ヨーロッパのダイナミックポンプ市場は4.9%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに164億1,500万米ドルに達すると予想

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00031440
  • Category : Manufacturing and Construction
  • Status : Published
  • No. of Pages : 118
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

ヨーロッパのダイナミックポンプ市場は、2022年に111億7,120万米ドルを占め、2022年から2030年の間に4.9%のCAGRで成長し、2030年には164億1,500万米ドルになると予想されています。

アナリストの視点:

ヨーロッパのダイナミックポンプ市場は、石油・ガス、石油化学などを含む産業部門全体でのポンプ需要の増加によって牽引されています。ダイナミック ポンプは、脱水、下水、曝気、池の濾過、固体流体の輸送、井戸からの取水など、工業生産活動で広く使用されています。軸流ポンプ、遠心ポンプ、その他のポンプなどのダイナミック ポンプは、流体をある場所から別の場所に移送するために産業プラントで広く使用されています。欧州委員会機構によると、2022年のEU加盟国全体の鉱工業販売生産額は6兆7,644億6,000万米ドルに達し、2021年と比較して19%増加しました。EUでは、主要6カ国がEUの販売生産総額の74.0%を生み出しました。 。生産シェアはドイツが26.0%で最も高く、次いでイタリア19%、フランス11%、スペイン8%、ポーランド6%、オランダ4%となっている。残りの EU 諸国は、堅実な工業生産活動全体のシェアの約 26% に貢献しました。この工業生産には、食品および飲料、金属生産、自動車、化学、精製所などの主要産業が含まれます。これらの産業では生産活動を行うために水も必要であり、水はさまざまな動的ポンプを通じて供給されます。このように、ヨーロッパ諸国全体での工業生産活動の高まりにより、ダイナミックポンプに対する膨大な需要が生まれています。

さらに、金属製造の工業生産の名目販売額は2,780億7,000万米ドルに達し、次いで食品製造が続いています。 、2021 年と比較して、2022 年には約 1,390 億 3,000 万米ドルを占めました。

また、化学製品の製造は 941 億 5,000 万米ドルと評価され、次に機械および装置の製造が 547 億 5,000 万米ドルと評価されました。 2022. これらの工業生産活動では、さまざまな生産活動を行うためにダイナミックポンプが広く使用されています。また、2021年のEU諸国への原油輸入量は4億4,650万トンに達した。原油輸入国の大半はロシアで1億1,230万トン、次いでノルウェーで4,360万トン、2021年には米国で3,740万トンとなっている。このように、原油輸入と工業生産活動の増加により、原油の大量需要が生み出されている。ヨーロッパのダイナミックポンプ。

市場概要:

ヨーロッパのダイナミックポンプ市場は、厳しい規制、技術革新、持続可能性の重視を特徴とする堅牢で多様な状況を示しています。水処理、製造、石油・ガス、インフラ開発などのさまざまな業界で、ダイナミック ポンプは流体処理アプリケーションの重要なコンポーネントとして機能します。

都市部の水と廃水処理に対する EU 政府の投資の増加が推進しています。ダイナミックポンプ市場の成長。たとえば、2022 年 3 月、欧州投資銀行はスコピエの下水処理施設の建設に 7,636 万米ドルの補助金を投資しました。 EUの銀行投資により、バルカン半島投資枠組みに基づいて同国に資金が付与された。さらに、この欧州銀行は、約 8,621 万米ドルを投資して 1,600 以上のプロジェクトを支援してきました。このプロジェクトには、ヨーロッパの住民のための改修、衛生設備、飲料水インフラの提供が含まれています。ダイナミック ポンプは、ある場所から別の場所へ流体を抽出および輸送するために、石油化学および化学業界で広く使用されています。

戦略的洞察

市場の推進力:

上昇中の住宅用およびポンプの産業用途

ダイナミックポンプは、液体を低レベルから高レベルに持ち上げたり、低圧領域から高圧領域に移動したりする油圧装置です。これらのポンプは、機械エネルギーを油圧エネルギーに変換することで流体を移送します。住宅地では、水をある地点から別の地点に輸送するためにポンプが広く使用されています。ヨーロッパ全土で都市化が進み、住宅建設セクターが大幅に増加しています。国連経済社会省の 2022 年の報告書によると、人口の約 74% がヨーロッパ全土の都市部に住んでいます。これほど人口が多いと、自治体からの水の供給が必要になります。家庭部門では水ポンプを使用しており、水を各家庭に直接届けることができます。この水は、遠心ポンプや水中ポンプなど、さまざまなタイプの動的ポンプの助けを借りて供給されます。新築住宅用建物は、2021 年の欧州の総建設投資の約 20.6% を占めます。これは、2021 年の建設投資全体の増加の主な原動力の 1 つでしたが、2022 年には 0.2% 減少しました。 2022 年に EU は総 GDP の 5.7% を占めました。

さらに、ヨーロッパでは工業化が進み、食品および飲料産業が急速に成長しています。 2022 年の食品飲料欧州委員会組織報告書によると、EU の食品飲料産業は約 1 兆 2,000 億米ドルの収益を生み出し、その経済に約 2,507 億 4,000 万米ドルを追加しました。食品および飲料セクターは、この地域で最大の製造業の 1 つと考えられており、EU の食品および飲料の約 60.0% が国際市場に輸出されています。また、EU 諸国は食品および飲料製品の最大の輸出国であり、輸出額は 2022 年に 1,700 億 7,000 万米ドルに達し、国際貿易黒字額は 795 億 8,000 万米ドルに達します。食品および飲料産業は、流体を 1 つのポンプから輸送するためにダイナミック ポンプを使用しています。液体の定量注入や廃棄物の除去など、さまざまなプロセスで別の場所に移動します。また、ポンプは製造や包装、上下水の下水処理、廃水処理にも広く使用されています。ダイナミック ポンプは、食品および飲料の製造工場でスラッジや廃棄物を除去するために高品質の材料を使用しています。遠心ポンプは、食品や飲料、油などを加工するために水やその他の液体を輸送するためにインペラを使用します。したがって、ポンプの住宅用および産業用アプリケーションの増加が、ヨーロッパのダイナミック ポンプ市場を牽引しています。

セグメント分析:

タイプに基づいて、世界のダイナミック ポンプ市場は、遠心ポンプ、水中ポンプに分類されます。 、および軸流ポンプ。遠心ポンプは横型遠心ポンプと立型遠心ポンプに分かれます。上下水処理プラントの需要の増加により、2022 年には遠心ポンプが最大のシェアを占めました。また、これらのポンプは、流体をある場所から別の場所に移送するために、石油、ガス、石油化学の分野で広く使用されています。欧州委員会機構によると、2022年、英国を除くEU諸国の石油生産量は日量約34万3千バレルに達した。これにより、ダイナミック ポンプ市場に大規模な需要が生まれました。

地域分析:

フランスのダイナミック ポンプ市場は、食品業界の主要企業による投資の増加に加え、医薬品生産の増加によって牽引されています。および飲料業界。製造および製薬部門では、さまざまな作業で使用される流体をある場所から別の場所に処理するためにダイナミック ポンプが必要です。また、フランスには、フランスのトゥールーズの Salher、Weda AB、FPZ SpA、PCM Europe SAS、HOMA Pumps、Dellmec などのポンプ製造会社がいくつかあります。フランスのダイナミックなポンプ市場の成長に貢献している主な産業は、上下水処理プラント産業、石油・ガス、食品・飲料分野です。

さらに、追加の制御機能を備えたインテリジェントポンプ製品に対する需要が高まっています。ポンプの損傷を防ぐことと、全国的に成長している農業部門が市場の成長を推進しています。フランスの農地は、2022 年の時点で 7,400 万エーカー (3,000 万ヘクタール) であると記録されています。この農地には、作物の灌漑と農場の植物への水を供給するための動的なポンプが必要です。

主要企業の分析:< br>
Xylem Inc.、Flowserve Corporation、Grundfos Holding A/S、荏原製作所、Sulzer Ltd、および KSB SE & Co KGaA。は、ダイナミック ポンプ市場の著名な市場参加者です。

最近の展開:

合併や買収などの無機的および有機的戦略は、ダイナミック ポンプ市場の企業によって高度に採用されています。マーケット イニシアティブは、企業が世界中に拠点を拡大し、増大する顧客の需要に応えるために採用する戦略です。ダイナミックポンプ市場に参加する市場プレーヤーは、主に、先進的な機能とテクノロジーを自社の製品に統合することによる製品とサービスの強化に焦点を当てています。ダイナミックポンプ市場の主なプレーヤー別の最近の動向を以下に示します。



ニュース

2023年9月

大手Xylem Inc.世界的な水技術企業である LORENTZ とドイツの太陽熱温水ポンプメーカーである LORENTZ は、太陽光発電ポンプ システムの利用可能性を世界的に拡大するための販売契約を締結すると発表しました。これらの持続可能なポンプ ソリューションは、農業、灌漑、飲料水用途で一般的に使用されており、水管理者が運営コストを削減しながら脱炭素化目標に取り組むことができます。

2023 年 12 月

荏原ポンプ ヨーロッパ SpA、ガンベララ、イタリアは、日本を除く世界市場向けに、新しいインラインポンプモデル 3E/3ES を発売しました。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Who are the major vendors in the Europe dynamic pumps market?

Xylem Inc., Flowserve Corporation, Grundfos Holding A/S, Sulzer Ltd, and KSB SE & Co KGaA are the top key market players operating in the Europe dynamic pumps market.

What are market opportunities for the Europe dynamic pumps market?

The paper and pulp-making process involves mixing, metering, and pumping a wide range of chemicals and abrasive materials. The paper & pulp industry uses dynamic pumps to handle caustic chemicals, as well as help in transferring fluids from one place to another. Paper and pulp mills require continuous feeding of the paper pulp solution using dynamic pumps for constant production.

What are reasons behind the dynamic pumps market growth?

Dynamic pumps are hydraulic devices that lift a liquid from a low level to a high level as well as move it from a low-pressure area to a high-pressure area. These pumps transfer fluids by converting their mechanical energy into hydraulic pressure energy. In the residential area, pumps are widely used to transport water from one point to another point. There is an increase in urbanization and a substantial rise in the residential construction sector across Europe.

Which country to dominate the Europe dynamic pumps market in the forecast period?

The dynamic pump market in Germany held the largest share in 2022, due to an increase in industrial production activities and growing oil and gas import and export activities, among others. Per the International Energy Agency Report in 2022, the crude oil production in Germany was ~23 million ton. As of 2021, there were approximately 44 crude oil reserves that use dynamic pumps to carry fluid from one place to another.

What is the future trend for the Europe dynamic pumps market?

In Europe, there is a rise in the adoption of AI, IoT, predictive analytics, and other digital technologies. The adoption of these technologies improves the dynamic pump efficiency without additional repair and maintenance costs. The IoT-based platform integrates pumps to offer wider flow-control systems.

The List of Companies -Europe Dynamic Pumps Market 

  1. Xylem Inc
  2. Flowserve Corporation
  3. Grundfos Holding A/S
  4. EBARA CORPORATION
  5. Sulzer Ltd
  6. ITT Inc
  7. WILO SE
  8. The Gorman-Rupp Co
  9. Torishima Pump Mfg Co Ltd
  10. KSB SE & Co KGaA

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports