無人交通管理市場 - 2031 年の成長予測、統計、事実

  • Report Code : TIPAD00002268
  • Category : Aerospace and Defense
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Buy Now

無人交通管理市場規模は、2023 年の 9 億 1,000 万米ドルから、2031 年までに 33 億 7,000 万米ドルに達すると予測されています。市場は、2023 年から 2031 年にかけて 17.8% の CAGR を記録すると予想されています。 UTM におけるブロックチェーンの適用の増加は、今後も市場の主要なトレンドとなる可能性があります。CAGR of 17.8% during 2023–2031. Increasing application of blockchain in UTM is likely to remain a key trend in the market.

無人交通管理市場分析

無人交通管理ソリューション製品の製造に関する厳しい規制基準は、新規参入者にとって重要な課題です。航空交通を制御するための基準を満たす義務付けられた規制は、市場への新規参入者にとって潜在的な課題を生み出していました。したがって、新規参入者にとって市場への参入障壁となる。したがって、新規参入者の数が減れば、既存のプレーヤーは競争市場で強力な潜在的シェアを維持できるようになります。したがって、これらの要因により、新規参入者に対する脅威は低程度から中程度になります。

無人交通管理市場の概要

世界の無人交通管理市場エコシステムの主要な利害関係者には、ハードウェア メーカー、ソフトウェア開発者、UTM システム プロバイダー、および最終用途が含まれます。ハードウェア メーカーは、アンテナ、カメラ、センサーなどのシステムのさまざまなコンポーネントの開発で構成されるシステム メーカーです。世界中でドローンやUASの売上が増加しているため、航空交通量の増加に伴う無人交通管理の需要が高まっており、UTMメーカーも持続可能な成長の機会を経験しています。次に、ソフトウェア開発者は、意思決定のためのすべてのデータを収集および視覚化するためのプラットフォームを提供するソフトウェアを設計します。 UTM システムのメーカーは、ソフトウェアとハ​​ードウェアを 1 つのシステムに統合します。主要な UTM システム プロバイダーには、Lockheed Martin Corp などがあります。タレスSA;フリークエンティスAG;エアバスSE;およびレイセオン テクノロジーズ コーポレーション (コリンズ エアロスペース システムズ)。これらの UTM プロバイダーは、適切な機能を実現するために、無人トラフィック管理の進歩に常に取り組んでいます。無人交通管理市場の主な最終用途には、軍用および民間航空会社が含まれます。

要件に合わせてリサーチをカスタマイズ

当社の標準製品では満たされない分析と範囲を最適化し、調整することができます。この柔軟性により、事業計画や意思決定に必要な正確な情報を得ることができます。

無人交通管理市場:

無人交通管理市場

  • CAGR (2023 - 2031)
    17.8%
  • 2023 年の市場規模
    9 億 1,000 万ドル
  • 2031 年の市場規模
    33 億 7,000 万ドル

市場動向

成長の原動力
  • UAS の進歩により UTM の適用が増加UAS leading to increasing application of UTM
  • 物流とサプライチェーン管理におけるドローンの導入が急増
将来の動向
  • UTM でのブロックチェーンの適用UTM
  • AIとMLの統合
機会
  • ドローン操縦者、航空当局、関係者間の連携の高まり

キープレーヤー

  • ロッキード・マーチン社
  • レオナルド スパ
  • タレスグループ
  • レイセオン テクノロジーズ株式会社
  • Altitude Angel Ltd
  • フリークエンティス AG
  • エアマップ株式会社
  • NVを統合する
  • ワンスカイシステムズ株式会社
  • エアバス

地域概要

  • 北米
  • ヨーロッパ
  • アジア太平洋地域
  • 中南米
  • 中東とアフリカ

市場セグメンテーション

タイプ
  • 永続的なUTM
  • 非永続的 UTM
成分
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
応用
  • コミュニケーション
  • ナビゲーション
  • 監視と監視
最終用途
  • 農林業
  • 物流と輸送
  • 監視
  • その他
  • サンプル PDF では、コンテンツの構造と情報の性質を定性的および定量的分析で紹介します。

無人交通管理市場の推進力と機会

物流とサプライチェーン管理におけるドローン導入の急増

サプライ チェーン マネジメント (SCM) は、ほとんどのビジネスにとって重要な側面であり、企業の機能に直接的または間接的に影響を与える可能性があります。インダストリー 4.0 の採用の増加と、あらゆるビジネス領域でのモノのインターネット (IoT) 対応デバイスの統合の増加に伴い、SCM ではテクノロジーの統合も進んでいます。テクノロジーの導入には影響もありますが、そのような導入による利点はほとんどの場合、課題を上回ります。利点としては、効率の向上、運用コストの削減、データの安全性が挙げられます。技術導入の増加に伴い、UAV および UAS 技術は、その利点により輸送および物流業界での注目を集めています。ドローンは、在庫管理、「紛失」商品の追跡、倉庫間の商品の移動、ラストワンマイル配送など、サプライチェーン全体のさまざまなポイントで利用されています。比較的新しいドローンの用途には、マルチ UAV 並行配送と呼ばれるトラック ドローン コラボレーションが含まれます。この連携では、ドローンが配送トラックから直接複数の目的地へ配送を実行します。数百マイルにわたって大きな重量を運ぶことができる貨物用 UAV の開発により、この業界でのドローンの導入がさらに促進されます。 2022年7月、Amazon.com, Inc.は、2022年末までにテキサス州カレッジステーションで顧客にドローンで荷物を配送する計画を発表した。同社は2022年6月、一部の荷物をドローンで配送する計画を発表した北カリフォルニアの町ロックフォードにある。このような発展により、無人交通管理市場の成長が促進されています。

ドローン操縦者、航空当局、関係者間の連携の高まり

ドローン操縦者は、主に提供される利点を理由に、無人航空機の普及を推進してきました。しかし航空当局は、こうした車両がどこでどのように運用されるかについては慎重だ。研究機関や研究機関は、UTM の開発に向けて双方と協力してきました。 UTM のさまざまな関係者間の連携を強化することで、ドローンや UAV のより高速かつ安全な商用アプリケーションを確保できます。同じことへの理解が高まるにつれ、すべての関係者は規則を調和させ、VLOS および BVLOS でのドローン運用のための規制枠組みを開発するために定期的に協力してきました。

無人交通管理市場レポートのセグメンテーション分析

無人交通管理市場分析の導出に貢献した主要なセグメントは、タイプ、コンポーネント、アプリケーション、エンドユーザーです。

  • 無人トラフィック管理市場は、タイプに基づいて永続的 UTM と非永続的 UTM に二分されます。永続的な UTM セグメントは、2023 年にはより大きな市場シェアを保持しました。
  • 無人交通管理市場は、コンポーネントに基づいてハードウェアとソフトウェアに二分されます。 2023 年にはハードウェア部門がより大きな市場シェアを獲得しました。
  • 無人交通管理市場は、アプリケーションに基づいて、通信、ナビゲーション、監視および監視などに分類されます。 2023 年には通信セグメントがより大きな市場シェアを獲得しました。
  • エンドユーザーに基づいて、無人交通管理市場は農業と林業、物流と輸送、監視などに分類されます。 2023 年には防衛および法執行部門がより大きな市場シェアを獲得しました。

地域別無人交通管理市場シェア分析

無人交通管理市場レポートの地理的範囲は、主に北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、および世界のその他の地域の4つの地域に分かれています。

2023 年の市場は北米が独占し、続いてヨーロッパとアジア太平洋地域が続きます。さらに、アジア太平洋地域でも今後数年間で最も高い CAGR が見込まれる可能性があります。 2023 年の北米の無人交通管理市場は米国が独占しました。米国では、フロリダ、アイダホ、ミネソタ、サウスダコタなどでドローンの使用に関する 11 種類の法律が制定され、政府の規制が後押しされ、無人交通管理市場は成長すると予想されています。山火事管理を含む緊急事態管理従事者にドローンの使用を許可することなど。また、アイダホ州とミネソタ州は法執行機関に対し、交通事故の再建、捜索救助活動、訓練目的など特定の目的で無人航空機システム(ドローン)を運用することを許可していた。米国の各州は、さまざまな用途で社会を改善するためにドローンを飛行させるための規制を策定していた。したがって、今後のドローンに対する規制により、空を飛ぶ無人車両の数が増加すると予想されており、これが市場の成長を促進する交通管理システムの需要を活用しています。さらに、政府による支援的な資金提供の取り組みも、この国の市場成長にさらに貢献しています。たとえば、2021 年 3 月には、米空軍の Agility Prime イニシアチブが、「認証へのエアレース」プログラムに参加する約 20 機の異なる eVTOL 航空機の飛行試験と認証の取り組みに資金を提供します。イニシアチブ Agility Prime は、短期的な eVTOL 研究開発 (R&D) 作業に従事する中小企業、大学、その他の非営利研究機関からなる 257 チームにも資金を提供しています。したがって、このような取り組みにより、無人航空機の導入が加速し、市場の成長を推進しています。

無人交通管理市場レポートの範囲

レポート属性詳細
2023年の市場規模9.1億米ドル
2031年までの市場規模33億7000万米ドル
世界の CAGR (2023 ~ 2031)17.8%
歴史的なデータ2021-2022
予測期間2024~2031年
対象となるセグメントタイプ別
  • 永続的なUTM
  • 非永続的 UTM
コンポーネント別
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
用途別
  • コミュニケーション
  • ナビゲーション
  • 監視と監視
最終用途別
  • 農林業
  • 物流と輸送
  • 監視
  • その他
対象となる地域と国北米
  • 私たち
  • カナダ
  • メキシコ
ヨーロッパ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • ロシア
  • イタリア
  • ヨーロッパの残りの部分
アジア太平洋地域
  • 中国
  • インド
  • 日本
  • オーストラリア
  • 残りのアジア太平洋地域
中南米
  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • 南アメリカおよび中央アメリカの残りの地域
中東とアフリカ
  • 南アフリカ
  • サウジアラビア
  • アラブ首長国連邦
  • 残りの中東およびアフリカ
市場のリーダーと主要な企業概要
  • ロッキード・マーチン社
  • レオナルド スパ
  • タレスグループ
  • レイセオン テクノロジーズ株式会社
  • Altitude Angel Ltd
  • フリークエンティス AG
  • エアマップ株式会社
  • NVを統合する
  • ワンスカイシステムズ株式会社
  • エアバス
  • サンプル PDF では、コンテンツの構造と情報の性質を定性的および定量的分析で紹介します。

無人交通管理市場のニュースと最近の動向

無人交通管理市場は、重要な企業出版物、協会データ、データベースなどの一次および二次調査後の定性的および定量的データを収集することによって評価されます。無人交通管理市場における発展のいくつかを以下に示します。

  • タレスとタイコムは、アジアの大手衛星通信事業者で統合衛星通信プロバイダーであるタイコムの子会社を通じて、タイにおけるドローンエコシステムの成長を可能にする無人交通管理(UTM)フレームワークの基礎を確立します。 (出典: タレス、プレスリリース、2024 年 4 月)
  • CAL Analytics は、オハイオ州運輸省 (ODOT) と協力して、州全体の業務をサポートするドローン用の低空航空交通管理システムを立ち上げました。 (出典: CAL Analytics、プレスリリース、2024 年 3 月)

無人交通管理市場レポートの対象範囲と成果物

「無人交通管理市場規模と予測(2021年から2031年)」レポートは、以下の分野をカバーする市場の詳細な分析を提供します。

  • 無人交通管理の市場規模と、対象となるすべての主要市場セグメントの世界、地域、国レベルでの予測
  • 無人交通管理市場の動向、およびドライバー、拘束装置、主要な機会などの市場動向
  • 詳細なポーターのファイブフォース分析
  • 主要な市場動向、世界および地域の枠組み、主要プレーヤー、規制、最近の市場動向をカバーする無人交通管理市場分析
  • 市場集中、ヒートマップ分析、著名なプレーヤー、無人交通管理市場の最近の動向をカバーする業界状況と競争分析
  • 詳しい会社概要
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which region dominated the unmanned traffic management market in 2023?

North America region dominated the unmanned traffic management market in 2023.

What are the driving factors impacting the unmanned traffic management market ?

Advancement in UAS leading to increasing application of UTM and surge in adoption of drones in logistics & supply chain management are some of the factors driving the growth for unmanned traffic management market.

What are the future trends of the unmanned traffic management market ?

Application of blockchain in UTM is one of the major trends of the market.

Which are the leading players operating in the unmanned traffic management market ?

Lockheed Martin Corporation, Leonardo SpA, Thales Group, Raytheon Technologies Corporation, Altitude Angel Ltd, Frequentis AG, AirMap Inc, Unify NV, Onesky Systems Inc, and Airbus SA are some of the key players profiled under the report.

What would be the estimated value of the unmanned traffic management market by 2031?

The estimated value of the unmanned traffic management market by 2031 would be around US$ 3.37 billion.

What is the expected CAGR of the unmanned traffic management market ?

The unmanned traffic management market is likely to register of 17.8% during 2023-2031.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports