アフリカのVSAT市場規模と2031年までの成長予測

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00038986
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 117
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

アフリカ超小型開口端末 (VSAT) の市場規模は、2022 年に 5 億 2,502 万米ドルと評価され、2030 年までに 1 億 1,402 万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 8.6% の CAGR を記録すると推定されています。

アナリストの視点:

超小口径端末 (VSAT) テクノロジーは、データを送信できる付加価値のある衛星アクセスを提供します。インターネット/イントラネット アプリケーション、ビデオ、VoIP、パブリック ネットワークまたはプライベート ネットワーク。 VSAT テクノロジーは、その柔軟性、迅速な展開、セットアップと運用コストの低さにより、プライベート、公共/政府、ビジネス アプリケーションのネットワークを構築するためにますます利用されています。アフリカの VSAT 市場予測は、インターネット サービス プロバイダーがブロードバンド インターネット設備を評価して世界の遠隔地での通信範囲を拡大するのに役立ちます。

アフリカ VSAT 市場の概要:

この調査は、アフリカの顕著な成長を予測しています。 VSAT 市場規模は、2022 年から 2030 年の間に 8.6% の CAGR を記録しました。 VSAT は、衛星通信ネットワークを介してデータ、音声、およびビデオ信号を送受信するために利用されるコンパクトな地上局です。これは 2 つの主要なコンポーネントで構成されます。1 つは衛星への障害物のない見通しが必要な屋外トランシーバー、もう 1 つはトランシーバーをエンド ユーザーの通信機器 (PC など) に接続する屋内デバイスです。

トランシーバーは、宇宙にある衛星トランスポンダーとの通信を確立します。対照的に、衛星は、トランシーバーと、システムの中央ハブとして機能する中央地上局コンピューターとの間の信号の中継器として機能します。このネットワーク構成はスター トポロジを形成し、各エンド ユーザーは衛星経由でハブ ステーションに接続されます。 VSAT テクノロジーは、ブロードバンド インターネット アクセス、POS トランザクション、リモート アクセス、およびその他のさまざまな通信要件に対応する、柔軟で信頼性が高く、コスト効率の高い接続ソリューションを提供します。サイバーセキュリティの懸念などの課題にもかかわらず、アフリカの VSAT 市場は、遠隔地産業や政府部門でのアプリケーションの拡大により繁栄すると予測されています。さらに、アフリカの VSAT 市場のプレーヤーは、遠隔地での衛星インターネット アクセスの需要が拡大する中、競争力を維持するために常に戦略をアップグレードしています。

戦略的洞察

アフリカの VSAT 市場の推進者:
< br>海事IoTアプリケーション向けの安全な通信に対する需要の高まりがアフリカのVSAT市場の成長を促進

IoTデバイスが海上業務で注目を集めるにつれ、これらのデバイスと陸上システム間の安全でシームレスな通信が重要になっています。 VSAT テクノロジは、インターネット、データ、および電話の双方向衛星通信を可能にする、海洋アプリケーションの貴重なリソースとして登場しました。 VSAT システムは、海洋 IoT アプリケーションの中断のない機能を保証する、信頼性が高く堅牢な通信インフラストラクチャを提供します。海事部門は、リアルタイム監視、遠隔管理、データ交換などの重要な機能に大きく依存しています。したがって、アフリカの VSAT 市場の成長は、海事アプリケーションにおける安全な通信に対する需要の高まりによって推進されています。

アフリカの VSAT 市場で事業を展開している企業は、地域全体にビジネスを拡大しています。 2020 年 8 月、海事および陸上部門向けの無線および衛星通信ソリューションの有名プロバイダーである Cobham Satcom は、SAILOR XTR ポートフォリオを拡大しました。この拡張には、Telenor Satellite の THOR 7 VSAT サービス用に特別に設計された 2 つの新しい Ka バンド アンテナ システムの導入が含まれます。 1 メートルの SAILOR 1000 XTR Ka と 65 センチメートルの SAILOR 600 XTR Ka は、Cobham Satcom の最先端の VSAT 技術プラットフォームを組み込んだ新たに導入されたシステムです。これらのシステムは、クラウドベースのビッグデータ管理を含むいくつかのネットワーク アプリケーションをサポートする THOR 7 衛星での高速ブロードバンド サービスを保証し、それによってアフリカ VSAT 市場シェアの拡大を促進します。

アフリカ VSAT 市場レポートのセグメント化:

アフリカのVSAT市場は、ソリューションに基づいてサービスと機器に分類されます。 VSAT サービスには、共有帯域幅 TDMA VSAT サービスが含まれます。インターネット アクセス C バンド、Ku バンド、Ka バンド。 1:1、1:4、および 1:10 の競合率を持つ共有帯域幅サービス。 iDirect、Newtec、および Hughes DVB プラットフォーム。専用帯域幅 SCPC VSAT サービス (Comtech、Newtec、UHP Romantis モデム)。スター型(VSAT端末からハブ地球局)およびメッシュ型(VSAT端末からVSAT端末)。ポイントツーポイントまたはポイントツーマルチポイント接続。電源オプション: ポータブル発電機とソーラー パネル技術。安全なプライベート VPN。および設置サービス。さらに、VSAT 接続は、通常の地上波ベースのインターネット プロバイダーと同様に、毎月請求されます。ただし、1 日または週の特定の時間にのみ使用したり、緊急時のみに使用したりするための特別な取り決めを行うこともできます。

VSAT が提供するインターネット サービスは、世界で利用できる最も安価な衛星インターネット接続の 1 つです。アフリカのVSAT市場。 VSAT 機器には、VSAT アンテナなどの衛星通信を促進するさまざまなハードウェア コンポーネントが含まれます。ブロック アップコンバータ (BUC) - BUC ユニットは、低エネルギー信号を高エネルギー信号に変換し、VSAT から信号を「送信」するために使用されます。低ノイズ ブロック ダウンコンバータ (LNB) - LNB は、高エネルギー信号を低エネルギー信号に変換し、衛星から受信したデータをモデム用の信号に変換するために使用されます。屋外ユニット (ODU)、屋内ユニット (IDU)、モデム - 衛星からの信号をコンピュータ ネットワークまたはコンピュータ ハブで使用可能なデータにデコードする独自のハードウェア、およびネットワーク オペレーション センター (NOC)。 LNB、BUC、モデムはいずれも何らかの外部電源を必要としますが、通常は比較的低電力です。

複数回の停電に直面している組織や拠点では、衛星提供のインターネットが毎回必要な場合は、VSAT のバッテリー バックアップを検討する必要があります。 。さらに、BUC および LNB ユニットは屋外に配置されており、簡単にアクセスできます。プラットフォームごとに、市場は陸上 VSAT、海上 VSAT、および航空 VSAT に分けられます。アプリケーションの観点から、アフリカの VSAT 市場はブロードバンド/データ ネットワーク、プライベート ネットワーク サービス、音声通信、放送などに分類されます。

地域別アフリカ VSAT 市場分析:

アフリカの VSAT 市場は、高速インターネット接続に対する需要の増加、衛星通信技術の進歩、遠隔地での信頼できる通信ネットワークの必要性などの要因によって牽引されています。

2019 年 11 月、Communication Services FZCO (InterSAT) )は、アフリカでの VSAT サービスの提供を専門とする会社で、新しく開始した SkyFi 衛星ブロードバンド サービスをサポートするために Hughes Jupiter System を選択しました。このサービスは、サハラ以南アフリカの消費者および中小企業 (MSME/SME) を対象としています。合意に従い、InterSAT は、ユーザーの効率的かつ高速な接続を確保するために、最新世代の JUPITER ゲートウェイと多数の高速顧客端末を導入する予定です。

2020 年 8 月、パラタス 南アフリカの子会社であるパラタス 南アフリカは、 Paratus Africa (アフリカ全域の著名な電気通信サービスプロバイダー) は、南アフリカの衛星市場に多額の投資を行う計画を発表しました。これらの投資は、南アフリカとその他のアフリカへの高品質の接続を提供することを目的としています。 Paratus は、衛星技術を活用して、インターネット サービス プロバイダー (ISP) と企業に、幅広いニーズに応える多用途で信頼性が高く、コスト効率の高い通信ソリューションを提供しています。したがって、このような取り組みはアフリカの VSAT 市場規模全体に利益をもたらすと予想されます。

収益の面では、ナイジェリアがアフリカの VSAT 市場シェアを独占しました。ナイジェリアにおける VSAT テクノロジーの利用は、大きな注目と重要性を集めています。ナイジェリアでは、VSAT は衛星インターネット アクセス、POS 取引、遠隔医療、ビデオ通信など、さまざまな目的に使用されています。ナイジェリア政府はその価値を認識し、世界的に競争力のあるデジタル経済に必要なデジタルスキルを国民に提供する政策を実施しました。さらに、ナイジェリアにおけるブロードバンド接続の普及を促進する目的で、連邦政府は、2021 年 3 月に 600 人のナイジェリアの若者に VSAT の設置と必須スキルのトレーニングを提供する計画を発表しました。通信・デジタル経済大臣は、アブジャにおける VSAT ソリューションの設置に関する国家政策。この政策は、全国の若者が必要な専門知識を身につけるための VSAT インストール トレーニング プログラムの実施を促進することを目的としています。

アフリカの VSAT 市場プレーヤー: 競争環境:

GlobalTT SaRL、NTvsat 、Talia Communications Ltd、Afrikanet Oxford Consultech UK Ltd、Norsat International Inc、Sandstream Telecoms、VSATmena FZCO、Echostar Corp、Link Communications Systems Ltd は、アフリカ VSAT 市場レポートで紹介されている著名なプレーヤーの 1 つです。合併と買収、パートナーシップ、研究開発活動は、プレーヤーが市場での地位を示すために採用する重要な戦略です。

最近の展開:

合併と買収などの無機戦略と有機戦略が高度に採用されています。アフリカのVSAT市場の企業による。最近の主要な市場動向を以下に示します。

2020 年 4 月、Norsat International は、ポータブルで展開が簡単な商用端末の WAYFARER シリーズに新しい衛星アンテナを発売すると発表しました。2024 年 1 月に、Esカタールの衛星会社である hailSat は、中東および北アフリカ (MENA) 全体の VSAT 接続のために Viasat Energy Services とのパートナーシップを拡大しました。この協定は、東経 25.5 度に位置し、特に政府、海事、石油・ガス、エネルギーなどの多様な分野をターゲットとした Es'hail-1 衛星の能力を利用しています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What will be the market size for Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market by 2030?

The Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market is expected to reach US$ 1014.02 million by 2030.

Which country/region is holding the major market share of Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market?

The rest of Africa held the largest market share in 2022, followed by Nigeria and South Africa.

What is the estimated Africa market size for the VSAT (Very Small Aperture Terminal) market in 2022?

The Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market was valued at US$ 525.02 million in 2022 and is projected to reach US$ 1014.02 million by 2030; it is expected to grow at a CAGR of 8.6% during 2022–2030.

What are the driving factors impacting the Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market?

Factors such as increasing demand for VSAT systems in remote areas and growing demand for safe communications for maritime IoT applications are the driving the Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market growth.

Which are the key players holding the major market share of Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market?

The key players, holding majority shares, in Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market includes EchoStar Corporation, Ntvsat, Norsat International Inc, Vizocom, and Taila Communications Limited.

What is the future trend of the Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market?

Growing need for VSAT systems to enable telemedicine in remote areas is the future trend of the Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market.

Which is the leading solution segment in the Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) market?

The services segment held largest market share in 2022 and it is expected to grow with the highest CAGR during the forecast period 2023-2030.

The List of Companies - Africa VSAT (Very Small Aperture Terminal) Market

  1. GlobalTT SaRL       
  2. Vizocom ICT LLC                   
  3. NTvsat     
  4. Talia Communications Ltd                
  5. Afrikanet Oxford Consultech UK Ltd            
  6. Norsat International Inc    
  7. Sandstream Telecoms       
  8. VSATmena FZCO                 
  9. Echostar Corp       
  10. Link Communications Systems Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports