ウェルビーイングプラットフォーム市場 - 2031年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Aug 2023

  • Report Code : TIPRE00030018
  • Category : Healthcare IT
  • Status : Published
  • No. of Pages : 205
Inquire Before Buy

PRICING

$4550

$3640

【調査レポート】ウェルビーイングプラットフォームの市場規模は、2022年の4,492億1,000万米ドルから2030年までに7,122億米ドルに成長すると予想されています。この市場は、2022 年から 2030 年にかけて 5.9% の CAGR を記録すると推定されています。

アナリストの視点

福利厚生プラットフォーム市場分析では、職場の増加などの推進要因が説明されています。 -関連障害と従業員の健康プログラムの実施による医療費の削減。さらに、技術の進歩は、2022 年から 2030 年にかけて市場が成長する将来の傾向として機能します。総合福祉サービスセグメントは、サービスベースで、2020年に福祉プラットフォーム市場で最大のシェアを占めました。カテゴリー別では、組織/雇用主セグメントが2022年に市場を支配しました。提供モデル別では、オンサイトセグメントが市場を支配しました。予測期間中にかなりのシェアを獲得してウェルビーイングプラットフォーム市場を支配するでしょう。家庭用セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて、エンドユーザー別の福利プラットフォーム市場で最大のシェアを占めると予想されます。

従業員の福利厚生プラットフォームは、従業員の健康をサポートするデジタル ソリューションです。チームの精神的、肉体的な健康。雇用主は、従業員の健康促進に役立つツールを使用して、より健康的で生産性の高い職場環境を促進する必要があります。このような取り組みにより、医療リスクとコストを削減し、仕事の満足度と従業員の定着率を高めることができます。また、ウェルビーイング プラットフォームは、厳選された健康志向のライフスタイル プログラムや健康改善タスクへの個人の参加を奨励します。したがって、テクノロジー主導のプラットフォームは、従業員が身体的、精神的、栄養学的、その他のパラメーターを定期的に追跡するのに役立つ、さまざまな地域にわたる福利厚生プログラムとサービスをシームレスに支援します。

市場洞察

職場関連障害の増加がウェルビーイングプラットフォーム市場の成長を促進
世界保健機関(WHO)の報告書によると、雇用されている個人は世界人口の50%以上を占め、15%以上を占めています。このうち精神障害を抱えて生きている人たちです。効果的なサポートがなければ、精神障害は人の自信や生産性を妨げ、欠勤を増加させる可能性があります。毎年、うつ病や不安により 120 億労働日が失われています。しかし、仕事に関連したメンタルヘルス状態は、職場での心理的リスクを管理し、労働条件や環境を直接対象とした組織的介入を実施することで回避できます。さらに、職場での健康リスク評価(HRA)の実施を増やすことは、身体的および精神的健康状態に対処するための最良の解決策の 1 つです。

KFF 2023 レポートによると、2019 年には、従業員の 84% が、大企業(従業員 200 人以上)は、従業員に禁煙、減量、健康的なライフスタイルの導入、行動指導コースの受講を奨励する職場健康プログラムを提供しました。大企業の 4% は健康診断に重点を置いたウェルネス プログラムを実施しています。さらに、大企業の間でHRAの導入が増加し、その結果、健康給付の提供率は2008年の47%から2019年には65%に上昇しました。雇用主の中には、従業員にHRA中に健康情報を開示するよう奨励するために金銭的インセンティブを提供しているところもあります。少数の大規模雇用主も、体格指数 (BMI) やコレステロール値を指定範囲内に維持するなど、最適な健康状態を達成するためのインセンティブを提供しています。連邦規制と医療費負担適正化法は、このような健康を条件としたウェルネス プログラムを認可しています。このように、ウェルネス プラットフォーム市場は、職場関連障害の急増とともに成長しています。

戦略的洞察

ウェルビーイング プラットフォームに新たな成長トレンドをもたらす技術の進歩市場

デジタル プラットフォームは、今日のビジネスの運営方法を劇的に変革しました。ビジネス環境の変化に伴い、従業員のウェルネス エコシステムも変化しています。福利厚生プラットフォーム市場の企業は、包括的な従業員の福利厚生戦略を開発するために、産業保健システム、人工知能、ビッグデータなどの最先端のテクノロジーやイノベーションを積極的に取り入れようとしています。 Frontiers SA のレポートによると、デジタル化はさまざまな分野で情報技術 (IT) を活用する新しい現象であり、特に医療分野での高度な応用が顕著です。ウェアラブルおよびデジタル バイオマーカー アプリも、生理学的データを収集するために広く採用されています。従業員はスマートフォンを使用して自分の気分を自己報告できます。彼らの声を録音して感情状態を測定する。あるいは、スマートウォッチを使用して心拍数、皮膚温度、皮膚電気活動などのパラメータを追跡し、健康状態を評価します。したがって、デジタル ツールを使用してデータを収集することで職場のメンタルヘルスの課題に対処することができ、雇用主はチームの幸福度の向上を目指すことができます。

レポートの細分化と範囲

サービスベースの洞察

サービスに基づいて、ウェルビーイングプラットフォーム市場は、健康リスク評価、フィットネス、禁煙、健康診断、栄養と体重管理、ストレス管理、包括的なウェルビーイング、その他。総合的なウェルビーイングセグメントは、2022年に最大の市場シェアを保持しました。フィットネスセグメントは、2022年から2030年にかけてウェルビーイングプラットフォーム市場で大幅なCAGRを記録しました。包括的な福利厚生プログラムとは、従業員の身体的、精神的、感情的な健康を促進するための、組織による構造的かつ統合的なアプローチを指します。このようなプログラムは、生産性、仕事の満足度、従業員のエンゲージメントを高める前向きな職場環境を作り出します。包括的なウェルネス プログラムは、従業員が 1 つまたは 2 つの分野に焦点を当てるのではなく、ウェルネスのあらゆる側面に取り組むことで全体的なウェルビーイングを追求できるように支援します。この包括的なアプローチにより、従業員のエンゲージメントが向上し、より効果的なウェルネス プログラムが実現します。身体的健康の提供にはフィットネス施設やウェルネスへの挑戦が含まれる一方、精神的健康のサポートにはカウンセリング、ワークショップ、従業員支援プログラムへのアクセスが含まれる場合があります。心の幸福は、マインドフルネス プログラムや心の知能指数ワークショップを通じて促進されます。

組織が従業員の健康と幸福に投資する価値を認識するにつれて、包括的な企業の幸福プログラムの人気が高まっています。雇用主はワークライフバランスを重視し、栄養教育を提供し、経済的健全性のリソースを提供します。従業員の健康を促進することで、生産性の向上、従業員の定着促進、欠勤の削減、そして最終的には職場環境の成功に貢献する前向きな組織文化の構築を目指しています。

カテゴリベースの分析情報

カテゴリーに基づいて、健康プラットフォーム市場は、フィットネスおよび栄養コンサルタント、心理療法士、組織/雇用主に分類されます。組織/雇用主セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを占めました。フィットネスおよび栄養コンサルタントセグメントは、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。フィットネスと栄養のコンサルタントは、フィットネスとストレス管理のテクニックを教育することで、クライアントの健康目標の達成を支援します。彼らは、身体的健康と精神的健康の相関関係を強調することにより、医療サービスを提供するための包括的なアプローチを採用しています。フィットネス コンサルタントは、多様な人々をサポートするためにカスタマイズされた運動プログラムを促進します。さらに、栄養コンサルタントはクライアントの食習慣と繁栄の目標を検討して、食事プランを推奨し、クライアントを特定の病気から守るための適切な栄養について指導します。コンサルタントは、従業員のフィットネスと栄養習慣の改善に関して専門的な指導とサポートを提供します。これらは、従業員の全体的な幸福を高め、より健全な職場文化を促進する上で重要な役割を果たします。同社のサービスには、個人のニーズに合わせたパーソナライズされたフィットネス プログラム、食事のアドバイス、グループ フィットネス クラス、ウェルネス ワークショップ、テクノロジーを使用したパフォーマンス追跡などが含まれます。さらに、雇用主はキャンパス内で健康的なケータリングのオプションを提供することで、健康的な食事を奨励するために多額の投資を行っています。不健康な習慣を持つ従業員は病気の負担を増大させ、生産性の低下や欠勤につながり、雇用主は従業員のために追加の健康保険料の支払いを余儀なくされます。したがって、雇用主は健康プログラムを利用して、体調不良の従業員の健康上の問題によって引き起こされる経済的負担を軽減します。

不健康なライフスタイルや食習慣による糖尿病や肥満などの疾患の有病率の上昇により、人口が急増すると予想されています。ウェルビーイングプラットフォームの採用。フィットネスおよび栄養コンサルタントのサービスをウェルネスへの取り組みに統合することで、企業は生産性を向上させ、医療費を削減し、従業員の満足度を高める健康を意識した環境を構築することができます。従業員の福利厚生に対する意識が高まり続けるにつれ、福利厚生プラットフォーム市場は今後数年間でさらに成長すると予想されます。

デリバリーモデルベースの洞察

デリバリーに関してモデルでは、福利プラットフォーム市場はオンサイトとオフサイトに分類されます。 2022 年には、オンサイト部門がより大きな市場シェアを占めました。オンサイト サービスは、働く人々の健康ニーズを満たすために、フィットネス コンサルタントやコーチの指導の下で運動できる施設を提供します。両社は、身体検査、聴力検査、薬物スクリーニング、ウェルネス プログラム、および予防接種、視力検査、健康リスク評価などのサービスをオンプレミスで実施するためのドライブを手配します。いくつかの大規模組織は、健康的な環境を作り出すために、社内ジムやフィットネス センターなどの社内ウェルネス プログラムを提供しています。 Wellable LLC は幅広いオンサイト サービスを提供し、クライアントに完全なウェルネス体験を提供します。同社は、健康コーチングからフィットネス クラスに至るまで、人間同士の交流を組み合わせてウェルネス プログラムに個人的なタッチを与えています。同社は、ウェルネス サービスをウェルネス プラットフォームに直接統合することで、ウェルネス プログラムのさまざまな部分を接続することもできます。

オンサイト プログラムは、従業員のエンゲージメント率を高め、従業員の生産性を向上させ、ひいては慢性疾患の予防に役立ちます。

健康プラットフォーム市場、製品別 - 2022 年および 2030 年

地域分析

北米が大半を占めた。 2022 年の健康プラットフォーム市場は最大のシェアを占める。北米は世界の福祉プラットフォーム市場で最大のシェアを占めており、米国、カナダ、メキシコが地域市場の成長に大きく貢献しています。米国は、この地域における福祉プラットフォームの最大の市場です。北米における福祉プラットフォーム市場の成長は、慢性疾患の発生率の増加、長時間労働などが原因と考えられています。さらに、雇用主が職場で効果的な企業ウェルネス プログラムを導入することで、この地域のウェルビーイング プラットフォーム市場に成長の機会がもたらされる可能性があります。

2020 年 4 月、Stepped Care Solutions、Kids Help Phone と Homewood Health は協力して、メンタルヘルスと薬物使用の仮想ネットワークへのアクセスを提供するオンライン プラットフォームである Wellness Together Canada (WTC) を立ち上げました。さらに、2022 年 1 月には、すべての州と準州の 20 億人を超える人々が WTC ポータルにアクセスできるようになり、毎週 20,000 ~ 30,000 人が福祉サービスを利用しました。

メキシコには資金を提供する老舗企業があります。オンデマンドのウェルネス プラットフォーム。メキシコのオンデマンド スパおよびウェルネス会社である SCAPE は、現在メキシコの 25 都市とコロンビアの 4 都市で事業を展開し、85,000 以上のサービスを提供しています。 SCAPEの資金調達の成功とウェルネス産業の成長は、より多くの注目を集め、地域のベンチャーキャピタルやその他の新興企業からの資金提供を集めています。前述の要因は、ウェルビーイングプラットフォーム市場がスタートアップエコシステムでビジネスを拡大する有利な機会を提示しています。

レポートは、世界のウェルビーイングプラットフォーム市場で活動している主要プレーヤーをプロファイルしています。これらには、Virgin Pulse Inc、Limeade Inc、Optum Inc、Vitality Group International Inc、Bravo Wellness LLC、Sonic Boom Wellness LLC、WebMD Health Services Group Inc、Fitbit LLC、Asset Health Inc、Healthcheck360、Marquee Health LLC、Wellright Inc、Wellworks for が含まれます。お客様、Wellable LLC、Wellness 360 Technologies Inc、WellSteps.com LLC、および CHC Wellbeing Inc.
2021 年 7 月、Limeade は従業員リスニング ソフトウェアのパイオニアである TINYPULSE の買収を発表しました。この買収により、顧客が健康的な従業員エクスペリエンスを生み出す支援に取り組む2社が統合されることになる。2021年11月、ヴァージン・パルスは健康成果の向上とコスト削減を推進するためにウェルトクの買収を発表した。この買収により、両社は、医療コミュニティ全体のクライアント、メンバー、消費者をサポートする業界初のエンドツーエンドのエンゲージメントおよびアクティベーション プラットフォームを導入できるようになります。 会社概要

Virgin Pulse IncLimeade IncOptum IncVitality Group International IncBravo Wellness LLCSonic Boom Wellness LLCWebMD Health Services Group IncFitbit LLCAsset Health IncHealthcheck360Marquee Health LLCWellright IncWellworks for YouWellable LLCWellness 360 Technologies IncWellSteps.com LLCCHC Wellbeing Inc.
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What was the estimated well-being platform market size in 2022?

The well-being platform market was valued at US$ 449.21 billion in 2022.

Which segment is dominating the well-being platform market?

Based on delivery model, the global well-being platform market is bifurcated into onsite and offsite. The onsite segment held a larger market share in 2022. However, the offsite segment is anticipated to register a higher CAGR during the forecast period.

Who are the major players in the well-being platform market?

The well-being platform market majorly consists of the following players, Virgin Pulse Inc, Limeade Inc, Optum Inc, Vitality Group International Inc, Bravo Wellness LLC, Sonic Boom Wellness LLC, WebMD Health Services Group Inc, Fitbit LLC, Asset Health Inc, Healthcheck360, Marquee Health LLC, Wellright Inc, Wellworks for You, Wellable LLC, Wellness 360 Technologies Inc, WellSteps.com LLC, and CHC Wellbeing Inc.

What are the driving factors for the well-being platform market?

The factors driving the growth of the well-being platform market include the rise in workplace-associated disorders and reduction in healthcare costs. However, the failure in product positioning and implementation hampers the growth of the well-being platform market.

What are the growth estimates for the well-being platform market till 2030?

The well-being platform market is expected to be valued at US$ 712.20 billion in 2030.

What is well-being platform?

Corporate wellness initiatives are designed to support and encourage a complete approach to employee wellbeing by creating an organizational culture of health. Wellbeing services are offered by the companies for the benefit of employees at workplace through technologically advanced platform. A well-being platform is an online platform that provides solutions and support to help individuals improve their physical, mental, and emotional health. These platforms may offer various services, such as fitness classes, mental health counseling, stress management techniques, and other services. These platforms are becoming popular as more people seek convenient and affordable ways to improve their overall health and wellbeing.

The List of Companies - Well-being Platform Market

  1. Virgin Pulse Inc
  2. Limeade Inc
  3. Optum Inc
  4. Vitality Group International Inc
  5. Bravo Wellness LLC
  6. Sonic Boom Wellness LLC
  7. WebMD Health Services Group Inc
  8. Fitbit LLC
  9. Asset Health Inc
  10. Healthcheck360
  11. Marquee Health LLC
  12. Wellright Inc
  13. Wellworks for You
  14. Wellable LLC
  15. Wellness 360 Technologies Inc
  16. WellSteps.com LLC
  17. CHC Wellbeing Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports