AIビデオジェネレーター市場規模レポート - 2031年のシェア、分析、予測

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00030096
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] AI ビデオジェネレーター市場は、2022 年の 4 億 3,784 万米ドルから 2030 年までに 17 億 6,357 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 19.0% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

< /p>

AI ビデオ ジェネレーター市場は、技術の進歩、ソーシャル メディアの台頭、ビデオ コンテンツの需要の増加により、近年大幅な成長を遂げています。 AI ビデオ ジェネレーターは、説明ビデオの作成、オーガニック トラフィックの増加、e ラーニング、e コマース、企業コミュニケーション、不動産、AI ニュース ジェネレーターなどの目的で多くの市場参加者によって使用されているソフトウェア ツールです。したがって、AI ビデオ ジェネレーターの広範な使用は、市場を牽引する重要な要因の 1 つです。

ビデオ コンテンツの需要は、マーケティング目的でいくつかの業界で増加しています。人工知能を使用してテキストからビデオを作成するソフトウェア アプリケーションとしての AI ビデオ ジェネレーターが増加しています。 AI ビデオ ジェネレーターを使用すると、ユーザーはビデオ編集スキルを持たずに高品質のビデオを作成できます。

企業全体でビジュアル環境が受け入れられるようになったことで、ビデオ コンテンツの需要が高まっています。 。大多数の個人はテキストよりもビジュアル メディアを好み、インターネット上のコンテンツの 80% 以上がビデオであるため、ビデオ ジェネレーターの需要が高まり、市場が育成されています。さらに、高速インターネットへのアクセスのしやすさ、ソーシャル メディア プラットフォームへのアクセス権を持つ多数の視聴者、ビデオ コンテンツに対する消費者の嗜好の高まりにより、ビデオ ジェネレーターと連携したツールやソフトウェアの需要が高まり、市場の成長を促進しました。

市場概要:

人工知能 (AI) ビデオ ジェネレーターは、ユーザーがAI を使用して要件に応じたビデオを数分で作成します。主に、テキストからビデオへのプロセスが AI ビデオ ジェネレーターに使用されます。ユーザーがテキストを書くことができ、AI ビデオ ジェネレーターがビデオを生成します。コンテンツ作成者やマーケティング担当者は、このツールを広く使用して、ソーシャル メディア、リール、Web サイト、その他のプラットフォームで使用できるビデオを作成し、より多くの顧客や視聴者を引き付けることができます。一部の AI ビデオ作成プラットフォームでは、複数の異なる言語、アクセント、口調でビデオを作成できます。 AI ビデオ ジェネレーターの需要は、わずか数個のテキスト、ブログ、ビデオ プロンプトからあらゆるテーマについてリアルで魅力的なビデオを作成できるため、需要が高まっています。わずか数分でテキストをビデオに変換する AI ビデオ ジェネレーターを使用することで、マーケティング担当者やコンテンツ クリエイターが時間を節約できるようになり、その導入と市場の成長促進につながります。

AI ビデオ ジェネレーターは機械学習 (ML) テクノロジーの一種で、人間によるテキスト形式の少数の入力からさまざまなビデオを生成できます。ツールにいくつかのテキスト プロンプトと指示を入力すると、現実的な日常風景や空想の SF 世界を描写するまったく新しいビデオを作成できます。 AI ビデオ ジェネレーターの中には、ビデオを生成するためにビデオ スクリプト、ブログ、トランスクリプトなどの長いテキストを必要とするものもありますが、短い文だけを必要とするものもあります。 AI ビデオ ジェネレーターの中には、ユーザーがビデオを強化および編集するための編集ツールが組み込まれているものもありますが、そうでないものもあります。 AI ビデオ ジェネレーターの追加機能には、ボイスオーバー ジェネレーター、ビデオへのビジュアル変換、AI 生成の人間アバター、自動キャプションなどがあります。 AI ビデオ ジェネレーターのこのような特性が採用につながり、市場の成長を促進しました。

戦略的洞察

市場の推進力:

AI ビデオ ジェネレーター市場の成長を促進する AI ビデオ ジェネレーターの利点

AI ビデオ ジェネレーターは、自然言語処理 (NLP) と機械学習 (ML) アルゴリズムを使用して、プロンプトに基づいて新しいビデオを最初から生成します。これらは大規模なデータセットに基づいてトレーニングされているため、AI ビデオ ジェネレーターがデータを学習または分析し、ユーザーが必要とする正確なビデオを作成するのに役立ちます。したがって、高品質のコンテンツをより迅速に作成し、ユーザーによる採用につながり、市場規模を育成するための強力なツールです。 AI ビデオ ジェネレーターの主な利点の 1 つは、コンテンツ作成者やマーケティング担当者の時間を節約できることです。ビデオ ジェネレーターは大量のデータとビデオでトレーニングされているため、これらの AI ビデオ ジェネレーターはビデオを模倣し、わずか数分でまったく新しいビデオを生成します。これらのビデオ ジェネレーターは、演出、編集、撮影、アニメーションなどを自動的に行うことで、クリエイターやマーケティング担当者の時間を節約します。 AI ビデオ ジェネレーターのもう 1 つの利点は、コストの節約に役立つことです。企業や組織は、自社の製品やソリューションを宣伝するためのマーケティング資料やビデオを作成するために、サードパーティまたは社内のビデオ制作を依頼します。非常に高いコストがかかります。したがって、AI ビデオ ジェネレーターの助けを借りて、企業は総予算よりも少ない非常に定額の料金または月額サブスクリプション料金を使用して、サードパーティを雇ったり、社内のビデオ制作チームの費用を支払ったりすることができます。したがって、AIビデオジェネレーターのこのようなコスト削減機能が市場の成長を促進します。さらに、これらのビデオ ジェネレーターは、ユーザーが機械学習と人工知能の機能を使用してニッチ市場でコンテンツを作成するのにも役立ち、これにより市場規模がさらに拡大します。

セグメント分析:

コンポーネントに基づいて、AI ビデオ ジェネレーター市場はソリューションとサービスに分割されます。ソリューションセグメントは、2022年にAIビデオジェネレーター市場で最大のシェアを保持し、予測期間中にAIビデオジェネレーター市場で最高のCAGRを記録すると予想されています。ソリューションセグメントには、AIビデオ生成市場の主要プレーヤーが提供するソフトウェアまたはプラットフォームが含まれます。多くの組織がマーケティングやマーケティングに AI ビデオ生成プラットフォームを使用しています。ビジネス戦略。ソリューションセグメントのコンポーネントは、これに関連するコストシェアが大きく、最大の市場シェアにつながっています。従来のビデオ作成と比較した AI ビデオ生成ツールの利点には、費用対効果、Web ベースのアプリケーション、インタラクティブ インターフェイス、多言語での利用可能性、時間とコストの節約などが含まれ、AI ビデオ生成市場の成長を推進します。< /p>

地域分析:

ヨーロッパ AIビデオジェネレーター市場は2022年にXX百万米ドルと評価され、2030年までにXX百万米ドルに達すると予測されています。予測期間中に XX% の CAGR で成長すると予想されます。ヨーロッパは AI ビデオジェネレーター市場で大きなシェアを占めています。この市場におけるヨーロッパの強い地位には、いくつかの要因が寄与しています。ビデオ コンテンツの需要の高まり、AI テクノロジーの採用、堅牢なコンピューティング リソースへのアクセスなどの要因が、AI ビデオ ジェネレーター市場を推進する主な要因です。

さらに、 AI は人間中心で信頼できるものと考えられているため、欧州の AI 戦略はさらに、さまざまな業界でさまざまな目的でこのテクノロジーの利用を強化することを目指しています。この要因により、ビデオ作成における AI テクノロジーの使用がさらに推進され、AI ビデオジェネレーター市場が育成されました。ソーシャルメディアプラットフォームの利用の増加、ビデオ作成の人気の高まり、一流のビデオコンテンツへの需要は、ヨーロッパのAIビデオジェネレーター市場の主要な推進要因の一部です。 AI テクノロジーの進歩により、開発者はよりリアルで魅力的なビデオを作成するビデオ作成プラットフォームを開発できるようになりました。さらに、多数のデータセットと強化されたコンピューティング ソースにより、ジェネレーターはユーザー向けに正確で高品質、高解像度のビデオを作成できるようになりました。したがって、AI テクノロジーの進歩により、AI ビデオ ジェネレーター市場はさらに加速します。

さらに、欧州連合 (EU) の新たな政策イニシアチブであるデジタル教育行動計画 (2021 ~ 2027 年)は、地域に高品質で包括的でアクセスしやすいデジタル教育を提供するという共通のビジョンを持って設計されました。この行動計画は、デジタル化を活用した教育訓練システムの適応を支援することを目的として、2020年9月に採択されました。行動計画 6 では、教育者向けの教育と学習における AI とデータの使用に関する倫理ガイドラインが言及されており、これにより、パフォーマンスの高いデジタル教育エコシステムの開発が促進されます。したがって、このような教育行動計画は、高品質のビジュアルを通じて生徒の学習概念をよりよく理解するためにこれを使用することを推進します。このように、教育システムのデジタル化がこの地域の AI ビデオ ジェネレーター市場を刺激しています。

欧州企業は AI テクノロジーの開発と商品化の最前線に立ち、ニーズに応えるさまざまなツールを提供しています。消費者の多様な好みに合わせて。いくつかの組織や企業は、他の市場プレーヤーに対する競争上の優位性を獲得するために、いくつかのマーケティング戦略に投資しています。ほとんどの人はテキストよりもビデオ コンテンツを好み、これが AI ビデオ ジェネレーター市場を促進します。さらに、この地域のアクセスのしやすさと先進技術の導入能力により、AI ビデオ ジェネレーターの市場規模はさらに拡大しています。

主要企業の分析:

< /span>

AI ビデオ ジェネレーター市場分析は、Pictory、Synthesia Limited.、HeyGen、Deepbrain AI、 Lumen5、Raw shorts、VEED、Elai.io、Colossyan Inc などのプレーヤーで構成されています。 .、FlexClip。

最近の開発:

 

などの無機戦略と有機戦略AIビデオジェネレーター市場の企業では合併と買収が高度に採用されているためです。最近の主な市場動向を以下に示します。

  • 2023 年 8 月、a16z が支援する AI ビデオ ジェネレーター Ireverent Labs は、Samsung Next to から戦略的投資を確保しました。 AI ビデオ生成テクノロジーを世界中の数百万の Samsung デバイス ユーザーに提供します。高度な AI ビデオ モデルは、Samsung が単純なテキスト プロンプトから 3D アニメーション ビデオを作成するのに役立ちます。
  • 2023 年 6 月、人気のビデオ ホスティングおよびソフトウェア会社の 1 つである Vimeo は、AI スイートを開始しました。プロのビデオ制作を変革するツール。同社は、スクリプト ジェネレーター、オンカメラ テレプロンプター、および不要なつなぎ言葉を削除し、ボタンをクリックするだけで即座に一時停止できる自動ビデオ エディターを導入しました。 Vimeo は、ビデオの作成とコミュニケーションへの参入障壁を下げ、より多くの人々がビデオを通じて有意義につながることができるようにする予定です。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports