エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析 | 2031年

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00038938
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Published
  • No. of Pages : 162
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

[調査レポート] エレクトロニクスおよび半導体市場規模の支出分析は、2022 年に 5 億 3,756 万米ドルと評価され、2030 年までに 17 億 6,915 万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 16.1% の CAGR を記録すると推定されています。

エレクトロニクスおよび半導体市場アナリストの支出分析:

人工知能 (AI)、生成 AI、ビッグデータの統合データ分析、モノのインターネット (IoT)、クラウド コンピューティング、ロボット プロセス オートメーション (RPA)、画像認識、その他のテクノロジーにより、今後数年間で支出分析ソリューションの機能が強化されると予想されます。支出分析に関連する技術の進歩は、人工知能 (AI) の統合によって推進されています。 AI により、機械やソフトウェア アプリケーションは人間の認識のように推論、学習、動作できるようになります。この機能により、AI システムは複雑なデータセットを分析し、パターンを認識し、入手可能な情報に基づいて情報に基づいた意思決定を行うことができます。 AI テクノロジーの台頭により、強力で効率的な半導体チップに対する需要も高まりました。 AI システムには、大量のデータをリアルタイムで処理および分析するための高性能コンピューティング機能が必要です。この需要により、AI ワークロードに最適化された特殊な AI チップの開発が推進されています。したがって、AI ベースの支出分析の実装の拡大により、今後数年間でエレクトロニクスおよび半導体市場の成長のための支出分析に十分な機会が生まれると予想されます。

エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析の概要:

エレクトロニクスおよび半導体市場の世界的な支出分析は、大幅な成長を達成する可能性を示しており、今後数年間で拡大し続けると推定されています。データ統合と複雑なデータ分析の進歩は、エレクトロニクスおよび半導体市場の成長のための支出分析に大きな影響を与えると予想されます。市場のエコシステムには、ソフトウェア開発者、コンサルティングおよび顧問会社、エンドユーザーなど、さまざまな利害関係者が関与しています。ソフトウェア開発者は、エレクトロニクスおよび半導体業界の企業の共通または特定の要求に基づいて支出分析ソフトウェアを作成および保守するために不可欠です。コンサルティングおよび顧問会社は、エレクトロニクス企業や半導体企業における支出分析ソフトウェアの導入において重要な役割を果たしています。彼らの専門知識は、技術的能力とビジネス ニーズの間のギャップを埋め、分析ソリューションの導入を確実に成功させます。エレクトロニクスおよび半導体の支出分析のエンド ユーザーには、電子機器製造サービス プロバイダー、OEM メーカーなどが含まれます。

戦略的洞察

エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析: 推進力

原材料価格の変動がエレクトロニクスおよび半導体市場の成長を促進する支出分析

エレクトロニクスおよび半導体市場の予測に対する世界的な支出分析は、原材料価格の変動の影響を含むさまざまな要因の分析に基づいています。チップの販売と需要の変動は、エレクトロニクスおよび半導体業界で事業を展開する企業の全体的な収益と収益性に影響を与える可能性があります。特に、最大の受託チップメーカーであるTSMCの本拠地である台湾は、家庭用電化製品、モバイル機器、データセンター、軍用機など、さまざまな分野で広く利用されている半導体の著名な生産国として重要な役割を果たしてきた。市場における原材料価格の不確実性はサプライチェーンを混乱させ、電子部品や半導体の入手可能性や価格に影響を与える可能性があります。また、半導体不足は、原材料価格や新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる混乱などの市場の変動など、さまざまな要因に起因すると考えられる。エレクトロニクスおよび半導体企業は、競争力を維持しながらコスト効率の高い製品を提供しようと努めていますが、市場の変動や原材料価格の不確実性の中で戦略的な意思決定を行うという課題に直面しています。これは、エレクトロニクスおよび半導体市場予測の導入の可能性を高めることにより、支出分析の進歩に利益をもたらします。さらに、原材料価格の変動により、困難な時代を乗り切るための戦略的な意思決定が必要になります。したがって、非効率の特定と調達プロセスの最適化を促進し、効果的なコスト管理に必要な情報に基づいた意思決定を支援するために支出分析が組み込まれています。支出分析は、支出パターン、サプライヤーの業績、市場動向に関する貴重な洞察を提供することで、企業がデータに基づいた成果を上げ、それに応じて戦略を適応できるようにします。エレクトロニクスおよび半導体市場で事業を展開している企業は、支出分析を活用することで、支出パターンを包括的に理解し、コスト削減の機会を特定し、リスクを軽減し、市場のボラティリティや不確実性に直面しても全体的な財務パフォーマンスを向上させることができます。したがって、原材料価格の変動は、エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析の予測値の成長に寄与します。

エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析: セグメント

エレクトロニクスの世界的な支出分析半導体市場は、コンポーネント、タイプ、展開、およびアプリケーションに基づいて分割されます。コンポーネントに基づいて、市場はソフトウェアとサービスに二分されます。タイプに基づいて、市場は予測分析、処方分析、記述分析に分類されます。導入に基づいて、市場はオンプレミスとクラウドに二分されます。アプリケーションに基づいて、市場は財務管理、リスク管理、サプライヤーの調達とパフォーマンス管理、ガバナンスとコンプライアンスの管理、需要と供給の予測などに分類されます。エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析は地域ごとに、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋 (APAC)、中東およびアフリカ (MEA)、南米 (SAM) に分類されます。

支出分析ソフトウェアには次のものが含まれます。複数のソースと異種システム (調達カード、買掛金、発注書、その他あらゆる購買チャネル) にわたる全社的な支出情報をあらゆる形式で管理します。このソフトウェアは、大量の情報から意味を推定することにより、支出データを機会に変換して表示します。可視化を通じて調達活動を変革し、企業全体の支出をより適切に管理できるようにします。エレクトロニクス製品や半導体製品の製造の急増により、膨大な量のデータが急速に生成されています。このため、データの品質を向上させる必要が生じますが、これは支出分析ソフトウェアを使用することで実現できます。いくつかの企業は、エレクトロニクスおよび半導体市場シェアの支出分析を改善するための高度なソリューションを立ち上げました。たとえば、2022 年 2 月、事業支出管理 (BSM) ソリューションのプロバイダーである Coupa Software は、次世代の支出管理ソリューション スイートである Community.ai の立ち上げを発表しました。 Coupa は、データ駆動型人工知能の力と個人間の関係を組み合わせることにより、買い手と売り手の間のやり取りを改善し、B2B コミュニティを変革します。

エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析: 地域

アジア太平洋地域のエレクトロニクスおよび半導体市場規模の支出分析は、2022 年に 3 億 3,216 万米ドルと評価され、2030 年までに 11 億 5,118 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年までに 16.8% の CAGR を記録すると予想されています。アジア太平洋地域のエレクトロニクスおよび半導体市場規模の支出分析は、今後数年間で急速な成長を遂げると予測されており、この地域はエレクトロニクス分野で最大の支出分析を保持すると予想されています。予測期間全体の半導体市場シェア。この地域の市場の進歩は、消費者や企業の間で分析ツールの受け入れが増えていることに起因すると考えられます。アジア太平洋地域では、分析ツールの導入増加により、支出分析ソフトウェアの需要が高まっています。ビッグデータと分析セクターの成長。また、電気通信、銀行、中央政府、個別製造、プロフェッショナル サービスなどの業界特有のニーズにも対応します。中国、日本、インドは、データの爆発的増加、都市化、機械学習の開発、および多くの中小企業によって推進され、この地域で支出分析導入の最前線に立っています。アジア太平洋地域の主要なエレクトロニクスおよび半導体メーカーには、Powerchip Semiconductor Manufacturing (PSMC)、Taiwan Semiconductor Manufacturing Company (TSMC)、United Microelectronics (UMC)、および Vanguard International Semiconductor (VIS) が含まれます。これらの企業は、同社が開発したソリューションを利用しているか、潜在的な顧客となっています。エレクトロニクスおよび半導体市場分析の支出分析で考慮される主要企業。

支出分析の利用が拡大することで、エレクトロニクスおよび半導体分野の組織は購入プロセスを最適化し、十分な情報に基づいて支出に関する決定を下せるようになります。支出パターンを分析することで、組織はコストを削減し、サプライヤーを効果的に管理し、サプライチェーンの混乱から生じるリスクを軽減する機会を特定できます。支出データを綿密に監視および分析することで、組織は代替サプライヤーを特定し、コストを効果的に管理し、電子部品や半導体の安定供給を確保できます。このような要因が、APAC のエレクトロニクスおよび半導体市場シェアの成長を推進しています。

エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析: 主要企業

Coupa Software Inc、IBM Corporation、Ivalua Inc、Lytica Inc 、NB Ventures Inc (GEP)、SAP SE、Scanmarket AS、Synertrade Inc、Vortal Connecting Business SA、Zycus Inc は、エレクトロニクスおよび半導体市場分析の支出分析の対象となる主要企業です。エレクトロニクスおよび半導体市場エコシステムの支出分析の全体像を得るために、この調査研究中に他のいくつかの大手企業が分析されました。

エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析の最近の展開:

エレクトロニクスおよび半導体市場のプレーヤーの支出分析では、無機戦略と有機戦略が高度に採用されています。エレクトロニクスおよび半導体市場の支出分析レポートの主要な進展のいくつかを以下に示します。

2024 年 1 月、AW Rostamani Group (AWR) と GEP は、Source-to-Pay (S2P) プロセスを変革するために提携しました。 AI主導の調達およびサプライチェーンソフトウェアプロバイダーのGEPはAWRと協力します。後者は、GEP のソフトウェアを使用して、ソースから支払いまで (S2P) プロセス全体の変革と、調達、サプライヤー、契約管理を含む支出分析を支援することを確認しました。BSM ソリューションのプロバイダーである Coupa Software は、2022 年 2 月に、は、次世代支出管理ツールのスイートである Community.ai のリリースを発表しました。 Coupa は、データ駆動型人工知能の機能と個人間の対話を組み合わせて、B2B コミュニティと買い手と売り手のつながり方を改善します。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which is the fastest-growing region in spend analytics for electronics and semiconductor market?

APAC is anticipated to grow with the highest CAGR over the forecast period.

Which is the leading component segment in the spend analytics for electronics and semiconductor market?

The software segment led the spend analytics for electronics and semiconductor market with a significant share in 2022 and services segment is expected to grow with the highest CAGR.

What will be the spend analytics for electronics and semiconductor market size by 2030?

The spend analytics for electronics and semiconductor market are expected to reach US$ 1769.15 million by 2030.

Which key players hold the major market share of the spend analytics for electronics and semiconductor market?

The key players holding majority shares in the spend analytics for electronics and semiconductor market include Coupa, GEP/NB Ventures, IBM, Lytica, and SAP

What is the estimated market size for the spend analytics for electronics and semiconductor market in 2022?

The spend analytics for electronics and semiconductor market was estimated to be valued at US$ 537.56 million in 2022 and is expected to grow at a CAGR of 16.1% during the forecast period.

What are the future trends of the spend analytics for electronics and semiconductor market?

The growing implementation of AI-based spend analytics is expected to drive the growth of the spend analytics for electronics and semiconductor market in the coming years.

What are the driving factors impacting the spend analytics for electronics and semiconductor market?

Fluctuations in raw materials prices and rise in demand for consumer electronics are driving factors of spend analytics for electronics and semiconductor market.

The List of Companies - Spend Analytics for Electronics and Semiconductor Market

  1. Coupa Software Inc            
  2. International Business Machines Corp        
  3. Ivalua Inc                
  4. Lytica Inc                
  5. NB Ventures Inc                  
  6. SAP SE      
  7. Scanmarket AS     
  8. Synertrade Inc      
  9. Vortal Connecting Business SA      
  10. Zycus Inc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports