衛星 IoT 市場統計レポート - 規模、傾向、予測 - 2031 年

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00030124
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 衛星 IoT 市場規模は、2022 年の 12 億 3000 万米ドルから 2030 年までに 58 億 6000 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 21.5% の CAGR で成長すると推定されています。

衛星 IoT 市場アナリストの視点:

衛星打ち上げ数の増加は、市場の成長を促進する主要な要因の 1 つです。また、家庭やオフィス向けの高速インターネット接続に対する需要の高まりも、衛星IoT市場の成長を後押しする大きな要因の1つです。さらに、従業員の安全を確保し、遠隔操作全体を改善するために、さまざまな遠隔地にある資産を追跡、監視、管理する必要性が、世界中で衛星 IoT の需要をさらに高めています。さらに、国境の保護、遠隔地での通信、リアルタイムのデータ転送など、防衛用途での衛星 IoT ソリューションの使用が増加しており、衛星 IoT 市場の成長をさらに加速しています。さらに、遠隔地でデバイスを管理および追跡する従業員の移動時間を短縮することで企業の持続可能性を変革するための衛星 IoT に対する需要の高まりにより、数百万トンの CO2 排出が防止され、衛星 IoT 市場の成長の機会が生まれます。

衛星 IoT 市場の概要:

衛星 IoT は、ネットワークによって提供される IoT サービスです。衛星の。これにより、オブジェクト間の相互接続が可能になり、人間と人間、または人間とコンピューターの相互作用を必要とせずに、命令を通信したり中継したりできるようになります。衛星インターネット オブ シングは、組織にアプリケーションの接続を確実に監視、追跡、管理する機能を提供します。その使用は、海事市場からマシンツーマシン (M2M) アプリケーションに至るまで、農業、輸送、石油とガス、公益事業、建設などの分野に至るまで、あらゆる業界で見られます。さらに、世界のさまざまな最大手の重機相手先ブランド供給メーカー (OEM) は、導入された資産をリモートで監視および管理するために衛星 IoT デバイスに依存しています。たとえば、コベルコ建機 (KCM) は最近イリジウムと提携し、イリジウムの双方向衛星通信を同社の油圧ショベル機械、重機、およびリモート資産管理プラットフォームに統合しました。これらの IoT サービスを通じて、KCM 機器は真に世界的なサービスを提供できるようになりました。

戦略的洞察

< span>

衛星 IoT 市場の推進力:

衛星打ち上げ数の増加が衛星 IoT 市場の成長を促進します。

< /span>

作業員の安全を確保し、作業効率を向上させるための資産の追跡、監視、管理など、さまざまな用途で衛星のニーズが高まっているため、衛星の打ち上げ数は世界的に増加しています。遠隔操作。いくつかの宇宙機関によると、2012 年から 2021 年にかけて平均して年間約 466 回の小型衛星が打ち上げられ、2022 年から 2031 年にかけて年間 1,846 回の小型衛星の打ち上げに増加すると予想されています。 2012 年から 2021 年にかけてこれら 4,663 台の小型衛星を打ち上げるために、さまざまな国の政府や企業は最大 231 億米ドルを投資し、2022 年から 2031 年にかけてさらに 840 億米ドルを投資すると予想されています。さらに、主に衛星を宇宙に展開するための宇宙ロケットの打ち上げ数も急速に増加しています。 2021年には136回のロケット打ち上げが成功したが、2022年にはその数は180回に増加した。2022年9月には16回の軌道打ち上げが行われ、そのうち8回が中国、6回が南北アメリカ、ヨーロッパで行われた。ロシアはそれぞれ1件ずつ実施した。さらに、ファルコン 9 は 191 基のスターリンク ブロードバンド衛星を打ち上げ、スペース X は 1,465 基のスターリンク衛星を 2022 年に打ち上げました。

再び、2023 年 1 月に、中国は長征 2D キャリア上で 14 基の衛星を打ち上げました。中国北部の山西省の太原衛星発射センターから発射されたロケット。 14 個の衛星には、Qilu-2 および Qilu-3、Luojia-3 01、Jilin-1 Gaofen 03D34 が含まれます。 2023 年 2 月、インド宇宙研究機関 (ISRO) は、SSLV-D2 ビークルによる予定の軌道への 3 機の衛星の展開に成功したと発表しました。 2022 年 7 月、Vaya Space, Inc. は、Vaya Space と衛星コンステレーションを打ち上げるために All2Space と契約を締結したと発表しました。 All2Space は CubeSat の開発者であり、ブラジル宇宙庁の打ち上げアグリゲーターでもあります。したがって、衛星の打ち上げ数の増加は、世界中で強力な IoT 接続を提供し、衛星 IoT 市場の成長を促進するのに役立ちます。

セグメント分析:

周波数帯域に基づいて、衛星 IoT 市場は L 個のセグメントに分類されます。 -バンド、KuおよびKaバンド、Sバンド、その他。 Ku および Ka バンドセグメントは、2022 年に衛星 IoT 市場で最大のシェアを保持し、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。 Ku および Ka バンドの周波数は、速度レーダーや安全レーダーでの使用など、さまざまな用途に使用されます。また、Ka バンド衛星通信 (SATCOM) 周波数は、特に見通し線を超えたネットワーク中心の活動をサポートする小型の航空、海上、移動式陸上プラットフォームの高帯域幅需要を満たすための新たな可能性を開きます。 Ku バンド周波数は衛星放送での応用で最もよく知られています。衛星通信分野で広く使用されています。ニュースフィード、教育ネットワーク、電話会議、スポーツやその他のバックホール、エンターテイメント番組、海外放送はすべて、デジタル テレビにおける高出力衛星の一般的な用途です。したがって、上記のすべての要因が市場におけるこのセグメントの成長を促進しています。

地域分析:

北米では衛星 IoT が大幅に成長すると予想されています予測期間の市場。 2022 年には米国が衛星 IoT 市場で最大のシェアを獲得します。この市場は、Orbcomm、Iridium Communications、Globalstar など、この地域にさまざまな主要な衛星インターネット企業が存在するため、驚異的な成長を遂げています。これらの市場関係者は、この地域に高速接続を提供する革新的なソリューションの提供に継続的に取り組んでいます。たとえば、2022 年 12 月に、イリジウム コミュニケーションズは、新しい衛星 IoT メッセージング サービスであるイリジウム メッセージング トランスポート (IMT) をデビューさせました。これは、Iridium Certus 向けに最適化された双方向のクラウドネイティブ ネットワーク データ サービスで、既存または新規の IoT ソリューションに衛星接続を簡単に追加できるようにします。同様に、2022 年 8 月に、Globalstar は Globalsat Group と提携し、Globalstar の衛星ネットワークを活用した共同開発の IoT ソリューションを導入しました。このソリューションは、ラテンアメリカの遠隔地にある再生可能エネルギー ステーションを監視するように設計されています。初期導入には、地域全体で 23,000 台のデバイスが含まれる予定です。市場関係者によるこのようなイノベーションは、北米の衛星 IoT 市場の成長を促進するでしょう。

 

主要企業分析:

Astrocast、Iridium Communications Inc、Inmarsat Global Limited、Globalstar、Thales、EchoStar Mobile、Eutelsat、 Orbcomm、Commsat、OQ Technology は、衛星 IoT 市場の主要プレーヤーの 1 つです。これらの衛星 IoT 市場プレーヤーは、製品開発とイノベーションに継続的に注力しています。

最近の開発: 

製品の発売、パートナーシップ、協業、合併と買収などの無機的および有機的な戦略は、衛星 IoT 市場の企業で高度に採用されています。これらの企業による最近の主な市場動向を以下に示します。

  • 2023 年 9 月、ユーブロックスは新しい SARA-S520M10L マルチモード セルラーおよびハイブリッド接続に対する業界の需要を満たす、GNSS 測位を組み込んだ衛星 IoT モジュール。このモジュールは、静止 (GEO) 衛星を使用した LTE-M/NB-IoT および L バンド接続を提供します。また、埋め込み型 GNSS ナビゲーション機能も統合されており、最大 4 つの衛星群を使用して位置情報を提供します。
  • 2023 年 8 月、Globalstar, Inc. は、世界をリードする石油化学プロバイダーである INEOS Oxide が Ovinto Sat を導入すると発表しました。ヨーロッパ本土全域での爆発性の高いガスの鉄道および道路輸送を監視および保護するための追跡ソリューション。 Ovinto Sat は、Globalstar の低地球軌道宇宙船と STX3 チップセットによって実現され、信頼性が高く、到達可能で、コスト効率の高い衛星通信を提供します。
  • 2023 年 6 月、Qualcomm Technologies Inc. は 2 つのモデムを発売しました。衛星機能を備えたチップセット: Qualcomm® 212S モデムと Qualcomm® 9205S モデム。新しいモデムは、NTN サービス プロバイダーである Skylo と協力して発売され、衛星および携帯電話ネットワーク全体で IoT デバイスの超低電力と優れた接続を可能にします。
  • 2023 年 5 月に、Thuraya と eSAT が提携します。 Global は、Thuraya の衛星ネットワーク経由で低電力 IoT メッセージを送信することにより、低遅延の衛星直接 IoT テキストメッセージ システムの無線デモンストレーションを完了したと発表しました。
  • 2022 年 12 月、Globalstar, Inc. はアルゼンチンの農業技術新興企業である Wiagro との商業契約を発表しました。この契約に基づき、グローバルスターはウィアグロ社のスマート サイロバッグ用に 2,500 台の ST100 衛星モデム送信機を供給します。これにより、サイロバッグに保管されている穀物の状態を遠隔監視できるようになります。
  • 2022 年 5 月に、ドバイ電力会社は、水道局 (DEWA) は、DEWA-SAT1 と呼ばれる最初の衛星を打ち上げました。ワイルド ネットワークスは、DEWA R&D センターおよび Digital DEWA の通信部門である Infra X と提携して、新しい衛星 IoT ネットワークをサポートする IoT 端末を開発しました。 Wyld は、ネットワーク用の衛星 IoT 端末の提供を担当します。 DEWA-SAT 1 超小型衛星の打ち上げにより、DEWA は超小型衛星を使用して電力および水道ネットワークの保守と計画を改善する最初の公益事業会社となりました。
  • 2020 年 6 月、Globalstar Inc. は、 ST100 は、革新的な組み込み可能な一方向衛星送信機で、世界市場での迅速な製品開発と製造に対応します。 ST100 は、軽量、低消費電力、小型で、アンテナが組み込まれており、すべて 1 つの商用 IoT ボードに搭載されています。 ST100 は、Globalstar Low Earth Orbit (LEO) 衛星群を活用した低コストで信頼性の高い接続を提供し、あらゆる相手先ブランド供給 (OEM) 製品に衛星通信統合機能を提供します。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Astrocast
  • Iridium Communications Inc
  • Inmarsat Global Limited
  • Globalstar
  • Thales
  • EchoStar Mobile
  • Eutelsat
  • Orbcomm
  • Commsat
  • OQ Technology

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports