フランスのスマートケア市場は15.1%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに114億7,565万米ドルに達すると予想

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030295
  • Category : Healthcare IT
  • Status : Published
  • No. of Pages : 69
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

フランスのスマートケア市場規模は、2022 年の 37 億 2,801 万米ドルから 2030 年までに 114 億 7,565 万米ドルに成長すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 15.1% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:< /strong>

スマートケアは、データのインテリジェントな交換を通じて医療機関における患者の流れと患者ケアを改善するスマート システムを具体化したものです。スマートケアでは、患者のデータは、患者が次にどこに行く予定であるかに応じて、ある部門から別の部門に、またはある施設から別の施設に即座に転送されます。スマートケアで使用されるテクノロジーには、医療現場で使用される遠隔患者モニタリング (RPM)、電子医療記録 (EHR)、および無線周波数識別 (RFID) システムがあります。人工知能 (AI)、モノのインターネット (IoT)、5G テクノロジー、および技術的に先進的な製品の使用により、フランスのスマートケア市場の成長が促進されます。

成長運転者と拘束者:

医療機器の数が増加しているため、医療機器からデータを収集、管理、使用する能力は複雑になっています。患者のケアに使用されます。医療機器の接続とは、データ交換を容易にするために医療機器を電子医療記録 (EMR) または電子医療記録 (EHR) にリンクすることを指します。 EHR は、紙の患者カルテをデジタル表示したものです。 EHR は、承認されたユーザーが安全かつ即座に利用できる情報を提供するリアルタイムの患者中心の記録です。 EHR システムは、医療提供者のオフィスで収集される標準的な臨床データを超えるように設計されています。患者のケアをより包括的に把握できます。医療機器および医療機器のデータを EMR システムおよび臨床ソリューションと統合することは、現代の医療にとって重要です。 EMR の概念が導入された当初、病院スタッフは医療機器からのデータを手動で保存して確認する必要があり、時間がかかりました。医療機器接続を使用すると、データが医療機器から EHR/EMR ソフトウェアに直接転送され、時間が最大 4 分から 20 秒に短縮されます。また、この統合は、患者の健康情報の包括的かつ最新のビューを提供し、医療提供者が情報に基づいた意思決定を行い、より良い患者ケアを迅速に提供できるようにするために重要です。医療費も削減されます。ウェアラブルおよびポータブル医療機器や新しい医療機器の台頭により、医療提供者はますます大量のデータを自社の EMR システムに統合するようになっています。

EMR ソリューションの高度な導入と重要性の高まりフランス全土の政府の多くが、全国的な医療情報交換の構築に取り組んでおり、効率的なスマートケア ソリューションの需要を推進しています。このように、EHR/EMR と医療機器接続の利用の拡大が、フランスのスマートケア市場の成長を促進しています。

遠隔医療は、患者、医師、医療システムの間のギャップを埋めるために、次のことを可能にします。患者は仮想チャネルを通じて医師と遠隔から通信できます。軽微な問題のために不必要に病院に行くのを減らすのに役立ちます。ウェアラブル テクノロジーを遠隔医療サービスと組み合わせると、医療提供者がリアルタイムの患者データを調査して、個別にインテリジェントな洞察を生成し、快適で安全な自宅から最適な治療計画を立てることができます。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、医療機器の接続を通じてタグ付けされた遠隔医療サービスやウェアラブル技術の使用が増加しています。感染拡大後、バーチャル診察はフランスの社会保障によって全額補償される。遠隔患者モニタリング (RPM) は、患者の健康データや医療データを収集して分析する遠隔医療プログラムです。過去 10 年間でこの技術は拡大し、医療転帰と非感染性慢性疾患の治療が改善されました。しかし、日常的な臨床活動への RPM の導入は限られています。フランス保健省は、2014 年に ETAPES という名前の一時的な資金提供プログラムを導入しました。このプログラムを通じて、糖尿病、慢性心不全、慢性腎不全、慢性呼吸不全、治療用植込み型人工心臓の医療提供者と RPM ソリューション プロバイダーは一時的に資金提供を受けています。資金提供された。さらに、このプログラムは、日常的な臨床活動のための RPM 資金提供モデルをモデルに統合するための事前設定です。遠隔医療がフランスの医療システムにもたらす利点を探求することに加えて、革新的なテクノロジーの使用を奨励するために、この制度は 2022 年まで延長されました。フランス政府が遠隔医療と RPM の償還に重点を置くようになったことにより、医療システムにおけるスマートケア デバイスの使用に対する意識が高まりました。したがって、有利な償還シナリオが利用できることで、フランスのスマートケア市場の成長が促進されます。

Business News Daily が掲載した記事によると、平均的な病室には 15 ~ 20 人が収容されています。接続された医療機器。いくつかの病院では、接続された医療機器の数がラップトップやスマートフォンなどのモバイル デバイスの数を 4 対 1 上回っています。大病院には約 85,000 台の接続されたデバイスが収容されており、各デバイスは業務効率を確保しながらケアを提供する上で重要な役割を果たしています。これらの接続されたデバイスは、悪意のあるサイバー攻撃に対して脆弱です。そのため、医療情報や患者データに関連するデータ侵害の件数は徐々に増加しています。ヘルスケアは、年間のサイバー攻撃数において金融業界に次ぐ第 2 位です。最近のサイバー攻撃により、サイバーセキュリティとデータ リスク管理センターの問題が前面に押し出されています。 2022年12月、ベルサイユの病院はサイバー攻撃により手術を中止し、一部の患者を緊急手術のために他の病院に移送しなければならなかった。同様に、2022 年 8 月にはコルベイユ エソンヌ病院もサイバー攻撃の標的になりました。このため、デジタル ヘルスケアは、誤って設定されたクラウド ストレージ バケット、武器化されたランサムウェア、フィッシングメールなどによるサイバー攻撃やデータ侵害の格好の標的となっており、その結果、スマートケアの導入が抑制されています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:< /u>

「フランスのスマートケア市場」は、タイプとエンドユーザーに基づいて分割されています。スマートケア市場はタイプ別に、コネクテッド ベッド、遠隔患者モニタリング、スマート ピル、スマート シリンジ、RFID システム、電子医療記録などに分類されます。スマートケア市場は、エンドユーザーごとに、病院や診療所、医療老人ホーム、在宅医療などに分類されます。

セグメント分析:

スマートケア市場はタイプ別に、コネクテッド ベッド、遠隔患者モニタリングに分類されます。 (RPM)、スマート ピル、スマート シリンジ、RFID システム、電子医療記録 (EHR) など。 2022 年には遠隔患者監視セグメントが最大の市場シェアを保持しましたが、電子医療記録セグメントは予測期間中に 16.0% という最高の CAGR を記録すると予想されます。遠隔患者モニタリング (RPM) テクノロジーは、患者の所在地の健康監視および診断デバイスから患者の医療情報を収集し、それを医師または別の場所の医師に転送するために使用されます。 RPM は、脈拍数、心拍数、血中酸素レベル、血糖、血圧、バイタルサインなどの生理学的パラメーターをリモートで監視および分析します。これにより、患者の入院時間が短縮され、通院回数が減り、患者のケアと生活の質がさらに向上します。遠隔監視デバイスの開発は、将来の財政、特に医療のバランスを危険にさらします。 TELEHPAD は、地方で医療をより利用しやすくすることを目的とした取り組みです。特別養護老人ホームの病室は総合病院や精神科病院に直接接続されているため、養護老人ホームの入居者と一般の地域住民を含む患者は遠隔診療にアクセスできます。したがって、高齢者医学、精神科、皮膚科、心臓病科、神経科の遠隔診療の恩恵を受けることができます。 TELEFIGAR は、老人ホームの入居者に、老年病学、神経学、皮膚科、内分泌学の専門家との遠隔相談のオプションを提供することを目的としたもう 1 つのプログラムです。

電子健康記録 (EHR) または電子医療記録(EMR) は患者中心のリアルタイムのデジタル記録であり、認定された医療専門家が患者データをすぐに利用できるようにします。これには、患者の病歴、薬、アレルギー、治療計画、診断、予防接種日、放射線画像、臨床検査結果が含まれます。国家デジタルヘルス庁 (ANS) は、政府の e-ヘルス戦略を運用するために 2019 年 12 月に設立されました。医療関係書類é (DMP) は、健康保険に加入しているすべてのフランス国民を対象とした、完全に相互運用可能な EMR です。全国規模の DMP は 2019 年に開始されました。DMP は、患者の情報を 1 か所の集中デジタル ロケーションに保管する、無料で安全かつ機密性の高い医療記録です。フランス政府による医療システムへの EHR 導入の取り組みの増加により、電子医療記録分野におけるフランスのスマートケア市場の成長が促進されています。

医療分野では、無線周波数識別 (RFID) システムが使用されています。患者、機器、医薬品、医薬品の追跡と健康記録の保守に使用されます。 RFID タグを患者のリストバンドや持ち物に取り付けて、患者の位置や状態を追跡できます。患者の誘拐を防止し、患者ケアを改善するのに役立ちます。タグを薬剤ボトルに取り付けて在庫を追跡し、患者が正しい薬剤を確実に受け取れるようにすることができます。患者に害を及ぼす可能性のある投薬ミスを防ぎます。機器、機械、車両の追跡は、病院に機器、車両などの位置を知らせ、資産の保守を支援するため、病院にとって非常に重要です。 RFID タグは、病院内外で移動する資産を追跡するためにも使用できます。

フランスのスマートケア市場、タイプ別 – 2022 年と 2030 年

スマートケア市場はエンドユーザーごとに病院と診療所に分類される、医療老人ホーム、在宅医療など。 2022 年には病院および診療所部門が最大の市場シェアを保持しましたが、在宅医療部門は予測期間中に 15.8% という最高の CAGR を記録すると予想されます。

国の分析:

フランスは長い間認識されてきました有名な医療機関、最先端の研究、高度なスキルを持った医療専門家による優れたヘルスケアが評価されています。世界保健機関 (WHO) によると、フランスは医療への投資 (公的および民間) において世界第 6 位にランクされています。フランス政府は、将来的に世界的な医療イノベーションのリーダーとなるために、医療施設への技術的に先進的な製品の導入に注力しています。ヘルス イノベーション 2030 計画は 2021 年にフランス政府によって開始されました。この計画の一環として、政府は国内のデジタル ヘルス戦略を加速するために 6 億 9,346 万米ドル (6 億 5,000 万ユーロ) を投資しました。このように、デジタルヘルスへの取り組みに対する政府の関心の高まりが、フランスのスマートケア市場の成長を促進しています。

国民の健康監視に使用できるスマート ウェアラブル デバイスの製品発売の増加遠隔医療および遠隔医療アプリケーションの利用拡大により、フランスのスマートケア市場の成長が促進されています。さらに、フランスでは、病院、老人ホーム、診療所などの医療機関が患者の流れを監視および管理し、ケアの質と施設の作業効率を向上させるために EHR および RPM テクノロジーの使用が増えていることも、スマートケア市場の成長を促進しています。< /span>

競争環境と主要企業:

Oracle Corp、 Samsung Healthcare、BodyCap、GE Healthcare Technologies、Orme SARL、AdolfWurth GmbH、およびCo KG、McKesson Corp、Kaspard、Domalys SAS、Siemens Healthineers、MintT、および Groupe WINNCARE SAS は、最大手のスマートケア企業の 1 つです。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。  

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is a smartcare?

Smartcare is the embodiment of smart systems to improve patient flow and patient care in healthcare institutions through intelligent interchange of data. In smartcare, the patient data is immediately forwarded from one department to another or from one facility to another, depending on where the patient is scheduled to go next. Remote patient monitoring (RPM), electronic health record (EHR), and radiofrequency identification (RFID) systems used in healthcare settings are among the technologies used in smartcare.

What are the driving factors for the France smartcare market worldwide?

The growth of the US smartcare market is attributed to a few key factors, such as growing penetration of EHR or EMR and medical device connectivity and favorable reimbursement scenario.

Who are the major players in the smartcare market?

The smartcare market majorly consists of the players such as Oracle Corp, Samsung Healthcare, BodyCap, GE Healthcare Technologies, Orme SARL, AdolfWurth GmbH & Co KG, McKesson Corp, Kaspard, Domalys SAS, Siemens Healthineers, MintT, and Groupe WINNCARE SAS

The List of Companies - France Smartcare Market

  1. Oracle Corp
  2. Samsung Healthcare
  3. BodyCap
  4. GE Healthcare Technologies
  5. Orme SARL
  6. AdolfWurth GmbH & Co KG
  7. McKesson Corp
  8. Kaspard
  9. Domalys SAS
  10. Siemens Healthineers
  11. MintT
  12. Groupe WINNCARE SAS

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports