ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場 - 2031年の成長予測、統計、事実

  • Report Code : TIPRE00039041
  • Category : Food and Beverages
  • Status : Published
  • No. of Pages : 160
Buy Now

ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜の市場は、2023 年の 118 億 2000 万米ドルから、 2031 年。市場は 2023 年から 2031 年にかけて 4.2% の CAGR を記録すると予想されます。

冷凍果物と野菜には、さまざまな果物と野菜が含まれます。ジャガイモ、ニンジン、エンドウ豆、トウモロコシ、トマト、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、アーティチョーク、イチゴ、ラズベリー、ブラックカラント、柑橘類、リンゴ、核果など。冷凍することで、新鮮な果物や野菜の保存期間が延び、一年中入手できるようになり、季節、天候の変動、収穫量の問題がなくなりました。食品加工、食品サービス、小売部門からの需要の高まりにより、冷凍果物と野菜の需要がヨーロッパとエジプト全体で増加しています。植物ベースの食事の健康上の利点に対する意識の高まりにより、ドイツ、ポーランド、イギリス、イタリアなどのヨーロッパ諸国やエジプトでもベジタリアンおよびビーガン食品に対する消費者の嗜好が高まっており、冷凍果物や野菜の需要が世界中で高まっています。スーパーマーケットが増えています。また、食品加工業者やフードサービス業者、特にカフェや QSR は、生鮮食品への依存を減らし、納期 (TAD) を最小限に抑えるために冷凍果物や野菜に依存しています。これらの要因は、ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場の成長を大きく推進します。

成長の原動力と課題:

冷凍果物や野菜は保存期間が延長され、さまざまなエンドユーザーに利便性を提供します。ドイツ、イギリス、スウェーデンなどの国では、ベジタリアンやビーガンのライフスタイルの人気の高まりにより、冷凍果物や野菜の需要が急増しています。 エジプトでは、冷凍果物や野菜の需要が高まっています。植物ベースの食事は、文化的および宗教的要因と、果物と野菜の摂取による健康上の利点に関する意識の高まりの影響を受けています。マンゴー、グアバ、イチゴなどの冷凍フルーツは、スムージーやフルーツサラダなどの伝統的な中東デザートを作るのによく使われます。さらに、オクラ、エンドウ豆、インゲン、その他の冷凍野菜は、タジン、シチュー、付け合わせなどのエジプト料理によく使用され、家庭で栄養価の高い食事を準備するための便利なオプションを提供します。植物ベースの食事への嗜好の高まりは、ヨーロッパとエジプトで冷凍果物や野菜の需要が高まる重要な原動力となっており、より健康的で持続可能な食生活を求める消費者に便利で栄養価の高い選択肢を提供しています。したがって、植物ベースの食品の需要の増加は、ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜の市場規模の拡大に貢献しています。

さらに、レストラン、カフェ、ホテル、ケータリング サービスは、高品質の原料を求める消費者の好みに応えます。このようなシナリオでは、冷凍果物や野菜が業務の一貫性、利便性、費用対効果を確保するための実用的なソリューションとして浮上します。ヨーロッパでは、Pret A Manger、Wagamama、Nando's などの有名なチェーン店が冷凍農産物をメニューに組み込んで基準を維持し、多くの店舗で厨房業務を合理化しています。

重要な利点の 1 つは、外食産業における冷凍果物や野菜の使用は、鮮度と栄養価の維持につながります。冷凍農産物は多くの場合、最も熟した状態で収穫され急速冷凍され、栄養素と風味が閉じ込められます。これにより、シェフやキッチンスタッフは季節の制限に関係なく、幅広い冷凍果物や野菜にアクセスできるようになり、メニュー項目の食材を安定して供給できるようになります。たとえば、ヨーロッパのレストランでは、冷凍ベリー、マンゴーチャンク、パイナップルスライスをレシピに組み込むことで、フルーツスムージー、サラダ、フルーツベースのデザートを一年中提供できます。これらの要因は、ヨーロッパとエジプトの冷凍青果物市場の予測を決定する上で重要な役割を果たします。

サプライ チェーンの課題は、季節性、輸送の問題、保管上の制約などのさまざまな要因から生じます。 。気候はヨーロッパ全体で大きく異なります。収穫時期の変動により、冷凍農産物の需要と供給の不均衡が生じる可能性があります。たとえば、ある地域での悪天候や作物の不作により、特定の果物や野菜の入手が困難になり、市場全体で価格変動やサプライチェーンの混乱が生じる可能性があります。エジプトでは、気候は概して安定しているものの、インフラや輸送ネットワークが不十分であるなどの物流上の課題により、冷凍製品を農場から加工施設や配送センターまで効率的に移動することが妨げられる可能性があります。したがって、サプライチェーンの混乱は、ヨーロッパとエジプトの冷凍青果市場の成長を妨げています。

レポートの分類と範囲:

ヨーロッパエジプトの冷凍果物と野菜の市場分析では、製品タイプ、カテゴリ、エンドユーザーのセグメントが考慮されています。製品の種類に基づいて、市場は果物と野菜に分類されます。果物のセグメントは、柑橘類、ベリー、トロピカル フルーツ、その他の冷凍果物にさらに分かれます。野菜セグメントは、根菜、アブラナ科、葉物野菜、その他の冷凍野菜に分かれています。ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場は、カテゴリーごとにオーガニックと従来型に分類されます。エンドユーザーごとに、市場は食品サービス、食品小売、食品加工に二分されます。

セグメント分析:< /span>

カテゴリーに基づいて、ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場はオーガニックと従来型に分類されます。従来型部門は、2023年のヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場で大きなシェアを占める。従来型の冷凍製品はオーガニック製品よりも手頃な価格であることが多く、より幅広い消費者が利用できるようになる。さらに、冷凍技術と包装の革新により、従来の冷凍果物や野菜の品質と保存期間が向上しました。このため、便利で費用対効果の高い食品の選択肢を求める消費者の間で人気が高まっています。全体として、従来の冷凍青果物は、その便利さ、手頃な価格、品質の向上により、多忙なライフスタイルを持つ消費者のニーズに応え、需要が高まっています。これらの要因がこのセグメントの市場成長を後押しします。

国別分析:

< p>ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場レポートの範囲は、ドイツ、フランス、イタリア、イギリス、ロシア、ポーランド、ウクライナ、その他のヨーロッパ、エジプトに焦点を当てています。ヨーロッパでは、2023 年にドイツがヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場で大きなシェアを獲得します。

ヨーロッパとエジプトの消費者は健康とウェルネスをますます重視しており、その結果、果物や野菜を豊富に含むバランスの取れた食事を摂取することの重要性を認識します。忙しいライフスタイルで食事の準備に時間が限られているため、冷凍食品は、毎日の食事にもっと果物や野菜を取り入れたいと考えている人にとって、便利でアクセスしやすいソリューションを提供します。さらに、冷凍果物や野菜は最も熟した状態で収穫され急速冷凍され、必須栄養素、ビタミン、抗酸化物質が閉じ込められています。この保存プロセスにより、冷凍農産物はその栄養価を確実に保持できるため、便利で栄養価の高い食品の選択肢を求める健康志向の消費者にとって、生鮮食品の有力な代替品となります。

ヨーロッパは、冷凍野菜、特に冷凍ミックス野菜とエンドウ豆の最大の輸入業者。オーガニックやビーガンの食事に対する嗜好が高まっているため、ヨーロッパではいくつかの季節の野菜や果物の需要が高まっています。しかし、生鮮食品の入手可能性は、輸送中や倉庫保管中の腐敗、国内生産の不足、高価格などの要因によって影響を受けます。したがって、ヨーロッパの食品加工業者やフードサービス事業者は季節の冷凍野菜や果物に依存しており、これがヨーロッパとエジプトの冷凍果物や野菜市場の大幅な成長を促進しています。

さらに、革新的な包装ソリューションと分量をコントロールすることで、消費者はカロリー摂取量を管理し、健康的な食事ガイドラインを遵守することが容易になります。この傾向を活用し、栄養価が高く、便利で風味豊かな冷凍果物や野菜製品を幅広く提供することで、ヨーロッパとエジプトの企業は成長市場に参入し、冷凍食品を通じて健康とウェルネスを促進するリーダーとしての地位を確立することができます。したがって、健康的な食生活への志向の高まりにより、予測期間中にヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場に新たなトレンドが生まれると予想されます。

業界の発展および将来の機会: 

企業のプレスリリースによると、ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜市場で事業を展開する主要企業による取り組み

  1. 2021 年 5 月、Bonduelle グループは、Bonduelle 傘下の冷凍食品部門でレンズ豆、ひよこ豆、ブルガーの 3 つの新製品を発売しました。同社は、これらの新しい便利な製品は天然のもので、100%フランス産であり、添加物や保存料は含まれていないと主張しています。製品パッケージには、さまざまなレシピにリンクする QR コードが含まれています。

競争環境と主要企業:

Greenyard、Bonduelle Group、General Mills Inc、Conagra Brands Inc、Goya Foods Inc、Nature's Touch Frozen Foods、Crop's Fruit NV、Dole Packaged Foods LLC、CROP’S UK、および Foodnet Ltdは、ヨーロッパとエジプトの冷凍果物と野菜の市場レポートで紹介されている著名なプレーヤーの1つです。これらの市場参加者は、戦略的開発イニシアチブを採用してビジネスを拡大し、市場をさらに推進しています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The List of Companies - Europe and Egypt Frozen Fruits and Vegetables Market

  1. Greenyard    
  2. Bonduelle Group     
  3. General Mills Inc     
  4. Conagra Brands Inc          
  5. Goya Foods Inc      
  6. Nature's Touch Frozen Foods       
  7. Crop's Fruit NV       
  8. Dole Packaged Foods LLC            
  9. CROP’S UK            
  10. Foodnet Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports