東南アジアのスパイスおよびハーブ市場 - 2031 年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00039039
  • Category : Food and Beverages
  • Status : Published
  • No. of Pages : 150
Buy Now

東南アジアのスパイスとハーブの市場規模は、2023 年の 23 億 5,000 万米ドルから 2031 年までに 35 億 1,000 万米ドルに達すると予想されています。市場は 2023 年から 2031 年にかけて 5.1% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:

スパイスとハーブは、料理と薬用の両方の目的で何世紀にもわたって使用されてきました。スパイスは食べ物や飲み物の味、香り、色を高めるだけでなく、急性および慢性疾患から守ることもできます。ハーブとスパイスは、芳香物質、辛味物質、またはその他の望ましい物質を得るために栽培された植物のさまざまな部分で構成されています。これには、根茎、球根、樹皮、花芽、柱頭、果実、種子、葉が含まれます。厳密に言えば、ハーブは温帯で栽培される芳香植物に由来し、スパイスは熱帯植物の産物です。どちらも食品の風味付けに使用され、健康に良い植物化学物質であるファイトケミカルが豊富に含まれています。スパイスやハーブには、抗酸化作用、抗炎症作用、抗腫瘍作用、抗発癌作用、グルコース低下作用、コレステロール低下作用があり、さらに認知力や気分に影響を与える特性もあります。また、含有量が多いため、抗酸化物質の優れた供給源でもあります。さらに、ハーブやスパイスは、その治癒特性と風味により何世紀にもわたって広く評価されてきました。さらに、最新の研究では、健康上の利点に関する数多くの証拠が発見されています。特定のスパイスやハーブを単独で、またはブレンドして使用すると、食品中の塩や砂糖を置き換えたり減らしたりすることができ、その需要の増加に貢献します。これらすべての要因が東南アジアのスパイスとハーブ市場の成長を支えています。

成長の原動力と課題:

スパイスとハーブは、魅力的な香りを明らかにし、食品の味と風味を高めるために食品の調味料に使用されます。ハーブやスパイスは、砂糖、塩、脂肪など、あまり望ましくない味覚促進剤の代替品として使用できます。サフランは、さまざまな食品や飲料の香味料や着色料として使用される主要なスパイスです。

最近、スパイスやハーブは、天然食品保存料の潜在的な供給源として重要性を増しています。食品加工業界では化学添加物のより優れた代替品である天然保存料への関心が高まっています。これらは、食品由来の病原菌を減少または排除することで自然な腐敗プロセスを遅らせるのに役立ち、最終製品の保存期間を延ばします。ニンニク、セロリシード、タラゴン、ディル、シナモン、ターメリック、クミンはすべて、防腐剤として機能する化合物を含んでいます。特定のハーブには、抗菌、抗真菌、殺虫作用もあります。

ハーブやスパイスの抗菌作用は、乳製品中の病原性細菌の増殖を制御します。保護され、その後最小保存期間が延長されます。ハーブやスパイスは、微生物の侵入を防ぐだけでなく、フレーバーチーズまたはスペシャルティチーズと呼ばれる独特の風味をチーズに与えます。

ハーブやスパイスは、その栄養上の利点と風味により、また、免疫システムを高め、活力を高め、変性疾患と戦う機能性飲料や強化水の製造にも使用されます。

このように、スパイスやハーブはさまざまな分野で広範囲に応用されています。食料品と飲料は、東南アジアのスパイスとハーブ市場の上昇軌道を支援します。

戦略的洞察

レポートの分類と範囲:

「東南アジア」スパイスとハーブ市場の分析と 2031 年までの予測は、市場の傾向と成長の機会に重点を置いた専門的かつ詳細な調査です。このレポートは、タイプ、カテゴリ、および最終用途ごとに詳細な市場分割を行い、市場の概要を提供することを目的としています。市場は最近高い成長を遂げており、予測期間中もこの傾向が続くと予想されます。この報告書は、東南アジアにおけるスパイスとハーブの消費に関する主要な統計を提供します。さらに、東南アジアのスパイスとハーブ市場レポートは、東南アジアの市場パフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因の定性的評価を提供します。このレポートには、市場の主要企業とその主要な戦略的展開の包括的な分析も含まれています。市場力学に関するいくつかの分析も含まれており、主要な推進要因、東南アジアのスパイスとハーブ市場の傾向、そして主要な収益源を特定するのに役立つ有利な機会を特定するのに役立ちます。

東南アジアのスパイスとハーブの市場予測は、主要な企業の出版物、協会のデータ、データベースなどのさまざまな二次および一次調査結果に基づいて推定されています。さらに、エコシステム分析とポーターのファイブ フォース分析は、市場の 360 度の視点を提供し、サプライ チェーン全体と市場のパフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因を理解するのに役立ちます。

< Strong>セグメント分析:

東南アジアのスパイスとハーブ市場は、種類、カテゴリ、最終用途に基づいて分割されています。種類に基づいて、市場は唐辛子、ターメリック、生姜、ニンニク、クミン、オレガノ、バジル、パセリ、月桂樹の葉などに分類されます。他の種類のスパイスやハーブには、レモングラス、ガランガル、コブミカンの葉、パンダンの葉、黒胡椒、シナモンなどがあります。世界的な料理のトレンドが進化するにつれて、多様でエキゾチックな味に対する評価が高まっており、消費者は料理にさまざまなスパイスやハーブを取り入れるようになっています。好奇心が高まり、新しい食材を試してみるというオープンな姿勢により、伝統的な定番を超えたスパイスやハーブの需要が高まっています。さらに、消費者が健康効果を促進する風味豊かな追加物を食事に求めているため、多くのスパイスやハーブの抗酸化作用や抗炎症作用に対する意識の高まりも需要に貢献しています。

ベース東南アジアのスパイスとハーブ市場は、カテゴリー別にオーガニックと従来型に分類されます。従来型セグメントが市場を支配し、2023 年には東南アジアのスパイスとハーブ市場でより大きなシェアを占めました。従来型のスパイスとハーブは、合成殺虫剤、肥料、およびその他の農薬。従来のスパイスやハーブはオーガニックのものよりも手頃な価格であることが多く、より幅広い消費者が手に入れることができます。このため、便利で費用対効果の高い食品の選択肢を求める消費者の間で人気が高まっています。全体として、従来のスパイスやハーブの需要は、利便性、手頃な価格、品質の向上により増加しており、忙しいライフスタイルを持つ消費者のニーズに応えています。

最終用途では、市場は食品加工、食品小売、食品サービスに分類されます。食品加工セグメントが市場を支配し、2023年には東南アジアのスパイスとハーブ市場で最大のシェアを占めました。東南アジアの食品加工におけるスパイスとハーブの需要は、食品とスパイスの成長により増加しています。飲料業界と東南アジアのフレーバーの世界的な人気の高まり。食品メーカーは、本格的で風味豊かな製品を求める世界的な需要に応えるために、加工食品にさまざまなスパイスやハーブを組み込んでいます。さらに、スパイスやハーブはその味と天然の保存料として高く評価されており、人工添加物を必要とせずに加工食品の保存期間を延長します。消費者が健康を意識するようになるにつれて、健康上の利点を提供し、加工食品の栄養プロファイルを高めると考えられる天然成分に対する嗜好が高まっています。

< u>地域分析:

地域に基づくと、東南アジア市場は 2023 年に 23 億 5,164 万米ドル以上と評価されました。東南アジアでホールスパイスやハーブの需要が高まっているのは、この地域の文化交流と料理の多様性に起因していると考えられます。東南アジアは、さまざまな民族、移民、歴史的な交易路の影響を受け、文化の交差点にあります。文化交流により、この地域の食の風景が豊かになり、味と食材の鮮やかな融合が生まれました。スパイスとハーブは、さまざまな料理に魅力的な味と香りを与えます。その結果、伝統的な料理を再現したり、新しい風味の組み合わせを試したりするために、さまざまなスパイスやハーブに対する需要が高まっています。この地域が国際的な影響に対してオープンであることにより、世界各国の料理への関心も高まり、多様なスパイスやハーブの需要がさらに高まっています。東南アジアで一般的に使用されるスパイスやハーブには、レモングラス、バーズアイチリペッパー、ガランガル、タイバジル、コブミカンの葉、トーチジンジャーの花、ベトナムミントの葉、コリアンダーの根、タマリンド、パンダンの葉、カレーの葉などがあります。

東南アジアのカフェおよびカジュアルダイニング市場では、多様で風味豊かな料理を重視する料理のルネサンスにより、スパイスやハーブの需要が増加しています。この地域では、革新的なカフェのコンセプト、フュージョン料理、活気に満ちた食事体験に対する嗜好が高まっており、これらの施設で提供される料理の風味を高めるために、さまざまなスパイスやハーブの必要性が高まっています。急速な都市化、中流階級の人口の増加、西洋の食事トレンドの影響などの要因が、東南アジアのスパイスとハーブ市場の成長に貢献しています。同時に、この地域の豊かな食文化とフードツーリズムへの関心の高まりにより、カフェの拡大とカジュアルなダイニングの嗜好が促進されています。さらに、ソーシャル メディアやフード ツーリズム プラットフォームでの東南アジア料理の知名度の向上により、地元住民や観光客が東南アジア料理に引き寄せられ、その地域独特の味を再現するための本格的なスパイスやハーブの需要が刺激されています。

競争環境と主要企業:

McCormick & Co. Inc.、Molinos de la Especia Inc.、Badia Spices, Inc.、PT. アロマ マハラニ レンパ、PT.サリ・ブンブ・インドネシア、Gyllmarc Elements Incorporated、PT. テラ マディア セララス、PT.スパ スーリヤ ニアガ、ナトラコ スパイス インドネシア、東ジャワ&ジャワCoは、東南アジアのスパイスおよびハーブ市場レポートで紹介されている主要企業の1つです。市場関係者は、顧客の需要を満たす高品質の製品を提供することに重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The List of Companies - Southeast Asia Spices and Herbs Market

  1. McCormick & Co Inc
  2. Molinos de la Especia Inc.
  3. Badia Spices, Inc.
  4. PT. Aroma Maharani Rempah
  5. PT. Sari Bumbu Indonesia
  6. Gyllmarc Ingredients Incorporated
  7. PT. Terra Madia Selaras
  8. PT. Supa Surya Niaga
  9. Natraco Spices Indonesia
  10. East Java & Co

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports