米国の電子医療記録 (EHR) 市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00031430
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 114
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

米国の電子医療記録市場規模は、2022 年の 156 億 3,411 万米ドルから 2030 年までに 399 億 9,372 万米ドルに成長すると予測されています。市場は、2022 ~ 2030 年に 12.5% の CAGR を記録すると推定されています。
市場洞察とアナリストの見解:
電子医療記録は、医療提供者によって長期間にわたって維持される患者の病歴の電子版です。これには、特定のプロバイダーによる、人口統計、経過記録、問題、投薬、バイタルサイン、過去の病歴、予防接種、検査データ、放射線医学レポートなど、主要な管理データと臨床データのすべてが含まれる場合があります。電子医療記録は情報へのアクセスを自動化し、臨床医のワークフローを合理化する可能性があります。電子医療記録は、証拠に基づく意思決定サポート、品質管理、結果報告など、さまざまなインターフェースを通じて直接的または間接的に他のケア関連活動をサポートすることもできます。電子医療記録の導入の増加、連邦政府によるインセンティブの増加、投薬ミスの発生率の増加が市場の成長を推進しています。
成長の原動力:
電子医療記録の採用の増加
医療業界のデジタル化の進展に伴い、電子医療記録の人気が高まっています。 New England Journal of Medicine によると、2009 年に経済的および臨床的健康のための医療情報技術 (HITECH) 法が成立するとすぐに、連邦政府は医療施設が全国規模の医療情報交換システムを導入するのを支援するために 3 億米ドルを投入しました。メディケアおよびメディケイド サービス センター (CMS) も、電子医療記録の導入に対して 350 億米ドルを超える奨励金を提供しました。国家医療情報技術調整官局 (ONC) によると、2021 年の時点で、勤務医の約 5 人に 4 人 (78%) と、連邦以外の急性期病院のほぼすべて (96%) が認定電子医療を導入しています。記録。これは、2011 年以降、病院の 28%、医師の 34% が電子医療記録を導入しており、この 10 年間でかなりの進歩を遂げました。2020 年の Definitive Healthcare データによると、全病院の 89% 以上が入院患者または外来 EHR システムを採用していました。< br>さらに、2020年5月、米国連邦政府は、医療提供者による電子医療記録の使用を義務付ける連邦医療IT戦略計画2020~2025を提案しました。上記の事実と統計により、電子医療記録の導入率は予測期間中に引き続き向上すると予想されることは明らかです。
連邦政府による奨励金の増加
政府は訓練に数十億ドルを投資しています。医療情報技術従事者と、技術的なアドバイスを提供する地域拡張センターの設立。 2009 年、経済的および臨床的健康のための医療情報技術 (HITECH) 法の一環として、連邦政府は、病院や医療提供者が歴史的に健康データを利用できる電子医療記録システムの導入を奨励する奨励プログラムに 270 億米ドルを留保しました。紙ファイルで没収され、医療提供者間で共有され、医療の質の向上に使用されます。
メディケア電子医療記録インセンティブ プログラムは、メディケアおよびメディケイド サービス センター (CMS) によって管理されています。米国では、メディケアおよびメディケイド EHR インセンティブ プログラムにより、認定された EHR テクノロジーを有意義に使用するためのインセンティブが病院、医師、その他の医療施設に提供されています。資格のある専門家または病院は、メディケイド EHR インセンティブ プログラムを通じて最大 63,750 米ドル、メディケア EHR インセンティブ プログラムを通じて最大 44,000 米ドルのインセンティブを受け取ることができます。このインセンティブ プログラムは、多くの医療施設に EHR システムの導入を促すことに成功しました。
戦略的洞察
レポートの分割と範囲:
「米国の電子医療記録市場」は、設置タイプ、タイプ、アプリケーションに基づいて分割されています。 、およびエンドユーザー。設置タイプに基づいて、市場はクラウドベースとオンプレミスに分類されます。米国の電子医療記録市場は、タイプの観点から、急性期電子医療記録、外来電子医療記録、急性期以降の電子医療記録に分けられます。市場はアプリケーションごとに、臨床記録、管理タスクと請求、医師のサポート、患者ポータルに分類されます。エンドユーザーに基づいて、市場は病院と診療所、診療所/専門ケアセンター、外来手術センターに分類されます。
セグメント分析:
米国の電子医療記録市場は、設置タイプごとにクラウドに二分されています。 -ベースおよびオンプレミス。クラウドベースのセグメントは 2022 年に市場でより大きなシェアを占め、2022 年から 2030 年にかけて 12.7% というより高い CAGR を記録すると予想されています。クラウドベースの電子医療記録を使用すると、患者の健康ファイルを医療施設の内部サーバーに保存するのではなく、クラウドに保存できます。収集されたデータは、医療提供者、第三者の支払者、患者間の効果的なコミュニケーションを可能にするために、実用的かつ共有可能な形式で整理および維持されます。クラウドベースの電子医療記録は、社内サーバーを必要とせずにシステムをインストールでき、ニーズに応じて幅広いカスタマイズや改善を提供できるため、小規模で運営している医師や医療提供者の間で人気があります。
クラウドクラウド コンピューティングにより IT システムの管理と保守のコストが削減されるため、ベースのソリューションは費用対効果が高くなります。クラウドベースの電子医療記録は柔軟性を提供し、ユーザーはリモートからデータにアクセスできます。
さらに、この分野の市場リーダーによる開発により、市場の成長が促進される可能性があります。たとえば、Cerner は 2020 年 7 月に、地方および重要アクセス病院における従来の電子医療記録システムのコストを削減するために、クラウドベースの電子医療記録プラットフォームである CommunityWorks Foundations を立ち上げました。同様に、2020 年 12 月に、Amazon のクラウド部門は、医療機関がデータを検索および分析するための新しいツール Amazon HealthLake を導入しました。
米国電子医療記録市場、設置タイプ別 – 2022 年および 2030 年
タイプに基づくと、米国の電子健康記録市場は、急性期電子健康記録、外来電子健康記録、急性期以降の電子健康記録に分類されます。急性期電子医療記録セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、急性期以降電子医療記録セグメントは 2022 ~ 2030 年に 10.3% という最高の CAGR を記録すると予想されています。急性期後ケア施設は、リハビリテーション センター、在宅医療機関、長期療養病院で構成されます。リハビリテーション センターは、神経疾患、心血管疾患、筋骨格疾患、整形外科疾患、その他の病状に苦しむ患者に教育、医学的指導を受けた運動、サポートを提供します。高品質のサービスを提供するために、リハビリ センターはデータの保守や請求などの管理タスクの効率を最大限に高める必要があります。近代的かつ高度なリハビリテーション センターのほとんどは、時間のかかる事務処理を削減するために電子システムを導入しています。電子健康記録プロバイダーは、特にリハビリ センター向けに電子健康記録ソフトウェアを提供しています。たとえば、Orion は、依存症リハビリテーション分野向けに独自に設計された電子健康記録および請求ソリューションである AccuCare システムを提供しており、これにより、専門家がより多くの成果を達成できるよう、臨床、財務、管理、研究機能を組み合わせて提供しています。
ホーム医療サービスは、介護から臨床検査などの専門的な医療サービスまで多岐にわたります。医師は、病状の診断と治療のために患者の自宅を定期的に訪問することがあります。在宅医療ソフトウェアは、在宅医療機関の管理、患者ケア管理、治療とリハビリテーション サービスの調整を合理化します。
同様に、長期療養病院では、患者と入居者のスムーズで安全なケアの移行に重点を置くために電子医療記録が必要です。 Meditech は、長期ケア - 病院および医療システム向けの電子医療記録ソリューションを提供し、高品質のケアの提供、臨床転帰の向上、投薬ミスの削減、償還の最適化を支援します。
アプリケーションに基づいて、米国の電子医療記録市場は医療記録、管理タスクと請求、医師のサポート、患者ポータルに分割されています。臨床記録セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年の間に 10.9% という最高の CAGR を記録すると予想されています。臨床文書には、患者に提供されるケアとサービスに関連する情報が含まれています。臨床レポート、患者の評価、進捗レポートを電子的に取り込むことができるため、電子医療記録の重要性が高まります。臨床文書には、医師、看護師、その他の臨床医のメモ、文書に関連する日付と時刻、説明されたケアの実施者、フローシート(バイタルサイン、入出力、問題リスト)、周術期メモ、退院概要、転写文書管理、医療記録要約。臨床文書は、医療提供者とのより良いコミュニケーションを目的としています。これは医師が説明責任を示すのに役立ち、患者に質の高いケアが提供されることを保証します。これらの目的を果たすために、臨床文書は患者中心で、正確、完全、簡潔、迅速である必要があります。
米国の電子医療記録市場は、エンドユーザーに基づいて、病院と診療所、診療所/専門ケアセンターに分類されています。 、外来外科センター。病院および診療所セグメントは、2022 年に市場で最大のシェアを占め、2022 年から 2030 年にかけて市場で最高の CAGR 12.8% を記録すると予想されています。病院と診療所は、患者が診断を受け、治療の選択肢や代替案を選択するための主な窓口です。病院や診療所で利用可能なインフラストラクチャは、高度な医療機器を利用できるため、あらゆる疾患に対して質の高いケアを提供できます。新興国と先進国の患者の大多数が健康関連の問題で病院を訪れることを好むため、病院および診療所セグメントはかなりのシェアを占めると予測されています。
国別分析:
米国は電子医療の最大の市場です。北米での記録。この市場は主に、デジタル医療の変革、慢性疾患の増加、医療の質を向上させるための電子医療記録の導入に対する連邦政府の支援によって牽引されています。医療分野における高度なソフトウェア技術の導入、病院の数の増加、戦略的な政府政策の実施などの他の要因も、米国の電子医療記録市場の拡大を促進するのに役立ちます。さらに、患者数の増加と医療リソースの不足による自動化システムの必要性により、米国での電子医療記録システムの導入が促進されると予測されています。かなりの死亡原因となる病院の管理業務におけるエラーの削減を重視することも、予測期間中の市場の成長を促進すると顕著に予想されます。たとえば、Journal of Patient Safety に掲載された研究によれば、米国では毎年、行政上のミスにより推定 400,000 人の患者が犠牲になっています。
この国における主要な市場プレーヤーの存在とその発展により、市場の成長を促進する可能性があります。 2023年9月、オンタリオ州の6つの医療機関のパートナーシップであるジョージアン・ベイ・インフォメーション・ネットワーク(GBIN)は、最近の計画の下で、高度な臨床サービス、最適化された投薬管理、腫瘍学専門サポートのための新機能を追加することにより、Oracle Healthの電子医療記録の利用を進めました。 eNautilus という複数年にわたるプロジェクトを立ち上げました。これらの追加により、介護者は患者の安全性を向上し、施設全体の介護者間の連携を強化し、GBIN の 15 病院を合わせた臨床医の管理負担を軽減できると期待されています。
2023 年 4 月、Microsoft Corp. と Epic は確立した戦略的提携を拡大し、 Azure OpenAI Service の規模と能力を Epic の業界をリードする電子健康記録ソフトウェアと統合することで、生成 AI を開発し、ヘルスケアに統合します。この提携により、組織が Microsoft Azure クラウド プラットフォーム上で Epic 環境を実行できるようになるなど、長年にわたるパートナーシップが拡大します。この共同イノベーションは、生産性の向上、患者ケアの改善、医療システムの財務健全性の向上を目的として、Epic の電子医療記録と統合された AI を活用した包括的な一連の生成ソリューションを提供することに焦点を当てています。
業界の発展と将来の機会: < br>米国の電子医療記録市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。
2023 年 11 月、eClinicalWorks LLC は、電子医療記録内の医療文書を患者の母国語に簡単に翻訳する AI アシスタント ツールを開始しました。 2023 年 9 月、オラクルは、新しいクラウドベースの電子医療記録機能、生成 AI サービス、パブリック アプリケーション プログラミング インターフェイス (API)、ヘルスケア業界向けに設計されたバックオフィスの機能強化など、ヘルスケア ソリューションへの重要な追加機能を発表しました。 Greenway Health は、コスト効率が高く、完全にバンドルされたクラウドベースの電子医療記録および診療管理ソリューションである Greenway Secure Cloud を開始しました。この製品は、患者の健康情報と診療記録のセキュリティを強化し、ソフトウェアのアップグレードを管理する必要性を排除し、クライアントにスケーラブルで包括的な価格を提供します。最大限のセキュリティ センターでプロバイダーのデータを安全に管理し、ランサムウェアやマルウェア攻撃という刻々と変化する環境におけるセキュリティ上の懸念事項に定期的かつ一貫してパッチを適用することで、サイバーセキュリティの脅威から保護します。また、Greenway Secure Cloud は、タイムリーな自動更新により年間 99.9 % のデータ稼働時間を提供し、独自の対応が困難な規制環境におけるコンプライアンスを証明します。競争環境と主要企業:
Oracle Corp、AltexSoft Inc、 Veradigm Inc、Greenway Health LLC、eClinicalWorks LLC、Infor-Med Inc、Microwize Technology Inc、Athenahealth Inc、ChipSoft BV、CureMD.com Inc、AdvancedMD Inc、および PracticeSuite Inc は、米国の著名な電子健康記録市場企業です。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving factors for the US Electronic Health Record Market?

The growth of the market is attributed to an increasing adoption of electronic health records, and rising incentives by the federal government are the key driving factors behind the market development. However, the concerns regarding data privacy are hampering the market growth.

Which segment is dominating the US Electronic Health Record Market?

The US electronic health record market is analyzed on installation type, type, application, and end user. Based on installation type, the market is segmented into cloud-based and on-premise. In terms of type, the US Electronic health record market is divided into acute electronic health record, ambulatory electronic health record, and post-acute electronic health record. By application, the market is segmented into clinical records, administrative task and billing, physician support, and patient portal. Based on end user, the market is segmented into hospitals and clinics, physician’s office/specialty care centers, and ambulatory surgical centers. The cloud-based segment by installation type held a larger share of the market in 2022 and is anticipated to register a higher CAGR during 2022–2030

What is the Electronic Health Record Market?

An electronic health record is an electronic version of a patient's medical history that is maintained by the provider over time and may include all of the key administrative and clinical data, including demographics, progress notes, problems, medications, vital signs, past medical history, immunizations, laboratory data, and radiology reports, under a particular provider. The electronic health record automates access to information and has the potential to streamline the clinician's workflow.

The List of Companies - 

  1. Oracle Corp
  2. AltexSoft Inc
  3. Veradigm Inc
  4. Greenway Health LLC
  5. eClinicalWorks LLC
  6. Infor-Med Inc
  7. Microwize Technology Inc
  8. Athenahealth Inc
  9. ChipSoft BV
  10. CureMD.com Inc
  11. AdvancedMD Inc
  12. PracticeSuite 

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports