航空気象予報システム市場 - 2031 年の成長予測、統計、事実

  • Report Code : TIPRE00006736
  • Category : Aerospace and Defense
  • No. of Pages : 150
Buy Now

航空気象予測システムの市場規模は、2023年の6億3,000万米ドルから2031年までに11億1,000万米ドルに達すると予測されています。この市場は、2023年から2031年の間に7.3%のCAGRを記録すると予想されています。新しい空港の建設と既存の空港の拡張により、新規施設の需要が生み出されることが、今後も市場の主要なトレンドとなる可能性があります。

航空気象予報システム市場分析

世界の航空気象予測システム市場で活動する主要企業には、コリンズ・エアロスペース、ENAV SpA、IBM Corporation、ヴァイサラ、キャンベル・サイエンティフィック社などがあります。この市場は、国内外の需要に応える複数の著名な企業によって高度に統合されています。航空気象予測システム市場調査調査によると、これらの企業は他の企業と比較して、世界の航空気象予測システム市場で累積的に大きなシェアを獲得しています。

航空気象予報システム市場概要

航空気象予測システムのプレーヤーには、相互に依存しているハードウェア メーカーとソフトウェア プロバイダーの両方が含まれます。ハードウェア メーカーとソフトウェア プロバイダーは、Collins Aerospace、IBM Corporation、Campbell Scientific Inc、SutronDTN、Spire Global、Universal Weather and Aviation Inc、VaisalaUbimetなどです。航空気象予測システム市場には、世界市場のかなりの部分を占めるビジネスに従事する小規模企業が多数存在します。小規模企業は、今後数年間で市場規模をさらに拡大する新技術の開発のための研究開発活動にも取り組んでいます。これらの組織は、政府規制機関の支援を受けて、顧客のニーズの高まりに応じて、新しい高度な航空気象予測システムの開発への投資を長年にわたって増やしてきました。政府の規制機関は、軍用空港と民間空港に契約を提供することで、ハードウェア メーカーとソフトウェア プロバイダーの両方の航空天気予報システムを支援しています。

要件に合わせてリサーチをカスタマイズ

当社の標準製品では満たされない分析と範囲を最適化し、調整することができます。この柔軟性により、事業計画や意思決定に必要な正確な情報を得ることができます。

航空気象予報システム市場:

航空気象予報システム市場

  • CAGR (2023 - 2031)
    7.3%
  • 2023年の市場規模
    6.3億米ドル
  • 2031 年の市場規模
    11 億 1,000 万ドル

市場動向

成長の原動力
  • より安全な航空運航に対する意識の向上
  • 電子気象予報システムの導入
将来の動向
  • 新しい空港の建設と既存の空港の拡張により、新規設置の需要が生まれる
機会
  • 気象監視ドローンの配備

キープレーヤー

  • キャンベル サイエンティフィック社
  • コリンズ・エアロスペース
  • アイ・ビー・エム株式会社
  • スートロン株式会社
  • ヴァイサラ
  • ユニバーサル ウェザー アンド アビエーション Inc
  • ENAV SPA
  • DTN
  • スパイア・グローバル

地域概要

  • 北米
  • ヨーロッパ
  • アジア太平洋地域
  • 中南米
  • 中東とアフリカ

市場セグメンテーション

成分
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • サービス
応用
  • 気象観測所
  • 気象ドローン
  • 風船
予測タイプ
  • 短距離
  • 中距離
  • 拡張範囲
  • 長距離
  • サンプル PDF では、コンテンツの構造と情報の性質を定性的および定量的分析で紹介します。

航空気象予報システム市場の推進力と機会

電子気象予報システムの導入

天気予報に関連する電子システムの導入と採用により、市場ベンダーは革新的な製品を開発し、急増する需要に対応するようになりました。さらに、いくつかの空港は、施設全体でのより安全な運用を実現するために、滑走路と空港敷地全体に電子気象監視システムを設置する取り組みを行っています。たとえば、2024 年 1 月、コロラド州のサライダ空港ハリエット アレクサンダー フィールド (KANK) は、空港での着陸作業をより安全に行えるようにする新しい最先端の電子気象システムの運用開始と運用を発表しました。空港の空気状況をより良く理解できるようになりました。

気象監視ドローンの配備

気象ドローンは、地球の大気の最下層(境界層)を飛行するように特別に設計されており、大気中の温度、風、湿度、雷雨、気圧に関する情報を収集するセンサーが装備されています。気象データを収集するためのドローンの導入は、予測期間中に市場ベンダーに大きな機会を生み出すと予想される主要な要因の 1 つです。これらのドローンには、湿度、気圧、温度などの気象データを収集し、気象観測所に報告する熱力学センサーが搭載されています。リアルタイム予測システムは、空港でこのデータを利用できます。リアルタイム予測システムは、そのデータを使用して天気予報と航空交通環境の最新情報を提供します。いくつかの組織は現在、航空業界全体の気象予測システムにより正確でリアルタイムのデータを提供するために利用できる、より信頼性の高いドローン気象監視システムを実現するために、より効率的なドローン データ収集システムの開発に取り組んでいます。

航空気象予報システム市場レポートのセグメンテーション分析

航空気象予測システム市場分析の導出に貢献した主要なセグメントは、コンポーネント、アプリケーション、予測タイプです。

  • 航空気象予測システム市場は、コンポーネントに基づいて、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されます。 2023 年にはハードウェア部門がより大きな市場シェアを獲得しました。
  • アプリケーションに基づいて、航空気象予測システム市場は気象観測所、気象ドローン、気象観測気球などに分類されます。気象観測所部門は 2023 年にさらに大きな市場シェアを獲得しました。
  • 予測タイプに基づいて、航空気象予測システム市場は短距離、中距離、拡張距離、長距離に分類されます。 2023 年には短距離セグメントがより大きな市場シェアを獲得しました。

地理別航空気象予報システム市場シェア分析

航空気象予測システム市場レポートの地理的範囲は、主に北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南米の5つの地域に分かれています。

2023 年の市場は北米が独占し、続いてヨーロッパとアジア太平洋地域が続きます。さらに、アジア太平洋地域でも今後数年間で最も高い CAGR が見込まれる可能性があります。アジア太平洋地域の人口の多い2カ国、すなわち中国とインドはすでに新空港建設の将来計画を発表している。例えば、インド政府は 2023 年に、2025 年末までに国内に 80 の新しい空港を建設する計画を発表しました。同様に、中国も 2035 年末までに 216 の新しい空港を建設する計画を発表しました。これはさらに予想されています。今後数年間でアジア太平洋地域全体の航空気象予測システム市場の設置を促進します。

航空気象予報システム市場レポートの範囲

レポート属性詳細
2023年の市場規模6.3億米ドル
2031年までの市場規模11.1億ドル
世界の CAGR (2023 ~ 2031)7.3%
歴史的なデータ2021-2022
予測期間2024~2031年
対象となるセグメントコンポーネント別
  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • サービス
用途別
  • 気象観測所
  • 気象ドローン
  • 風船
予測タイプ別
  • 短距離
  • 中距離
  • 拡張範囲
  • 長距離
対象となる地域と国北米
  • 私たち
  • カナダ
  • メキシコ
ヨーロッパ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • ロシア
  • イタリア
  • ヨーロッパの残りの部分
アジア太平洋地域
  • 中国
  • インド
  • 日本
  • オーストラリア
  • 残りのアジア太平洋地域
中南米
  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • 南アメリカおよび中央アメリカの残りの地域
中東とアフリカ
  • 南アフリカ
  • サウジアラビア
  • アラブ首長国連邦
  • 残りの中東およびアフリカ
市場のリーダーと主要な企業概要
  • キャンベル サイエンティフィック社
  • コリンズ・エアロスペース
  • アイ・ビー・エム株式会社
  • スートロン株式会社
  • ヴァイサラ
  • ユニバーサル ウェザー アンド アビエーション Inc
  • ENAV SPA
  • DTN
  • スパイア・グローバル
  • サンプル PDF では、コンテンツの構造と情報の性質を定性的および定量的分析で紹介します。

航空気象予報システム市場のニュースと最近の動向

航空気象予測システム市場は、重要な企業出版物、協会データ、データベースなどの一次および二次調査後の定性的および定量的データを収集することによって評価されます。航空気象予測システム市場の発展のいくつかを以下に示します。

  • 気象庁、FLYHT Aerospace Solutions Ltd. (TSX-V: FLY) (OTCQX: FLYLF)、および Loganair とのパートナーシップは、英国における天気予報の精度と局地的な悪天候の予測を向上させることを目的としており、次のようなメリットが期待されます。航空業界では、より効率的なルート計画や CO2 排出削減目標のサポートなどを行っています。 (出典: 気象庁、プレスリリース、2023 年 8 月)
  • アルゼンチン・ナベガシオン・アレア航空は、サン・ミゲル・デ・トゥクマン空港、サン・サルバドル・デ・フフイ空港、サルタ・アルゼンチン空港における3つの新しい自動気象観測システム(AWOS)の設置作業が完了したと発表した。 (出典: Empresa Argentina de Navegación Aérea、プレスリリース、2022 年 1 月)

航空気象予報システム市場レポートの対象範囲と成果物

「航空気象予報システム市場規模と予測(2021年から2031年)」レポートは、以下の領域をカバーする市場の詳細な分析を提供します。

  • 航空気象予測システムの市場規模と、対象となるすべての主要市場セグメントの世界、地域、国レベルでの予測
  • 航空気象予測システムの市場動向、およびドライバー、拘束装置、主要な機会などの市場動向
  • ポーターのファイブフォース分析の詳細
  • 主要な市場動向、世界的および地域的枠組み、主要企業、規制、最近の市場動向をカバーする航空天気予報システム市場分析
  • 市場集中、ヒートマップ分析、著名なプレーヤー、航空気象予測システム市場の最近の動向をカバーする業界状況と競争分析
  • 詳しい会社概要
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which region dominated the aviation weather forecasting system market in 2023?

North America region dominated the aviation weather forecasting system market in 2023.

What are the driving factors impacting the aviation weather forecasting system market ?

Increase in awareness about safer aviation operations and introduction of electronic weather forecasting systems are some of the factors driving the growth for aviation weather forecasting system market.

What are the future trends of the aviation weather forecasting system market ?

Construction of new airports and expansion of existing airports generating demand for new installations is one of the major trends of the market.

Which are the leading players operating in the aviation weather forecasting system market ?

Campbell Scientific Inc, Collins Aerospace, IBM Corporation, Sutron Corporation, Vaisala, Universal Weather and Aviation Inc, ENAV SpA, DTN, and Spire Global are some of the key players profiled under the report.

What would be the estimated value of the aviation weather forecasting system market by 2031?

The estimated value of the aviation weather forecasting system market by 2031 would be around US$ 1.11 billion.

What is the expected CAGR of the aviation weather forecasting system market ?

The aviation weather forecasting system market is likely to register of 7.3% during 2023-2031.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports