イマーシブ エンターテイメント市場 - 規模とシェア分析| 2031年

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00038939
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] イマーシブ エンターテインメント市場規模は、2022 年の 875 億 1,000 万米ドルから 2030 年までに 5,197 億 7 千万米ドルに成長すると予想されています。イマーシブ エンターテインメント市場は、2022 年から 2030 年にかけて 24.9% の CAGR を記録すると推定されています。
< br>アナリストの視点:

ここ数年、没入型エンターテインメント市場は目覚ましい進化を遂げ、顧客やアーティストを魅了してきました。没入型の体験は、仮想現実や拡張現実などの技術の進歩によって促進され、エンターテインメント業界の急速な拡大も促進しました。 AR、MR、VR ヘッドセット、3D ディスプレイ、3D オーディオ、ジェスチャー認識、空間センシング、ホログラム、音声認識、ハプティクス、AI、ドローン、カメラなどのテクノロジーは、ますますアクセスしやすく、手頃な価格で価値のあるものになってきており、これは心強いことです。ゲーム、教育、エンターテイメントなどの特定の分野での採用。テクノロジーの進歩に伴い、SF は、仮想世界と物理世界の境界があいまいになる、より現実的で複雑な没入型エクスペリエンスを備えた現実のものになっていきます。

没入型エンターテインメントはまだ初期段階にありますが、すでに実現されています。ビデオゲーム、映画、音楽業界に大きな影響を与え始めています。今後数年間で、小売、ヘルスケア、教育などのさまざまな分野に劇的な影響を与えると予想されています。

イマーシブ エンターテイメント市場の概要:

イマーシブ エンターテイメントとは、エンターテイメントの最近の傾向を指します。観客、リスナー、またはプレイヤーを、より現実的でリアルでインタラクティブな世界に没入させることを目的としています。これは、触覚フィードバック、仮想現実、拡張現実、3 次元オーディオ、その他の技術を使用して実現できます。没入型エンターテイメントは、エンゲージメント、妥当性、全体的な楽しさの点で、従来の形式のエンターテイメントを超える体験を生み出すことを目的としています。ゲームやその他のアプリケーションでの仮想現実 (VR)、拡張現実 (AR)、および複合現実 (MR) の使用は、没入型エンターテイメントの新たなトレンドの 1 つです。エンターテイメント、教育、ヘルスケア、e コマース、ゲームなどのさまざまな業界の企業は、イマーシブ テクノロジーを使用してイノベーションをもたらし、顧客エクスペリエンスを向上させ、従来の運用慣行を覆しています。

イマーシブ エンターテイメント市場の推進力:

予測期間中のイマーシブ エンターテイメント市場の成長を促進するために、エンターテインメント業界全体でイマーシブ テクノロジーが幅広く適用される

イマーシブ テクノロジーは最近人気が高まっており、さまざまな業界に革命を起こし、消費者の世界体験方法を変革しています。仮想現実 (VR) や拡張現実 (AR) から複合現実 (MR) や拡張現実 (XR) まで、没入型テクノロジーはエンターテインメント業界に新たな可能性をもたらします。エンターテインメント分野では、ユーザーが仮想環境に完全に没入したり、架空の人物や物語との斬新で魅力的なインタラクションに参加したりできるイマーシブ テクノロジーの使用が増加しています。過去数年間、仮想現実システムは大きくて高価だったため、ほとんどの消費者はアクセスできませんでした。それにもかかわらず、VR ヘッドセットがより広く入手可能になり、価格も手頃になったため、近年では顧客のイマーシブ テクノロジーへの関心が高まっています。人々はリビング ルームで新しい世界を探索したり、臨場感あふれるビデオ ゲームをプレイしたりできるようになりました。 Oculus、HTC Corporation、Sony などの企業が VR エクスペリエンスを提供しています。

仮想現実はメディアおよびエンターテインメント分野で重要な位置を占めており、主にテレビ シリーズや映画などの没入型ビデオ コンテンツの作成と改善に使用されます。さらに、仮想現実 (VR) は、ユーザー エクスペリエンスを向上させ、背景情報を含むインタラクティブなツアーを実現するために、美術館や博物館で使用されています。一方で、拡張現実は、エンターテインメント業界を変えつつある、収益性の高い没入型テクノロジーとして台頭しています。映画制作者は、観客が積極的にストーリーに参加できる没入型ストーリーを作成するために VR と AR を実験しています。これらのテクノロジーは、コンサートやスポーツ イベントなどのライブ イベントで使用され、ゲストにユニークな体験を提供し、インタラクションとエンゲージメントを高めます。

AR と VR は、エンターテインメント業界向けに革新的で画期的なソリューションを継続的に生み出しています。この分野の企業は、視聴者にとって十分に魅力的なエキサイティングなエンターテイメント方法を提供するために、魅力的な仮想環境を作成するための新しいアイデアをますます考え出しています。このように、エンターテイメント業界全体でイマーシブ テクノロジーが広く適用されることで、イマーシブ エンターテイメント市場が推進されます。

戦略的洞察

イマーシブ エンターテイメント市場レポートのセグメンテーションと範囲:

イマーシブ エンターテイメント市場コンポーネント、テクノロジー、エンドユーザー、地理に基づいてセグメント化されています。イマーシブ エンターテイメント市場は、コンポーネントに基づいてハードウェア、ソフトウェア、サービスに分かれています。没入型エンターテインメント市場はテクノロジーに基づいて、仮想現実 (VR)、拡張現実 (AR)、複合現実 (MR) などに分類されます。没入型エンターテインメント市場は、エンドユーザーに基づいて、メディアとエンターテインメント、ゲーム、デザインと建築、教育、小売などに分類されます。イマーシブ エンターテイメント市場は、地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南アメリカに分類されます。

イマーシブ エンターテイメント市場セグメント分析:

に基づくイマーシブ エンターテイメント市場は、ハードウェアとソフトウェアとサービスに分かれています。イマーシブ エンターテインメント市場のハードウェア部門は、2022 年に最高の市場シェアを獲得して市場をリードすると予想されています。イマーシブ テクノロジーは、イマーシブ エクスペリエンスを生み出すために設計された高度なハードウェアに大きく依存しています。これには、ヘッドセット、センサー、コントローラー、物理的なフィードバックを提供する触覚デバイスが含まれます。 Oculus Quest 2 と HTC VIVE Focus は、VR ハードウェアの人気のある例の 1 つです。カメラやその他のセンサーを備えたスマートフォンは、モバイル デバイス上のアプリの AR ハードウェアとしても機能します。

イマーシブ エンターテイメント市場の主要企業分析:

Microsoft Corporation。メタプラットフォームズ株式会社;クアルコム・テクノロジーズ社; Google LLC;ソニー株式会社;インフォシス; HTC コーポレーション;サムスン電子株式会社;アップル社。;

イマーシブ エンターテイメント市場の最近の動向:

合併や買収などの無機的戦略と有機的戦略が、多くの企業で高度に採用されています。市場の企業。最近の主要な没入型エンターテイメント市場の動向をいくつか以下に示します。

2023 年 12 月、ソニー ピクチャーズは、シカゴのオークブルック センターに脱出室、インタラクティブな展示、レーシング シミュレーター、VR アトラクションを備えた没入型屋内エンターテイメント パークの立ち上げを発表しました。 、バンパーカー、飲食物。このエンターテイメント施設は 45,000 平方フィートの小売スペースを占めます。没入型体験は、ゾンビランド、ジュマンジ、ゴーストバスターズなど、同スタジオの映画、テレビ、ビデオ ゲーム シリーズのヒット作に基づいています。2023 年 10 月に、Netflix は「Netflix Houses」という名前の実店舗をオープンする計画を発表しました。 2025 年に米国で開始されます。Netflix ハウスでは、顧客はお気に入りの Netflix 番組に没頭しながら、買い物、再生、交流を行うことができます。2023 年 10 月、AXA XL リスク コンサルティングは、仮想現実を活用した革新的なトレーニング ソリューションである AXA イマーシブ ソリューションの立ち上げを発表しました。 (VR) およびデジタルツインテクノロジー。 AXA Immersive Solutions は、AXA XL のリスク コンサルタントに標準的な工場の 3D モデルへのアクセスを提供し、VR 体験を使用してリスク マネージャー、施設/プラント マネージャー、現場オペレーターに魅力的で洗練されたトレーニングを提供します。2023 年 8 月、ドルビー ラボラトリーズはイマーシブオーディオにおける最新のイノベーション、Dolby Atmos FlexConnect の発表。 Dolby Atmos FlexConnect は、テレビのサウンド システムとアクセサリのワイヤレス スピーカーをシームレスに組み合わせて、より広範で臨場感のある Dolby Atmos の適切な体験を実現する新機能です。 TV ブランドの TCL は、2024 年の TV ラインナップに初めて Dolby Atmos FlexConnect を実装しました。2023 年 7 月、パンジャブ国立銀行は、没入型 3D 体験を備えた仮想支店 PNB Metaverse の立ち上げを発表しました。これは銀行の仮想支店であり、既存および新規の顧客にユニークな銀行体験を提供し、銀行預金、小売/MSME ローン、デジタル製品、女性/高齢者、 「Do It Yourself」と政府の旗艦計画 2023 年 6 月、シルク・ドゥ・ソレイユ エンターテイメント グループと Cosm は、没入型 LED ドーム ショーを開始するための提携を発表しました。このパートナーシップに基づき、コズムは今後の会場で象徴的なシルク・ドゥ・ソレイユのショーを制作し、上演します。最初の施設は 2024 年春にロサンゼルスにオープンし、総面積 65,000 平方フィートの施設内に直径 26.6 メートルの LED ドームが展示されます。2023 年 3 月、Infinite Reality は、没入型イベント、エンターテイメント、そして小売体験。すべての Infinite Reality 製品とエクスペリエンスにある新しい AI 対応機能により、ユーザーはアバター販売員とのリアルタイムのエンゲージメントにアクセスできるようになり、アバター販売員はブランドの製品とサービス、消費者の好みについて迅速かつ直感的にトレーニングを受けることができます。2023 年 2 月に、iQIYI、中国の革新的なオンライン エンターテイメント サービスである同社は、上海での完全没入型エンターテイメント体験である洛陽 VR プロジェクトの立ち上げを発表しました。このプロジェクトは、VR テクノロジー、オリジナルの IP ベースのプロットライン、イマーシブ シアターを組み込んだ完全没入型エンターテイメント体験を紹介します。2022 年 11 月、Infinite Reality は、没入型デジタル技術製品スイート、Infinite Skybox、Infinite Showroom、Infinite Mainstreet の発売を発表しました。それは人々がライブ イベントやオンライン ショッピングを体験する方法を再定義します。これらの新しいローンチは、クリエイターやブランドが視聴者と関わる方法を破壊するプラグアンドプレイの仮想環境です。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which region is holding the major market share of global immersive entertainment market?

The North America held the largest market share in 2022, followed by Europe and Asia Pacific.

Which are the key players holding the major market share of immersive entertainment?

The key players, holding majority shares, in immersive entertainment includes Microsoft; Meta Platforms, Inc.; Qualcomm Technologies, Inc; Google LLC; and Sony Corporation among others.

What is the estimated global market size for the immersive entertainment in 2022?

The immersive entertainment was valued at US$ 87.51 billion in 2022 and is projected to reach US$ 519.77 billion by 2030; it is expected to grow at a CAGR of 24.9% during 2022–2030.

What are the future trends of the immersive entertainment market?

Integration of artificial intelligence is the future trend of the immersive entertainment market.

Which is the fastest growing regional market?

North America is anticipated to grow with the highest CAGR over the forecast period.

What are the driving factors impacting the immersive entertainment market?

Widespread application of immersive technologies across entertainment industry, strategic initiatives by key market players, and advancements in Virtual Reality (VR), Augmented Reality (AR), And Mixed Reality (MR) are the driving factors impacting the immersive entertainment market grrowth.

The List of Companies - Immersive Entertainment Market 

  • Microsoft Corporation
  • Meta Platforms, Inc.
  • Qualcomm Technologies, Inc.
  • Google LLC
  • Sony Corporation
  • Infosys
  • HTC Corporation
  • Samsung Electronics Co., Ltd.
  • Apple Inc.
  • Magic Leap, Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports