタル化は、プライベート 5G ネットワーク市場におけるソリューションの新しいビジネス モデルにもつながります。たとえば、いくつかのベンダーがマネージド プライベート 5G サービスを提供しています。これにより、企業はインフラストラクチャに投資することなく、プライベート 5G ネットワーク市場でソリューションを展開および管理できます。たとえば、AT&T は、無線およびセルラー ネットワーク上でブロードバンド速度を実現し、これまで有線、帯域幅、伝送の制限によって制約されていた新たな機会を開拓することを約束する 5G エンタープライズ ソリューションを提供しています。
また、いくつかの市場プレーヤーも、この分野で競争力を維持するための取り組みを行っています。市場。たとえば、2023 年に Nokia は DXC テクノロジーと提携して、DXC シグナルのプライベート LTE および 5G ソリューションを開始しました。 Nokia と、フォーチュン 500 のグローバル テクノロジー サービス大手企業の 1 つである DXC Technology は、DXC Signal Private LTE および 5G の提供を発表しました。これは、産業企業の業務のデジタル変革を支援する、マネージド型セキュア プライベート ワイヤレス ネットワークおよびデジタル化プラットフォーム ソリューションです。さらに、Nokia は、タイ全土の 320 万以上の企業がプライベート ワイヤレス ネットワーキング ソリューションを利用できるようにするために、NTT Ltd. と提携し、生産性、業務効率、労働者の安全性を大幅に向上させるデジタル変革を加速すると発表しました。 Nokia 5G プライベート ワイヤレス ソリューションは、タイ全土の複数のエンタープライズ ビジネス パークに導入され、製造、鉱業、ヘルスケア、教育など、国の経済に不可欠なセクターにわたるビジネス クリティカルなアプリケーションとユースケースに革命をもたらすと予測されています。したがって、IoT への要件の高まりにより、プライベート 5G ネットワーク市場におけるソリューションに対する強い需要が生まれています。プライベート 5G ネットワーク市場のソリューションは、IoT アプリケーションが必要とする帯域幅、遅延、信頼性、セキュリティを提供できます。その結果、プライベート 5G ネットワーク市場は大幅に成長しています。
プライベート 5G ネットワーク市場セグメント分析:
コンポーネントに基づいて、プライベート 5G ネットワーク市場はハードウェア、ソフトウェア、およびサービスに分割されます。プライベート 5G ネットワークでは、ハードウェアはネットワークのパフォーマンスと機能を確保する上で重要な役割を果たします。いくつかのハードウェア キー コンポーネントが必要です。基地局 (gNB)、スモール セル、および進化したパケット コア (EPC) などのコア ネットワーク要素などの主要コンポーネントは、ネットワークの全体的な機能を管理し、認証、認可、データ ルーティングなどのタスクを処理します。 IoT、ネットワーク コンポーネント、ユーザー機器、無線ユニット、エッジ コンピューティング、モニタリング、管理ツールなど、さらに重要なコンポーネントがあります。ネットワークの監視と管理用のハードウェアは、最適なパフォーマンスの確保、問題のトラブルシューティング、セキュリティの維持に役立ちます。これらのハードウェア コンポーネントを効果的に統合することは、プライベート 5G ネットワークを導入する組織や企業の特定のニーズを満たすプライベート 5G ネットワークを確立するための鍵となります。したがって、ハードウェア コンポーネントの上記の利点と広範な使用は、ハードウェア セグメントのプライベート 5G ネットワーク市場に有利に働くと予想されます。
プライベート 5G ネットワーク市場の地域分析:
米国、カナダ、メキシコが主要国です。北米。北米は現在、プライベート 5G ネットワーク市場におけるソリューションの最大の市場の 1 つです。これは、新技術を早期に導入している多数の企業や組織、イノベーションとデジタル変革への強い注力、政府などの多くの要因によります。 5G ネットワークの展開のサポート、およびプライベート 5G ネットワーク プロバイダーのよく開発されたエコシステム。さらに、米国はプライベート LTE および 5G ワイヤレス ネットワークの世界有数の市場の 1 つであり、世界市場の 31% を占めています。製造/工場、エネルギー/公共事業、輸送/物流、国防総省は、プライベート ネットワークを使用する国内の主要な業種です。
米国の公益事業会社は、CBRS PAL (優先アクセス ライセンス) スペクトルの保護に多大な投資を行っています。サービス ゾーン内の 900 MHz および 3.5 GHz で。 Ameren、Evergy、Hawaiian Electric、LCRA (Lower Colorado River Authority)、SCE (Southern California Edison)、SDG&E (San Diego Gas & Electric)、Southern Company、および Xcel Energy は、3GPP ベースのプライベート ワイヤレス ネットワークをサポートする実装企業です。グリッド最新化プログラムの。北米のプライベート 5G ネットワーク市場の主要プレーヤーには、AT&T、Verizon、T-Mobile US、Nokia、Ericsson、Cisco、Huawei、IBM、Dell Technologies が含まれます。したがって、プライベート 5G ネットワーク市場にソリューションを展開する利点を認識する企業や組織が増えているため、北米のプライベート 5G ネットワーク市場は今後数年間で急速に成長し続けると予想されます。
プライベート 5G ネットワーク市場の主要企業分析:
AT&T Inc;ブロードコム株式会社;シスコシステムズ社;華為技術株式会社;ノキア株式会社;クアルコムテクノロジーズ株式会社; Telefonaktiebolaget LM Ericsson; T-Systems International GmbH;ベライゾンコミュニケーションズ;
最近の展開:
プライベート 5G ネットワーク市場の企業では、合併や買収などの無機的および有機的な戦略が高度に採用されています。最近の主要なプライベート 5G ネットワーク市場の動向をいくつか以下に示します。
2022 年 11 月、ワイヤレス通信ソリューションの世界的リーダーである JMA Wireless は、クラウドネイティブ 5G XRAN ソリューションを Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) にデプロイすると発表しました。 ) どこでも。 2 つのサービスを組み合わせることで、企業、大学、通信事業者、政府機関は、プライベート 5G ネットワーク市場におけるソリューションの構築、管理、運用のプロセスを簡素化できるようになります。2022 年 10 月、コグニザントはクアルコム テクノロジーズとの連携を拡大しました。 、ジョージア州アトランタの新しい 5G エクスペリエンス センターを通じて企業のデジタル変革を加速します。このコラボレーションでは、5G、IoT、クラウド、データ分析におけるコグニザントの豊富な経験と、クアルコム テクノロジーズのインテリジェント エッジ デバイス、AI、5G 接続ソリューションが組み合わされます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which are the key players holding the major market share of EMC testing market?

The key players, holding majority shares, in private 5G network market includes Telefonaktiebolaget LM Ericsson, Huawei Technologies Co., Ltd., Cisco Systems, Inc., T-Systems International GmbH.

Which country is holding the major market share of private 5G network market?

The US held the largest market share in 2022, followed by Germany.

What is the estimated global market size for the private 5G network market in 2022?

The private 5G network market was US$ 1.92 billion in the year 2022 and is expected to grow at a CAGR of 39.7%, during 2022 - 2030.

What are the driving factors impacting the private 5G network market?

The increasing demand for the IoT can be one of the drivers for the market.

Which is the fastest growing country market?

Germany is anticipated to grow with the highest CAGR over the forecast period.

What are the future trends of the private 5G network market?

The Increasing use of 5G small cells can be a beneficial trend for the private 5G network market.

The List of Companies - Private 5G Network Market

  1. AT&T Inc.
  2. Cisco Systems, Inc.
  3. Huawei Technologies Co., Ltd.
  4. Nokia
  5. Telefonaktiebolaget LM Ericsson
  6. T-Systems International GmbH
  7. Amazon.com, Inc.
  8. Qualcomm Technologies, Inc.
  9. Verizon
  10. Vodafone Limited

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports