2031年までのウイルスベクター製造市場規模、シェア、動向

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00038970
  • Category : Biotechnology
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

【調査レポート】ウイルスベクター製造市場は2022年の12.9億米ドルから2030年までに50.0億米ドルに成長すると予測されている。市場は、2022 ~ 2030 年に 18.4% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:

ウイルス ベクターは、遺伝物質を細胞に送達するのに役立ちます。レンチウイルス、アデノウイルス、レトロウイルス、アデノ随伴ウイルスなど、細胞の遺伝子組成に核酸を運ぶためにさまざまな種類のウイルスベクターを使用できますが、それぞれ特定の用途に対して独自の利点と欠点があります。ウイルスベクターは、予防および治療用ワクチンの基礎として遺伝子治療および細胞治療に使用されます。市場の成長を促進する主な要因は、臨床研究とウイルスベクター治療法の開発の増加、および遺伝子治療の需要の増加です。しかし、複雑なウイルスベクター開発プロセスがウイルスベクター製造市場の成長を妨げています。さらに、ウイルスベクターメーカーによる技術の進歩と戦略的活動により、今後数年間でウイルスベクター製造市場に新たなトレンドがもたらされることが予想されます。

成長推進要因と制約:

細胞治療および遺伝子治療の最近の発展これにより、先天性疾患やがんなどのさまざまな病気の治療が可能となり、ウイルスベクター製造の市場規模が拡大しています。 2022年9月にエルゼビア・ジャーナルに掲載された研究「遺伝子治療臨床試験、我々はどこへ行くのか」によると、中国国家食品医薬品局による約686件の臨床試験を経て、最初の遺伝子治療製品ゲンディシンが頭頸部がんに対して承認された。管理 (SFDA)。 2012年、リポタンパク質リパーゼ欠損症を示すグリベラが欧州医薬品庁(EMA)から承認され、臨床試験が2倍に増えた。同様に、2017 年に FDA は 2 つのキメラ抗原受容体 (CAR) 製品、キムリアとイエスカルタを承認しました。さらに、2019年には、小児脊髄性筋萎縮症を治療するための遺伝子治療の際に適用されるアデノ随伴ウイルスベクター(AAV)であるゾルゲンスマ(これまでで最も高価な薬剤)がFDAによって承認されました。

同様に、米国食品医薬品局(FDA)は近年、ウイルスベクターをベースにした多くの遺伝子治療を承認してきました。 FDA 組織高度治療局 (OTAT) によると、2023 年 8 月の時点で、30 を超えるウイルスベクター治療製品が FDA によって承認されています。同様に、Evaluate Pharma によると、2023 年 2 月の時点で、約 120 件のウイルスベクター治療薬が第 II 相試験中です。したがって、承認された遺伝子治療製品とウイルスベクターベースの遺伝子治療が毎年大幅に増加し、ウイルスベクター製造の市場規模が拡大しています。

しかし、ウイルスベクターの開発は、ウイルスベクターの生産と品質の課題を伴う複雑なプロセスです。管理措置。ウイルスベクターの生産には、最終製品の純度、安全性、有効性を確保するために、適正製造基準 (GMP) 慣行およびその他の規制基準を遵守した特殊な装置と施設が必要です。これらの要件を満たすためのリソースと専門知識が限られているため、これは製造業者、特に中小企業や新規参入者にとって重大な課題となる可能性があります。さらに、大規模なウイルスベクター製造は、ウイルスベクター開発のさまざまな段階に影響を与える可能性がある生産システムの非互換性など、他のさまざまな課題に直面しています。

Patheon (Thermo Fisher Scientific のサービス ブランド) によると、ウイルスベクターの商業化には、スケジュールの圧縮、アッセイの課題と変動性、腫瘍原性細胞株を使用した原料、商業規模で利用できる限られたバッチなどの不必要なリスクを軽減するための規制上の考慮が必要です。したがって、複雑なウイルス ベクター開発プロセスは、ウイルス ベクター製造市場の拡大を妨げています。

戦略的洞察

レポートの細分化と範囲:

「ウイルス ベクター製造市場分析」には、タイプ、疾患の適応、用途、エンドユーザーのセグメントを考慮して実施されました。種類に基づいて、市場はアデノウイルスベクター、アデノ随伴ウイルスベクター、レンチウイルスベクター、レトロウイルスベクターなどに分類されます。疾患の適応ごとに、市場はがん、遺伝性疾患、感染症などに分割されます。アプリケーションの観点から見ると、市場は治療薬開発、ワクチン開発、研究に分類されます。エンドユーザーに基づいて、ウイルスベクター製造市場は製薬会社およびバイオテクノロジー企業、研究機関、CDMOおよびCROに分割されます。地理的には、市場は主に北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(スペイン、英国、ドイツ、フランス、イタリア、その他の欧州)、アジア太平洋(韓国、中国、インド、日本、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)、中東とアフリカ(南アフリカ、サウジアラビア、UAE、その他の中東とアフリカ)、中南米(ブラジル、アルゼンチン、その他の国々)

セグメント分析:

種類に基づいて、市場はアデノウイルスベクター、アデノ随伴ウイルスベクター、レンチウイルスベクター、レトロウイルスベクターなどに分類されます。アデノ随伴ウイルスベクターセグメントは、2022 年のウイルスベクター製造市場で最大のシェアを保持しました。レンチウイルスベクターセグメントは、2022 ~ 2030 年に最高の CAGR を記録すると予想されています。

タイプ別ウイルスベクター製造市場 - 2022 年および2030年

疾患の適応症に基づいて、ウイルスベクター製造市場はがん、遺伝性疾患、感染症などに分類されます。がんセグメントは2022年に最大の市場シェアを保持し、遺伝性疾患セグメントは2022年から2030年にかけて最高のCAGRを記録すると予想されています。

アプリケーションによって、市場は治療薬開発、ワクチン開発、研究に区別されます。 。 2022 年には、ワクチン開発セグメントが最大の市場シェアを保持し、治療薬開発セグメントが 2022 ~ 2030 年に最高の CAGR を記録すると予想されています。

エンドユーザーの観点から見ると、市場は製薬とバイオテクノロジーに分類されています。企業、研究機関、CDMO および CRO。製薬およびバイオテクノロジー企業セグメントは、2022年から2030年にかけてウイルスベクター製造市場で大きなシェアを保持すると予想されています。

地域分析:

世界のウイルスベクター製造市場レポートの範囲は、北部に焦点を当てています。アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中南米、中東およびアフリカ

収益の面では、北米がウイルスベクター製造市場シェアを独占しました。医療インフラの発展、がんや遺伝性疾患の蔓延、米国全土の医療サービスへの支出の増加が、この国の市場の成長を牽引する重要な要因となっています。たとえば、米国癌協会の推計によると、2022 年には米国で約 190 万人が新たに癌と診断され、60 万 9,000 人を超える癌による死亡が報告されています。したがって、がん治療やその他の疾患のための臨床試験、ワクチン開発、生物医学研究におけるウイルスベクターの使用は、ウイルスベクター製造市場の成長に大きな影響を与えます。

業界の発展と将来の機会:

ウイルスベクター製造市場の予測は、この市場の利害関係者が成長戦略を計画するのに役立ちます。市場で活動する主要企業が講じた取り組みのいくつかを以下に示します。

2023 年 7 月、Biovian Oy は、フィンランドのトゥルクにある製造施設の拡張を発表しました。同社は、面積69,000平方フィートの施設に5,000万ドル(約55ドル)を超える大規模投資を発表した。この施設には、高度な治療用医薬品の開発と製造をサポートするための高度な技術と最先端の設備が収容されている。アデノウイルス療法やアデノ随伴ウイルスベクター(AAV)療法など。この製造施設には、原薬原料および最終医薬品製造用のクラス A ~ D の専用クリーンルーム エリアも備えています。 2023 年 5 月、世界有数のバイオ医薬品受託開発製造組織 (CDMO) である AGC Biologics は、次の 2 つのウイルス ベクター プラットフォームを開始しました。 BravoAAV と ProntoLVV。 AGC Biologics の革新的なプラットフォームは、レンチウイルス ベクター (LVV) と AAV の開発、製造、分析における 30 年の経験を合わせて活用することで、迅速、効果的、再現性のある臨床用および商業用 GMP の製造とリリースを提供します。 CDMO は、特許取得済みの方法論とキャプシド固有のプラットフォーム アプローチにより、9 か月で GMP 製品を提供でき、開発時間を短縮できます。2023 年 3 月、キャタレントは、AAV の開発と CGMP 製造のための UpTempo プラットフォーム プロセスの拡張を発表しました。 Catalent は、より優れた患者薬の発見と提供を促進する世界的なパイオニアです。このプラットフォームは現在、社内のクローン HEK293 細胞株と商用プラスミドで構成されており、遺伝子治療の研究と生産のための強力なサプライチェーンを促進し、ファーストインヒト臨床評価の期間を短縮します。2023 年 3 月、Vector Biolabs は発表しました。施設拡張工事が完了。新しく建設された施設には、オフィススペース、倉庫、QC ラボ、クリーンルーム製造スイートがあります。追加のキャパシティーにより、ベクターは現場の需要が増大しても高速な応答時間を提供し続けることができ、新製品の特性評価や品質管理サービスを含めてサービスを拡大できるようになります。2022 年 8 月、メルクは最初の CDMO および技術開発者の 1 つとなりました。 VirusExpress 293 AAV Production Platform の導入により、AAV、レンチウイルス、CDMO、CTO、プロセス開発を含む完全なウイルス ベクター製造製品を提供します。この新しいプラットフォームのおかげで、バイオ医薬品企業はプロセス開発に関連するコストと時間を最小限に抑えながら、臨床製造を加速できるようになりました。2020年9月、OXGENEは拡張可能なプラスミドフリーのAAV製造法を正式に開始しました。 OXGENE が最近開発した TESSA テクノロジーは、信頼性が高く一貫した AAV の大規模生産に関連する業界全体の問題を解決します。競争環境と主要企業:

Charles River Laboratories、Merck KGaA、Biovian Oy、Global Life Sciences Solutions USA LLC 、Lonza Group Ltd、Creative Biogene、VIVEbiotech SL、Genezen Laboratories Inc、GenScript Biotech Corporation、および AGC Biologics は、ウイルスベクター製造市場で活動する著名なプレーヤーの 1 つです。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the growth estimates for the viral vector manufacturing market till 2030?

The viral vector manufacturing market is expected to be valued at US$ 5.00 billion in 2030.

Which disease indication segment dominates the viral vector manufacturing market?

Based on disease indication, the viral vector manufacturing market is segmented into cancer, genetic disorders, infectious disease, and others. The cancer segment held the largest market share in 2022, and the genetic disorders segment is anticipated to register the highest CAGR from 2022 to 2030.

Which end user segment dominates the viral vector manufacturing market?

In terms of end user, the viral vector manufacturing market is segmented into pharmaceutical & biotechnology companies, research institutes, and CDMOs & CROs. In 2022, the pharmaceutical & biotechnology companies segment held the largest market share and is anticipated to register the highest CAGR during 2022–2030.

Which application segment dominates the viral vector manufacturing market?

By application, the viral vector manufacturing market is differentiated into therapeutics development, vaccine development, and research. In 2022, the vaccine development segment held the largest market share, and the therapeutics development segment is anticipated to register the highest CAGR during 2022–2030.

What is viral vector manufacturing?

Viral vectors help deliver genetic material into cells. Various types of viral vectors can be used to carry nucleic acids into the genetic composition of cells, including lentivirus, adenovirus, retrovirus, and adeno-associated virus, each with its own set of benefits and drawbacks for certain applications. Viral vectors are used in gene and cell therapy as a basis for prophylactic and therapeutic vaccines.

What factors drive the viral vector manufacturing market?

Key factors driving the viral vector manufacturing market growth are increasing clinical studies and development of viral-vector therapeutics and increasing demand for gene therapy.

What was the estimated viral vector manufacturing market size in 2022?

The viral vector manufacturing market was valued at US$ 1.29 billion in 2022.

Which type segment dominates the viral vector manufacturing market?

Based on type, the viral vector manufacturing market is differentiated into adenoviral vectors, adeno-associated viral vectors, lentiviral vectors, retroviral vectors, and others. The adeno-associated viral vectors segment held the largest market share in 2022. The lentiviral vectors segment is anticipated to register the highest CAGR during 2022–2030.

Who are the major players in the viral vector manufacturing market?

The viral vector manufacturing market majorly consists of the players, including Charles River Laboratories, Merck KGaA, Biovian Oy, Global Life Sciences Solutions USA LLC, Lonza Group Ltd, Creative Biogene, VIVEbiotech SL, Genezen Laboratories Inc, GenScript Biotech Corporation, and AGC Biologics

The List of Companies - Viral Vector Manufacturing Market 

  1. Charles River Laboratories
  2. Merck KGaA
  3. Biovian Oy
  4. Global Life Sciences Solutions USA LLC
  5. Lonza Group Ltd
  6. Creative Biogene
  7. VIVEbiotech SL
  8. Genezen Laboratories Inc
  9. GenScript Biotech Corporation
  10. AGC Biologics

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports