米国の生理食塩水市場は6.2%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに39億1,028万米ドルに達すると予想

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00032155
  • Category : Pharmaceuticals
  • Status : Published
  • No. of Pages : 132
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

米国の生理食塩水市場規模は、2022年の24億1,258万米ドルから2030年までに39億1,028万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 6.2% の CAGR が記録されると推定されています。

アナリストの視点

米国の生理食塩水市場分析は、重篤な病気の有病率の上昇や電解質障害の増加などの市場要因を説明しています。 、そして高齢者層における液体電解質の需要の急増。さらに、病院環境における大規模な食塩水の要件は、2022 年から 2030 年にかけて市場の新たなトレンドとして現れると予想されます。米国の生理食塩水市場は、種類別に通常の生理食塩水、高張食塩水、低張食塩水、平衡食塩水に分類されます。通常の生理食塩水セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。しかし、高張食塩水セグメントは、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。米国の生理食塩水市場は、包装タイプ別にフレキシブルバッグ、プラスチックボトル、ガラスボトルに分類されます。ペットボトルセグメントは、2022年に最大の市場シェアを保持しました。フレキシブルバッグセグメントは、2022年から2030年にかけて最高のCAGRを記録すると予想されます。米国の生理食塩水市場は用途別に、静脈内、眼科、創傷治療、内視鏡、皮膚剥離などに分類されます。静脈内セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、同セグメントは 2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。米国の生理食塩水市場は、投与経路別に静脈内と局所に分類されます。静脈内セグメントは 2022 年に大きな市場シェアを保持し、同じセグメントは 2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。米国の生理食塩水市場は、エンドユーザーごとに、病院、専門クリニック、外来手術センター、ホームケアなどに分類されています。病院セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。専門クリニックセグメントは、2022 ~ 2030 年に最も高い CAGR を記録すると予想されています。

生理食塩水は、等張性で同じ pH を持つ塩溶液で構成されています。 。生理食塩水の例は、塩化ナトリウム (NaCl)、重炭酸ナトリウム、および塩化カリウム溶液の混合物からなるリンゲル液です。生理学的解決策は、患者の脱水症状、体液のアンバランス、その他多くの臨床的異常の場合に医師によって推奨されます。

市場洞察

重篤な病気と体液電解質障害の有病率の上昇が米国を推進生理食塩水市場

緩和ケア推進センターの報告書によると、約9,000万人のアメリカ人が重篤な病気を抱えて暮らしており、その数は今後25年間で2倍以上に増加すると予想されています。さらに、国家保健評議会の報告書では、米国の総人口の40%以上に相当する1億3,300万人近くのアメリカ人が、不治の慢性疾患や進行中の慢性疾患に罹患していることが明らかになりました。このうち、成人全体の約 50%、5 ~ 17 歳の子供の約 8% が慢性疾患を患っています。全米保健評議会の報告書では、アメリカ人の間で不治の慢性疾患の症例が増加しているため、医療費の最大 75% が支払われているとも述べています。

重篤な病気は、カリウム濃度の低下や、体内のマグネシウム、カルシウム、ナトリウム。体液のレベルが不適切であると、体の機能、筋力、心拍リズムに悪影響が生じ、腎臓や内分泌腺の障害に関連します。たとえば、浮腫は体に過剰な水分レベルが保持されると発生し、患者の顔、腕、脚、手、足に腫れや痛みが生じます。さらに、摂取量よりも多くの体液が失われると脱水症状が起こり、喉の渇き、衰弱、立ちくらみ、失神、尿量の減少などのさまざまな症状が現れます。そのため、慢性疾患により患者の体内の体液バランスが崩れることがあり、治療の一環として生理食塩水の投与が必要となります。したがって、重篤な病気や電解質障害の有病率の上昇が、米国の生理食塩水市場の成長を促進しています。

戦略的洞察

将来の傾向

病院における大規模食塩水の要件設定

英国王立化学会が発行した報告書によると、赤血球(RBC)の洗浄や重症患者の治療に生理食塩水を使用することは、病院環境では一般的に行われています。臨床研究グループは、さまざまな臨床現場での生理食塩水 (0.9% NaCl) の使用の安全性を検討し、病院現場では生理食塩水の使用が最も安全な技術の 1 つであることを示唆しています。たとえば、輸血医学では、血液や体液を失った患者のアフェレーシスや蘇生の場合、細胞の洗浄や回収手順に生理食塩水が使用されます。赤血球の洗浄には 1 ~ 2 L の滅菌食塩水が必要です。アフェレーシス手順では、治療用血漿交換手順および赤血球を洗浄するための術中の細胞回収に生理食塩水が使用されます。したがって、病院環境における大規模な生理食塩水の多面的応用は、米国の生理食塩水市場の新たなトレンドとして浮上する可能性があります。

レポートの細分化と範囲

市場機会

低コストの生理食塩水を使用した迅速なサンプル輸送

安価で容易に入手できる生理食塩水を検査サンプルの安全な輸送に使用できるため、診断ラボへのサンプルのより効果的な長距離輸送が可能になります。 。病院や臨床検査室で一般的に入手可能な単純な食塩水である「リン酸緩衝生理食塩水」など、容易に入手できる食塩水が、コロナウイルスに汚染された検体の輸送媒体として使用されていた。生理食塩水はサンプルを最大 18 時間安定に保つことができます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック中、ウイルス輸送媒体の不足により、新型コロナウイルス感染症患者から採取した検体を診断や検査機関に輸送する際に大きな課題が生じ、その結果、滅菌食塩水の需要が急増した。その結果、研究者らは、輸送にはリン酸緩衝食塩水など、安価で一般的に入手可能な食塩水を使用することを推奨しました。したがって、安価で容易に入手できる生理食塩水に対する意識の高まりと、医療検体の輸送におけるそれらの使用は、2022 年から 2030 年にかけて米国の生理食塩水市場にチャンスをもたらす可能性があります。

タイプベースの洞察< br>
米国の生理食塩水市場は、種類別に通常の生理食塩水、高張食塩水、低張食塩水、平衡食塩水に分類されます。生理食塩水セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。生理食塩水 (NS) は、体内の電解質/塩分レベルの回復に役立つため、短期間の水分補給に使用される滅菌塩溶液で構成されます。これは、人々の脱水症状や電解質障害の治療を目的とした 0.9% 塩化ナトリウム溶液です。 NS は、臨床現場で一般的に使用される静脈内溶液の基礎です。小児患者と成人患者の両方に適しています。食品医薬品局 (FDA) によって承認されている NS ソリューションの使用の主な適応は次のとおりです。

脱水症、血液量減少、出血、敗血症などを治療するための細胞外液補充。代謝性アルカローシスの治療体液喪失の存在軽度のナトリウム欠乏さらに、NS は静脈アクセスを通じてのみ投与でき、生理食塩水の管理には患者の健康状態の評価が必要です。薬剤師は、設置中に点滴輸液の実施を監視し、投与量と投与量について病院の看護部門と適切に相談しながら、患者の臨床状況に基づいて注文するよう推奨する必要があります。

包装タイプ別の洞察

米国の生理食塩水市場は、包装タイプごとにフレキシブルバッグ、プラスチックボトル、ガラスボトルに分類されます。ペットボトルセグメントは2022年に大きな市場シェアを保持し、フレキシブルバッグセグメントは予測期間中に最高のCAGRを記録すると予想されます。注射用の塩化ナトリウム (NaCl) USP 溶液は無菌で非発熱性です。これらは、静脈内 (IV) 投与を目的とした注射用水 (WFI) にさまざまな濃度の NaCl を含む非経口溶液です。さらに、フレキシブルコンテナは特別に配合されたポリ塩化ビニルから製造されています。ただし、溶液がプラスチック容器と接触すると、プラスチックから特定の化学成分が極少量浸出する可能性があります。さらに、生物学的検査はプラスチック容器材料の安全性を裏付けるのに効果的であることが証明されています。したがって、プラスチックボトルセグメントは、予測期間中に生理食塩水市場で最も小さなシェアを占めると予想されます。

アプリケーションベースのインサイト

米国の生理食塩水市場は、用途別に見ると次のとおりです。静脈、眼科、創傷治療、内視鏡検査、皮膚剥離などに分類されます。静脈内セグメントは 2022 年に大きな市場シェアを保持しており、同じセグメントは予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。静脈内 (IV) 生理食塩水は、脱水症の予防または治療のために処方されます。静脈内生理食塩水は、怪我をした人、病気の人、脱水症状の人、または手術を受けている人に対して、あらゆる年齢層の医師によって処方されています。生理食塩水 IV バッグは、水分を補給し、症状を軽減するための迅速かつ的を絞った解決策を提供します。さらに、滅菌水と塩化ナトリウム、または塩と生理食塩水の点滴の組み合わせは、患者の体液バランスを回復し、組織に水分を与えるのに役立ちます。患者が水分補給を必要とする場合、IV 生理食塩水が患者の血流に投与されるのが一般的です。特定の薬に対してアレルギーや過敏症のある人に適した選択肢であると考えられています。

さまざまな企業が IV 生理食塩水に関連する革新的な製品を製造しています。たとえば、Fresenius Kabi USA は、「freeflex」および「freeflex+ IV バッグ」を提供しています。これらの製品は、漏れ防止、滅菌保護、針刺し防止も提供します。

投与経路ベースの洞察

米国の生理食塩水市場は、投与経路別に静脈内投与と静脈投与に二分されています。話題の。静脈内セグメントは 2022 年に大きな市場シェアを保持しており、同じセグメントは予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。 IV 生理食塩水は、脱水症状の予防と治療のために静脈に注入される特別に配合された液体です。また、これらの点滴輸液は、病気、怪我、脱水症状などに苦しむあらゆる年齢層の人々の間で利用されています。点滴食塩水は、合併症のリスクが低い、簡単で安全かつ一般的な手順です。また、輸液は急性疾患の患者の管理にとって重要な要素であり、重篤な病気や負傷した患者に最も広く使用される点滴液は生理食塩水であると考えられています。一般的でシンプルかつ安全な処置であるため、IV 経路で投与された患者は短期間で症状の軽減を感じることができます。

タイプ別の米国生理食塩水市場 – 2022 年と 2030 年

国別分析< br>
米国の生理食塩水市場は、2022 年の 24 億 1,258 万米ドルから、2030 年までに 39 億 1,028 万米ドルに達すると予想されています。米国 FDA は、点滴の深刻な不足に対処するために、Fresenius Kabi や Grifols などのメーカーと積極的に協力しています。 IV) 生産能力の拡大を通じて投与液をサポートすること。 FDAは深刻な不足に対処するため、食塩水の輸入にも注力している。さらに、国立バイオテクノロジー情報センターの報告書によると、米国では年間約 2 億リットルの生理食塩水が販売されています。同じ報告書によると、全国で毎日100万リットル以上の0.9% NaClが患者に投与されている。さらに、JAMAネットワークのレポートによると、米国では外科手術件数が急増しており、2020年に3,156,240件の手術が行われたことからも明らかです。したがって、外科手術件数の増加に伴い、生理食塩水の需要も増加しています。

米国の病院では、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中に生理食塩水の高い需要が記録されました。深刻な不足に対処するために、病院は、5% ブドウ糖水溶液、5% ブドウ糖と低濃度 NaCl、および 5% ブドウ糖乳酸リンゲル注射液などの代替ソリューションを模索し、重大な需要に対応しました。このような生理食塩水の代替品は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中の需要と供給のギャップによってもたらされた課題を克服するのに役立ちました。

このレポートでは、米国の生理食塩水市場で活動する主要企業について概説しています。これらには、Fresenius Kabi AG、Merck KGaA、AdipoGen Life Sciences Inc、Enzo Life Sciences Inc、ICU Medical Inc、Grifols SA、Geno Technology Inc、B Braun Medical Inc、Pfizer Inc、および Ward's Science が含まれます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is US Physiological Saline?

A physiological saline solution is composed of salt solutions that are isotonic and have the same pH. An example of physiological saline solution is Ringer's solution, composed of a mixture of sodium chloride (NaCl), sodium bicarbonate, and potassium chloride solution. The physiological solution is recommended by the physician in case of dehydration, fluid imbalances, and many more clinical abnormalities among the patients.

What is the market CAGR value of US Physiological Saline during forecast period?

The CAGR value of the US Physiological Saline during the forecasted period of 2022-2030 is 6.2%.

Which type segment leads the US Physiological Saline?

The normal saline segment held the largest market share in 2022 segment in the US physiological saline.

Which packaging type segment held the largest share in the US Physiological Saline?

The plastic bottle segment dominated the US physiological saline and held the largest market share in 2022.

Which are the top companies that hold the market share in US Physiological Saline?

Fresenius Kabi AG and ICU Medical Inc are the top two companies that hold huge market shares in the US physiological saline market.

Who are the key players in the US Physiological Saline?

The US physiological saline majorly consists of the players such Fresenius Kabi AG, Merck KGaA, AdipoGen Life Sciences Inc, Enzo Life Sciences Inc, ICU Medical Inc, Grifols SA, Geno Technology Inc, B Braun Medical Inc, Pfizer Inc, and Ward's Science, and among others. .

What are the driving factors for the US Physiological Saline across the globe?

Key factors that are driving the growth of this market are rising prevalence of serious illnesses and fluid electrolyte disorders to boost the market growth for the US physiological saline over the years.

The List of Companies - US Physiological Saline Market

  1. Fresenius Kabi AG      
  2. Merck KGaA                 
  3. AdipoGen Life Sciences Inc     
  4. Enzo Life Sciences Inc               
  5. ICU Medical Inc           
  6. Grifols SA       
  7. Geno Technology Inc                
  8. B Braun Medical Inc   
  9. Pfizer Inc        
  10. Ward's Science

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports