米国救急部門情報システム市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030068
  • Category : Healthcare IT
  • Status : Published
  • No. of Pages : 64
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

米国の救急部門情報システム市場規模は、2022 年に 2 億 8,109 万米ドルと評価され、2030 年までに 7 億 6,371 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 13.31% の CAGR が記録されると推定されています。
市場洞察とアナリストの見解:
救急部門情報システムは、データを処理し手順を合理化するために特別に作成された拡張電子医療記録 (EHR) システムです。救急部門の患者ケアと手術をサポートします。外来患者および入院患者の環境は、救急部門の環境とは大きく異なります。救急医療の現場は一時的なものであり、通常、長期的な治療を優先する外来や入院の現場よりも複雑です。患者が救急外来を訪れる際には、迅速な治療や緊急治療が必要になることがよくあります。チェックインとトリアージから文書化と注文処理、他の病院職員とのコミュニケーション、退院に至るまで、救急外来の診察全体を通して、スピードと正確さが不可欠です。救急部門における患者の流れの増加や、救急部門の情報システムの採用の増加などの要因が市場の成長を推進します。しかし、巨額の投資と熟練した医療人材の不足が、救急部門情報システム市場の成長を妨げています。
成長推進要因と課題:
救急部門情報システムは、病院に包括的なリアルタイム データを提供することで、病院の意思決定の強化に役立ちます。行政。さらに、新型コロナウイルス感染症流行下で救急部門情報システムの利用が劇的に増加しており、救急部門(ED)の混雑は成人病院と小児病院の両方に影響を与えています。しかし、近年救急外来を訪れる小児患者が増加しています。 2018年の国立病院外来医療調査のデータによると、救急外来受診者数は年間1億3,000万件で、そのうち2,560万件、つまり3分の1が15歳未満の患者によるものだった。さらに、記録的な数の小児行動上の健康問題、RSV、インフルエンザ、新型コロナウイルス米国やカナダなどの国ではテクノロジーが広く受け入れられているため、北米では救急部門の情報システムの需要が高まっています。また、医療現場におけるテレマティクス医療デジタルトランスフォーメーションの採用の増加、医療インフラへの支出の増加、技術的に高度なデバイスの入手可能性が、米国の救急部門情報システム市場を推進しています。さらに、管理プロセスの効率化を目的とした病院ITの導入が急速に増加しているため、救急部門情報システム市場の成長が促進されています。
救急部門情報システムの導入に必要な高い資本と、認識されている投資収益率の低さが、導入を妨げる主な要因となっています。これらの救急部門情報システムの。 EDIS の導入には大規模な組織変更が必要であり、救急部門での医療サービスの提供パターンの変更につながります。医療施設の財務的成果と臨床的成果には相関関係があり、この相関関係によって、特定の健康成果を達成するために適切な投資が合理的な範囲で決まります。 EDIS の導入、運用、保守にかかるコストも、このようなシステムを導入する際の大きな障壁となっています。したがって、電子処方箋システムの利点にもかかわらず、エンドユーザーは電子処方箋ソリューションの採用に消極的です。費用はシステムの 1 回限りの購入価格に限定されません。これらには、実装サービス、メンテナンスおよびサポート サービス、電子処方箋および EHR/EMR 統合サービス、そして場合によってはトレーニングや教育によって発生する経常的なコストが含まれます。その結果、小規模病院や勤務医は救急科情報システムへの投資を控えています。
最新の医療 IT および情報学ソリューションを扱うために必要な専門知識とスキルの欠如も、医療提供者が直面するもう 1 つの課題です。団塊の世代の高齢化に伴い、研究と医療の需要が高まることが予想されます。同時に、熟練した経験豊富な IT 従業員の大部分が退職年齢に達しつつあります。一方で、利用可能な若年労働者の数はこのギャップを埋めるのに十分ではありません。データ収集、健康情報分析、レポートに必要な専門知識と管理能力の欠如は、EDIS の導入を制限し、それによって市場の拡大を抑制する共通の包括的な課題です。
戦略的洞察
レポートのセグメント化と範囲:
「米国緊急局情報システム市場」は、タイプ、アプリケーション、感染の重症度、エンドユーザー、および国に基づいて分割されています。
セグメント分析:
タイプに基づいて、米国の救急部門情報システム市場はエンタープライズ ソリューションと最高のソリューションに分類されます。ベストオブブリードのソリューションセグメントは、2022 年に市場で最大のシェアを保持する可能性が高く、同じセグメントが予測期間中に市場で最高の CAGR を記録すると予測されています。
エンタープライズ ソリューションは、プロバイダーのブランチと複数のブランチを統合します。データが同期されて単一のデータベースを作成する集中分散アーキテクチャを通じて法人をサポートします。このソリューションは、WHO、医療法的要件、保険要件に準拠しています。これは、ユーザーがいつでもどこからでもリアルタイム データにアクセスできるようにするクラウドベースのシステムです。一元化されたシステムがエンタープライズ ソリューション内のすべての法人および金融機関を管理し、ビジネスの生産性を高めます。 EHR/EMR の受け入れの増加、医療におけるビッグデータの利用の増加、患者の電子健康記録の保存のための資金調達、規制上の義務により、エンタープライズ ソリューション部門の成長が推進されています。
米国の救急部門情報システム市場 (アプリケーション別)は、コンピュータ化された医師オーダーエントリー(CPOE)、臨床文書化、患者追跡、電子処方などに分類されます。コンピュータ化された医師オーダーエントリー(CPOE)セグメントは、2022 年の米国救急部門情報システム市場で最大のシェアを占め、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。コンピュータ化された医師オーダー入力 (CPOE) は、医師が入院患者および外来患者の環境でコンピューター システムに医療オーダーを入力するのを支援するソフトウェア ツールです。口頭(直接または電話)、書面(紙の処方箋)、ファックスなど、薬の注文を募る古い方法の多くが CPOE に置き換えられつつあります。ユーザーは、これらのプラットフォームを使用して、処方箋の注文だけでなく、検査、紹介、入院、画像検査、および治療の注文を電子的に定義できます。政府による IT インフラストラクチャのアップグレードの試みと、医療費の削減に役立つ情報技術が CPOE セグメントの市場を牽引しています。
米国の救急部門情報システム市場は、エンドユーザーごとに小規模病院、中規模病院に分類されています。 、大きな病院。中規模病院セグメントは、2022 年に米国救急部門情報システム市場をリードする可能性が高く、2022 年から 2030 年の予測期間中その優位性を維持すると予想されます。経費を削減し、医療の質を向上させるために、病院は EDIS や EHR などの情報技術に投資しています。中規模に分類される病院には、一般病床と外科病床が 94 ~ 277 床あります。 EHR 構造のさらなる研究によると、モデルから意思決定サポートまたは患者レベルを削除すると、すべての仮定されたパス間に有意な相関関係が得られませんでした。
研究ではさらに、これら 2 つの変数の存在だけで、統計的に意味のある関連性が得られることが明らかになりました。一般的な安全性は確保されていますが、他のすべてのルートは重要ではないことが判明しました。その結果、中規模の病院は、意思決定支援と患者レベルのデータに重点を置いた救急部門情報システムや電子医療記録テクノロジーへの投資を検討する必要があります。調査によると、これらのアプリケーションは中規模病院の全体的な安全性を向上させることができます。
競争環境と主要企業:
米国の救急部門情報システム市場の発展は、有機的および無機的な成長戦略として特徴付けられています。さまざまな企業が、立ち上げ、拡大、強化、移転などの有機的な成長戦略に注力しています。米国の救急部門情報システム市場で見られた無機的な成長戦略は、合併と買収、パートナーシップ、コラボレーションでした。これらの活動により、米国の救急部門情報システム市場参加者のビジネスと顧客ベースの拡大への道が固まりました。
2023 年 3 月、患者エクスペリエンスを向上させる AI 主導のデジタルヘルス大手企業 Vital は、米ドルを調達しました。拡張を推進し、最新のソフトウェアの急速な成長をサポートするために、シリーズ B で 2,470 万ドルの資金を調達しました。 Vital のソリューションにより、医療提供者や医療システムは救急科 (ED) や入院患者の診察中に患者とのコミュニケーションや関与を容易にします。この資金調達ラウンドはTransformation Capitalが主導し、戦略的医療システム投資家であるThreshold Ventures、Vital CEO/Mint.comクリエーターのAaron Patzer氏の支援を得て、Vitalの資金総額は4,000万米ドルを超えました。2022年6月、Oracleは医療ITを買収しました。同社は、1 株あたり 95.00 米ドル、または株式価値で約 283 億米ドルで、全額現金による公開買い付けを通じて、Cerner Corporation に買収されました。 Cerner Corporation は、医療専門家が病院や医療システム内の個々の患者やコミュニティにより良い医療を提供できるようにするために使用されるデジタル情報システムの大手プロバイダーです。この取引はOracleにとって最大規模の買収であり、今年最大規模の買収の1つである 2022年1月、ギップスランド・ヘルス・アライアンス(GHA)は、Allscripts Sunrise電子健康記録(EHR)をオーストラリアのビクトリア州ギップスランド地域全体に拡張することを計画した。 GHA の EHR 地域保健プロジェクト フェーズ 3 では、セントラル ギップスランド保健サービス、ウェスト ギップスランド ヘルスケア グループ、バーンズデール地域保健サービス、および南部をカバーするバス コースト ヘルスの救急部門施設にサンライズ緊急ケア モジュールが導入されました。 2020 年 2 月、Medsphere Systems Corporation は、KLAS Research が同社の Wellsoft 緊急部門情報システムをこの種のソリューションとして最も優れていると認めたと発表しました。 2020 Best in KLAS Awards: Software and Services レポートで、KLAS は Wellsoft を 9 年連続、通算 15 回目でナンバーワンの EDIS ソフトウェア システムに指名しました。2020 年 1 月には、救急クリニック運営会社の FastMed がこの種の最初の企業となりました。 Epic Systems EHR を実装します。 FastMed の患者は Epic の患者ポータル MyChart にアクセスできるようになり、患者は自分の健康情報、オンライン予約スケジュール、安全なダイレクト メッセージングとケア チームとのコミュニケーション、オンライン請求書支払いに 24 時間アクセスできるようになります。最近、いくつかの病院が緊急治療クリニックのプロバイダーを追加することに加えて、Epic Systems EHR を導入しました。 2019 年後半、ジョージア州の Tanner Health System は Epic EHR を採用しました。2020 年 11 月、病院の救急部門と患者向けの AI 搭載ソフトウェアである Vital が Collective Medical と協力して、患者とその家族に情報を提供することで救急部門での患者エクスペリエンスを向上させました。訪問のあらゆる段階を通して。 Collective の何千ものクライアント パートナーは、これらのシステムを利用して豊富なリアルタイムの臨床洞察を取得し、ケアの意思決定と患者エクスペリエンスを向上させています。これらのプロバイダーは、追加の IT 統合なしで Vital のプラットフォームにアクセスして、リアルタイムの患者更新情報を提供することもできます。会社概要
Veradigm LLCeHealth-TecEpic Systems CorpMedical Information Technology, IncQ-nomy IncPicisVitalMEDHOSTOracle CorpMedsphere Systems Corporation
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the growth estimates for the US emergency department information system market till 2030?

The US emergency department information system market is expected to be valued at US$ 763.71 million in 2030.

Which segment is dominating the US emergency department information system market?

The US emergency department information system market, based on application, is segmented into computerized physician order entry (CPOE), clinical documentation, patient tracking, e-prescribing, and others. The CPOE segment held the largest market share in 2022 and is anticipated to register the highest CAGR during the forecast period.

What was the estimated US emergency department information system market size in 2022?

The US emergency department information system market was valued at US$ 281.09 million in 2022.

Who are the major players in the US emergency department information system market?

The US emergency department information system market majorly consists of the players, including Veradigm LLC, eHealth-Tec, Epic Systems Corp, Medical Information Technology, Inc, Q-nomy Inc, Picis, Vital, MEDHOST, Oracle Corp, and Medsphere Systems Corporation.

What are the driving and restraining factors for the US emergency department information system market?

The factors driving the growth of the US emergency department information system market include the increase in patient flow at emergency departments and the rise in the adoption of emergency department information systems. However, huge investments and lack of skilled healthcare IT professionals hamper the growth of the US emergency department information system market.

What is US emergency department information system?

The emergency department information system (EDIS) is a database system used by emergency response services to track patients in emergency rooms and aid with other aspects of the ED workflow. To ensure the secure availability of sensitive healthcare information, these solutions are often utilized to streamline patient care delivery, conform to applicable data interoperability requirements, and adhere to applicable privacy and protection policies. It's a comprehensive electronic health record that's utilized to keep track of patient information.

The List of Companies - US Emergency Department Information System Market

  1. Veradigm LLC
  2. eHealth-Tec
  3. Epic Systems Corp
  4. Medical Information Technology, Inc
  5. Q-nomy Inc
  6. Picis
  7. Vital
  8. MEDHOST
  9. Oracle Corp
  10. Medsphere Systems Corporation.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports