ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場規模レポート、成長分析、2031 年予測

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00037809
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場規模は、2022 年の 242 億 2000 万米ドルから 2030 年までに 431 億 2000 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 7.5% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場は、技術の進歩、データ主導の意思決定の必要性の増大、ソーシャル メディアの使用の普及、デジタルへの注目の高まりにより、近年大幅な成長を遂げています。変換。クラウドベースのソリューションに対するニーズの高まりは、市場に有利な成長の機会をもたらしています。さらに、人工知能(AI)やビッグデータ分析などの技術開発の成長が市場成長のトレンドとして浮上しています。ただし、データ プライバシーとセキュリティに関する問題、およびデータ プライバシーを遵守するための政府の厳しい規制が市場の成長の制約となる可能性があります。

市場概要:

ソーシャル ビジネス インテリジェンスとは、Facebook、LinkedIn、Twitter などのソーシャル メディア プラットフォームからの情報の研究を指します。これは、ソーシャル メディア分析を視覚化するレポートを作成し、ダッシュボードを構築するプロセスです。企業がデータに基づいてより適切な意思決定を行えるよう支援するために、ソーシャル BI は標準的なレポートおよび BI 技術と組み合わせられることがよくあります。ソーシャル BI ソリューションは、ユーザーが組織の製品やサービスに対する消費者の好みをより深く理解できるように支援します。これらのツールは、ユーザーが傾向を特定し、重大な変化を特定するのにも役立ちます。ソーシャル BI ツールは、競合他社の活動を監視するのにも役立ちます。企業はソーシャル インテリジェンスを利用して、顧客の考えや行動についての洞察を得ることができます。ソーシャル BI ツールは、次のようなさまざまな機能を提供します。

カスタム レポートとダッシュボード: ソーシャル BI ツールではカスタム オプションが可能です。つまり、ユーザーは組織にとって意味のあるものを追加したり、ビジネス上の意思決定にとって意味のない要素。

リアルタイム モニタリング: ソーシャル ビジネス インテリジェンス ツールは、一定期間のデータを収集し、ユーザーがパターンを評価して傾向を特定できるようにします。 >

ソーシャル ビジネス インテリジェンスのベンチマークまたはスコアカード: ソーシャル ビジネス インテリジェンス ツールは、ユーザーが組織のパフォーマンスをより深く理解できるようにベンチマークを提供し、パフォーマンスの測定に役立つ業界のスコアカードも提供します。 span>

今日の現代生活のあらゆる側面には、共有と社会的交流が関係しています。ソーシャル メディア プラットフォームの利用が増加するにつれ、今後数年間でソーシャル インテリジェンスの需要がより広範な役割を果たすようになるでしょう。

戦略的洞察

< /p>

市場の推進力:

市場の成長を促進するソーシャル メディア利用の急増

>

強力なインターネット接続とスマートフォンの大幅な普及により、ソーシャル メディアの使用は、最近最も人気のあるオンライン アクティビティの 1 つとなっています。ソーシャル メディアの使用は、ユーザーの日常的なインターネット使用に不可欠な部分です。 Datareportal 2023 年 4 月によると、世界の半分以上、つまり 60% がソーシャル メディアを使用しています。世界中で 48 億人がソーシャル メディアを使用しており、過去 12 か月以内に 1 億 5,000 万人の新規ユーザーがオンラインにアクセスしました。 Target Internet によると、ユーザー数の上位 3 つのソーシャル ネットワークは Facebook、YouTube、WhatsApp です。 Facebook では、月間ユーザーの 65.86% 以上が毎日ソーシャル メディアにログインしています。 2020 年から 2022 年にかけて、TikTok、Instagram、Snapchat、Pinterest、Twitter が最も高い成長率を示したネットワークです。しかし、TikTokは現在多くの国で禁止されています。 2020 年から 2022 年にかけて、Instagram も大幅に成長し、4 億 7,800 万人のユーザーが追加されました。さらに、Sprout Social のレポートによると、消費者の 53% が、過去 2020 年から 2022 年にかけてソーシャル メディアの利用が増加したと報告しています。Sprout Social のレポートでは、消費者の 68% が主に新しい製品やサービスに関する情報を得るためにソーシャル メディア プラットフォームを使用していることが強調されています。

消費者がソーシャル メディアに費やす時間が増加する中、マーケティング担当者は、ソーシャル ビジネス インテリジェンスの助けを借りて、消費者をブランドに引き込み、ソーシャル メディアから有意義な洞察を得る機会を活用しています。 (BI)ツール。人々はソーシャル メディアで自分の本当の好みやアイデアを共有しており、これにより企業は売上を増やし、マーケティング費用を削減し、顧客と直接関わるための大きな機会が開かれています。企業はソーシャル メディア データから無限の量の重要な洞察や情報を収集できます。したがって、ソーシャル メディアの使用の大幅な普及が市場の成長を促進します。

レポートのセグメント化と範囲:

「ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場」は、コンポーネント、展開、業界、および地理に基づいて分割されています。コンポーネントに基づいて、ソリューションとサービスに分類されます。導入に基づいて、市場はオンプレミスとクラウドに分類されます。業界に基づいて、市場はBFSI、メディアとエンターテイメント、ITと通信、ヘルスケアとライフサイエンス、小売と電子商取引などに分類されます。ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場は、地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、およびアジア太平洋地域に分割されています。アフリカ、南アメリカ。

セグメント分析:

展開に基づいて、ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場はオンプレミスとクラウドに分類されます。ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場のクラウド セグメントは、オンプレミス ソリューションに比べてコスト上のメリットが得られるため、予測期間中に最高の CAGR で成長すると予想されます。クラウドベースのソリューションでは、企業のネットワークにハードウェアやソフトウェアをインストールする必要がなく、IT 部門の関与はメンテナンス時間も含めてほとんど必要ありません。オンプレミスのエコシステムと比較すると、より早く開始されます。また、クラウドベースのソリューションは、オンプレミス ソリューションと比較してはるかに柔軟であり、1 週間以内に導入できます。 Cloud Social BI ツールを使用すると、簡単な質問、直感的な Web ベースのオーサリング インターフェイス、簡単な視覚分析を利用してセルフサービスの洞察を収集できます。さらに、企業はクラウド経由で利用できるハイパフォーマンス コンピューティングを活用して、複雑で大量の分析を行うことができます。このような要因はすべて、市場におけるクラウド セグメントの成長に貢献します。

地域分析:

>

北米は世界最大のソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場シェアを保持しています。北米地域のさまざまな業界におけるハイテク導入の傾向により、ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場の成長が促進されています。ソーシャルメディアプラットフォームの採用増加や政府機関による高額なテクノロジー支出などの要因が、北米のソーシャルビジネスインテリジェンス(BI)市場の成長を促進すると予想されます。さらに、米国には、IBM、Oracle、Microsoft など、ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場のプレーヤーが多数存在し、革新的なソリューションの開発にますます注力しています。さらに、米国、カナダ、メキシコなどの北米諸国でもソーシャルメディア利用者数は年々増加しています。米国では、成人の 74.2% 近くが Facebook を使用し、成人の 60.5% が Instagram を使用しています。さらに、ケピオス氏によると、2023年1月時点で米国のインターネットユーザーは3億1,130万人、ソーシャルメディアユーザーは2億4,600万人だという。2023年1月の米国のソーシャルメディアユーザー数は総人口の72.5%に相当する。このようなすべての要因は、ユーザー生成コンテンツ プラットフォーム市場の成長に貢献します。

主要企業の分析:

< p>ソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場分析は、IBM Corporation などのプレーヤーで構成されています。 SAP SE; SASインスティテュート株式会社; Tableau Software, Inc.、 Qlik Technologies, Inc.;マイクロソフト;株式会社アルテリックス;マイクロストラテジー株式会社;ロジ・アナリティクス株式会社; TIBCO Software, Inc. は、レポートで紹介されている主要なソーシャル ビジネス インテリジェンス (BI) 市場プレーヤーの 1 つです。

最近の動向:

 

市場の企業では、M&A などの無機戦略および有機戦略が高度に採用されています。最近の主な市場動向を以下に示します。

  • 2023 年 6 月、クラウド分析会社 ThoughtSpot は、ビジネス インテリジェンス (BI) プラットフォーム Mode Analytics を買収する契約を発表しました。 2億米ドル相当の現金と株式の取引。このパートナーシップは、世界中のデータ チームがそれぞれのテクノロジーを組み合わせて包括的な分析ツール スイートを提供することで、生成 AI を使用してビジネス インテリジェンスを変革できるようにすることを目的としていました。
  • 2023 年 5 月、Gong は Gong Insights の立ち上げを発表しました。 、スノーフレークを搭載。この新しいソリューションは、Gong Revenue Intelligence Platform で取得した洞察を企業の既存のビジネス インテリジェンス (BI) ツールに自律的にもたらします。この新しい製品により、ビジネス リーダーは、Gong の豊富なデータセットと残りの重要なビジネス インサイトを活用して、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うことができます。
  • 2022 年 11 月、IBM は新しいソフトウェア IBM Business Analytics Enterprise を発表しました。は、企業がデータと分析のサイロを打破し、データに基づいた意思決定を迅速に行い、予測不可能な混乱に対処できるようにすることを目的としています。 IBM Business Analytics Enterprise は、ビジネス インテリジェンスの計画、予算編成、レポート作成、予測、およびダッシュボード機能のスイートです。これにより、ユーザーはビジネス全体にわたるデータ ソースの堅牢なビューを得ることができます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • IBM Corporation
  • SAP SE
  • SAS Institute Inc.
  • Tableau Software, Inc.
  • Qlik Technologies, Inc.
  • Microsoft Corporation; Alteryx Inc.
  • MicroStrategy, Inc.
  • Logi Analytics, Inc.
  • TIBCO Software, Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports