2031年までの音声ベースの決済市場の成長分析とレポート

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00032625
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 音声ベースの決済市場規模は、2022 年に 64 億 7,000 万米ドルと評価され、2030 年までに 143 億 7,000 万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 10.5% の CAGR が記録されると推定されています。

音声ベースの決済市場アナリストの見解:

< /span>

音声ベースの決済市場は、決済サービス プロバイダーの多数の音声コマース ソリューションによって近年大幅な成長を遂げています。その結果、業界は拡大しており、音声決済の代替手段に興味を持つ顧客が増えています。

音声ベースの決済市場の概要:

音声ベースの支払いとは、通常は音声対応デバイスやデジタル アシスタントを通じて、音声によるコマンドや指示を使用して金融取引を行う方法を指します。このテクノロジーを使用すると、ユーザーは、入力やクリックなどの従来の手動入力の代わりに音声を利用して、支払い、送金の開始、またはその他の金銭取引を行うことができます。さらに、音声ベースの支払いは、モバイル アプリケーション、仮想アシスタント、スマート デバイスなどのさまざまなプラットフォームに統合できるため、企業は顧客に幅広い支払いオプションを提供できます。このテクノロジーには、多くの場合、認証プロトコルや暗号化などの堅牢なセキュリティ対策が組み込まれており、機密性の高い財務情報のプライバシーと保護が確保されています。利便性と効率性を求める世界では、非接触型決済の需要が急増しています。

デジタル決済方法の採用が急増する中、新たなプレーヤーが登場しています。消費者が音声ベースの支払いを処理する方法に革命をもたらします。非接触型決済の人気はここ数年で著しく高まっています。近距離無線通信 (NFC) テクノロジーの出現により、消費者はスマートフォンや非接触型カードを決済端末にタップするだけで安全な支払いができるようになりました。このテクノロジーにより、取引時間が短縮されただけでなく、物理的な接触の必要性が減り、特に世界的パンデミックの影響で利便性と衛生性が向上しました。

音声ベースの支払いソリューションを利用することで、企業はスムーズで直感的な支払いエクスペリエンスに対する需要の高まりに応えることができ、顧客満足度が向上し、コンバージョン率が向上する可能性があります。さらに、このテクノロジーは社内の支払いプロセスを合理化し、金融取引を処理するためのより効率的かつ自動化された方法を企業に提供します。

音声ベースの支払い市場の推進力:

>

音声認識技術の進歩により音声ベースの決済市場が促進される 

音声は太古の昔から人間間のコミュニケーションの基本的な媒体でした。自動音声認識 (ASR)、機械学習 (ML)、および自然言語理解 (NLU) の進歩により、音声テクノロジーの機能が大幅に向上し、その結果、世界中で音声ベースの支払いの需要が高まっています。これらの進歩は、大量のデータとより適切に調整された AI アルゴリズムと組み合わされて、音声テクノロジーが主流になりました。

さらに、近年では音声ベースの採用が進んでいます。従来の支払いモデルに比べて利点があるため、支払い額が増加しました。音声ベースの支払いには、次のような利点があります。

  • 利便性
  • トランザクションの高速化
  • Hands - オペレーション不要
  • アクセシビリティの向上
  • パーソナライゼーション
  • 自動化
  • 顧客エンゲージメントの向上

音声ベースの支払いの主な目的は、金融取引を簡素化し、合理化することです。従来の銀行システムは、検証に必要ないくつかの段階を通過する必要があるため、難しくて時間がかかる場合があります。音声ベースの決済システムは、取引プロセスをよりユーザーフレンドリーかつ効率的にすることで、これらの問題の解決に努めています。 AI と NLP の進歩により音声アシスタントの精度と効率が向上し続けるため、音声ベースの支払いの将来は有望に見えます。電子商取引 Web サイト、モバイル アプリケーション、店舗内決済端末などのさまざまなプラットフォームとの統合により、音声ベースの支払いの導入がさらに促進されるでしょう。家庭でのスマート スピーカー、スマートフォン、その他の音声対応デバイスの使用が増えるにつれ、より多くの消費者が音声アシスタントにアクセスし、支払いなどのさまざまなタスクに音声アシスタントを快適に使用できるようになりました。この広範な採用により、音声ベースの支払い機能をこれらのデバイスに統合する道が開かれ、市場の成長がさらに促進されました。ただし、広く受け入れられ、シームレスなユーザー エクスペリエンスを確保するには、言語の壁、音声認識の精度、ユーザーの信頼などの課題に対処する必要があります。

戦略的洞察

音声ベースの決済市場のセグメント化と範囲:

音声ベースの決済市場コンポーネント、企業規模、業界、地理に基づいて分類されています。コンポーネントに基づいて、音声ベースの決済市場はハードウェアとソフトウェアに二分されます。企業規模に基づいて、市場は大企業と中小企業に分けられます。業界に基づいて、市場はBFSI、自動車、ヘルスケア、小売、政府などに分類されます。市場は地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、およびアジア太平洋地域に分類されます。アフリカ、南米。

音声ベースの決済市場セグメント分析:

企業規模に基づいて、市場は大企業と中小企業に二分されます。音声ベースの決済市場における大企業セグメントは、2022 年にはより大きなシェアを獲得して優勢になると予想されています。大企業はプロセスの合理化を優先し、より高速で便利な音声ベースの決済を選択し、それによって取引の摩擦を軽減します。さらに、生体認証や音声認識などの音声決済に統合された高度なセキュリティ対策は、堅牢な認証方法を求める大企業にとって魅力的です。

音声ベースの決済市場の地域分析: 

北米は世界最大の音声ベースの決済市場シェアを保持しています。この地域のさまざまな業界におけるハイテク導入の傾向により、音声ベースの決済市場の成長が促進されています。デジタルツールの導入の増加と政府機関による高額な技術支出は、北米の音声ベースの決済市場の成長を促進すると予想されるいくつかの要因です。さらに、米国とカナダの先進国では研究開発が重視されているため、北米のプレーヤーは技術的に高度なソリューションを市場に導入する必要に迫られています。さらに、この地域には革新的なテクノロジー企業、金融機関、決済ソリューションプロバイダーからなる強固なエコシステムがあります。これらの企業は、シームレスな音声ベースのトランザクションを促進するために、人工知能 (AI) や自然言語処理 (NLP) などの音声対応テクノロジーの開発と導入の最前線に立ってきました。市場における北米の優位性に貢献するもう 1 つの要因は、業界関係者間の協力です。金融機関、テクノロジー企業、決済サービスプロバイダーが協力して、セキュリティ、利便性、信頼性に対する消費者の要求を満たす堅牢な音声ベースの決済ソリューションを開発しています。たとえば、Googleは2021年9月に音声対応のガソリン支払いを導入し、一連のアップグレードの一環としてホンダとの提携を発表した。 Google アシスタントにより、ドライバーは音声コマンドを使用して、Conoco、76、Phillips 66、Exxon、Mobil を含む米国の 32,500 以上のガソリン スタンドで Google Pay を使用して購入できるようになりました。同社はまた、将来的には追加の駅やフランチャイズ名を含めてこの機能を拡張することも示唆しています。これらのコラボレーションにより、音声ベースの支払い機能がスマートフォンからスマート スピーカーに至るまで、さまざまなデバイスやプラットフォームに統合され、市場の成長がさらに促進されました。これらすべての要因は、この地域の音声ベースの決済市場の成長に貢献しています。

音声ベースの決済市場の主要企業分析:

音声ベースの決済市場分析は、NCR Corporation、Amazon.com などのプレーヤーで構成されています。 Google LLC.;ペイパル;バイブペイ; NPCI株式会社; PCI パル。

音声ベースの決済市場の最近の動向: 

>

合併や買収などの無機戦略と有機戦略は、市場のさまざまな企業で高度に採用されています。最近の主な音声ベースの決済市場の動向を以下に示します。

  • 2023 年 9 月、安全な決済ソリューションの世界的大手プロバイダーである PCI Pal は、次のことを発表しました。 PCI 準拠の支払いソリューション スイート向けの自動音声認識 (ASR) テクノロジーの最新の進歩。これには、PCI Pal Agent Assist や IVR Payments など、評判の高いサービスの機能強化が含まれます。これらの次世代 ASR 改善のリリースは、安全で準拠した支払い処理を保証する最先端のソリューションを提供するという PCI Pal の取り組みを強調するものです。
  • 2023 年 9 月、インド国立決済公社 (NPCI)デジタル包括性を強化するために、いくつかの新しい支払い機能を導入しました。これらのサービスには、UPI のクレジット ライン、オフライン支払い用の UPI Lite X、Tap &近距離無線通信 (NFC) による支払い機能と、Hello! による会話型支払いBillPay Connect による UPI および会話型請求書支払い。
  • 2022 年 9 月、ToneTag はフィーチャー フォンで母国語による VoiceSe UPI 支払いを導入しました。このサービスにより、ユーザーはヒンディー語、タミル語、テルグ語、マラヤーラム語、カンナダ語、ベンガル語などの言語で音声ベースのデジタル支払いを行うことができます。同社は、近い将来、この音声ベースの決済システムの利用可能性をグジャラート語、マラーティー語、パンジャブ語など他の言語にも拡大する予定です。
  • 2021 年 9 月には、ソーシャル ペイメント開始サービス VibePay を開始します。は最近、ヨーロッパで音声起動のアカウント間支払い機能を発表しました。この新機能により、iOS の VibePay ユーザーは音声、特に Siri を使用して簡単に支払いを行ったりリクエストしたりできるようになります。支払いは即座に実行され、手数料はかからないため、英国の銀行口座間でのシームレスな取引が可能になります。 VibePay は、音声アクティベーションを統合し、取引手数料を排除することで、ユーザー エクスペリエンスを向上させ、顧客の支払いプロセスを合理化することを目指しています。
  • 2021 年 9 月、Google は音声対応のガソリン支払いを導入し、一連のアップグレードの一環としてホンダと提携。 Google アシスタントを使用すると、ドライバーは音声コマンドを使用して、Conoco、76、Phillips 66、Exxon、Mobil を含む米国の 32,500 以上のガソリン スタンドで Google Pay を使用して購入できるようになります。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which is the leading component segment in the voice-based payments market?

The software segment led the voice-based payments market with a significant share in 2022.

What are the driving factors impacting the voice-based payments market?

Increasing demand for contactless payments and advancements in speech recognition technology are driving factors in the voice-based payments market.

What are the future trends of the voice-based payments market?

The Internet of Things (IoT) devices like speakers and voice assistants are expected to drive the growth of the voice-based payments market in the coming years.

What will be the voice-based payments market size by 2030?

The voice-based payments market is expected to reach US$ 14.37 Billion by 2030.

What is the estimated global market size for the voice-based payments market in 2022?

The voice-based payments market was estimated to be valued at US$ 6.47 billion in 2022 and is projected to reach US$ 14.37 billion by 2030; it is anticipated to grow at a CAGR of 10.5% over the forecast period.

Which is the fastest-growing region in the voice-based payments market?

Asia Pacific is anticipated to grow at the fastest CAGR over the forecast period.

Which key players hold the major market share of the voice-based payments market?

The key players holding majority shares in the voice-based payments market include NCR Corporation, Amazon.com, Inc., Google LLC., NPCI Corporation, and PayPal.

The List of Companies - Voice-Based Payments Market

  • NCR Corporation
  • Amazon.com
  • Google LLC.
  • PayPal
  • Vibepay
  • NPCI Corporation
  • PCI Pal
  • Paysafe, Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports